【 更新情報 】

スポンサード リンク

ランドセルを寄付してボランティア活動とリサイクルを!

ランドセルを寄付するボランティア活動があるのをご存知ですか?

このボランティア活動は、世界で最も物資不足とされるアフガニスタンとモンゴルの
子供たちに使わなくなったランドセルを寄付するというもので、ジョイセフが主催する
「ランドセルは海を越えて」というキャンペーン活動です。

このランドセルを寄付するボランティア活動は、2004年からスタートしていますが、
まだまだこの活動を知らない人は多いと思います。

また、ランドセルを寄付する活動のことは知っていても、実行に移そうとしない人も多いはずです。

もし、使われないまま押入れや物置で眠っているランドセルやもう使わないからといって
捨ててしまおうなどと思っているランドセルがあれば、寄付しましょう!

日本には使用していないランドセルがまだたくさんあるはずです。

ランドセルを寄付する活動を多くの人が知って、学校や職場、町全体で実行すれば、
その分多くのアフガニスタンとモンゴルの子供たちの役に立てるのです。

また、ランドセルの再利用はリサイクルにもなります。

私たちは、この活動を通じて、物の大切さをあらためて学ぶことができるのではないでしょうか。

ランドセルを寄付する方法

ランドセルを寄付するボランティア活動が、財団法人ジョイセフが主催する「ランドセルは
海を越えて」事業を通じ行われています。

ジョイセフを通じ、ランドセルが寄付される先は、世界で最も物資不足とされるアフガニスタンと
モンゴルの子供たちです。

もし自宅に使わなくなったランドセルがあればそれを寄付することで、アフガニスタンとモンゴルの
子供たちの助けになるのです。

そのランドセルを寄付する方法ですが、まず、ランドセルをアフガニスタン、モンゴルへ送る為の
輸送費を募金します。

輸送費の募金方法については、クレジットカードでのインターネット募金、郵便・銀行振込による方法と、
書き損じはがきや未使用の官製はがきを40枚以上寄贈する方法があります。

そして輸送費の募金完了後、3日以内にジョイセフ指定倉庫宛にランドセルを発送します。
その際、ランドセルの送り主名と輸送費の募金者氏名は同一にします。

また、ランドセルの他にも使っていないノートやえんぴつ、クレヨンなどの学用品があれば、
ランドセルに入れて一緒に送ることもできます。

その後、倉庫に届いたランドセルは組合などのボランティアにより梱包され、海を渡って
アフガニスタン、モンゴルの子供たちのもとへ届けられます。

なお、ランドセルを寄付する方法の詳細は、ジョイセフのHPで確認することができます。

また、ジョイセフのHPではランドセルの寄付以外にも寄贈や募金など様々な活動内容が
紹介されていますので、自分にできるボランティアを探して率先して支援していきたいですね。

ランドセルの寄付と子どもの支援

小学生の時に使っていた思い出のたくさん詰まっているあなたのランドセル。

今どうしていますか?処分できずに押し入れにしまわれていますか?

それとも捨ててしまいますか?あなたの使用済みランドセルに、ノートやえんぴつ、
クレヨンなどの文房具を詰めて、アフガニスタンやモンゴルなど、世界で最も物資が不足している
国々の子供たちにプレゼントするという「ランドセルは海を越えて」という活動があるということを
ご存知ですか?

この活動は、2004年から始まりました。

ランドセルを通してボランティアとリサイクルについて日本の子供たちに広く知ってもらいたいという
思いも込められているそうです。

ランドセルを受け取る子どもたちは青空教室で地面に座って、ぼろぼろの黒板で勉強しています。
そんな環境でも子どもたちはランドセルを宝物のように大切にして元気に通学しているのです。

ランドセルは、配付からわずか1年間であっという間に学校へ通う子どもたちの象徴となり、
地域全体が教育水準を少しでも高めるために教育について積極的に取り組むようになったそうです。

ランドセルの寄付NPO・NGO

ランドセルの寄付を行っているNPO・NGOの中で、大きな活動を行っている所として
「JOICFP(ジョイセフ・ 家族計画国際協力財団)」があります。

ジョイセフは、人口と家族計画、母子の保健、エイズ感染予防など、「女性や妊産婦の健康と権利を
守るための活動」分野の国際協力を推進している日本のNGOとして有名です。

ジョイセフは、ひとりでも多くの女性、お母さんたちが健康で幸せな生活を送れるために、
アジア・アフリカ・中南米の開発途上国を中心に支援活動を行っているそうです。

ランドセルの寄付活動についても、ジョイセフが中心となりカバン業界を支えている日本カバン協会や
ランドセル工業会、そしてランドセルの素材製造を行っている株式会社クラレが協力して
「ランドセルは海を越えて」という活動を2004年から行っています。

使用済みランドセルに、ノートやえんぴつ、クレヨンなどの文房具を詰めて、世界で最も物資が
不足している国の1つであるアフガニスタンとモンゴルの子供たちにプレゼントするという活動を
行っているのです。

みなさんのお家にある使用済みのランドセル、是非アフガニスタンやモンゴルの
子供たちにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ランドセル以外の寄付活動

ランドセル以外にもさまざまな寄付活動が行われていることをご存知ですか?

例えば小中学校に学用品を贈る活動も行われています。

ノートは、途上国の保険委員や保健師、助産師の日常的な活動を記録するために利用されたり、
保健所や診療所で患者のカルテとして利用されています。

また、体重計や巻尺も寄贈されていて、栄養不良や栄養失調を減らす目的で小学校や保育所、
診療所などで、体重や身長を測るために利用されています。

その他、子どもたちが夜でも勉強ができるように、ろうそくを贈る活動があったり、
子どもたちが勉強できる良い環境を作る黒板やクレヨンなどの寄付活動もあります。

保健ボランティアの方々や助産師が一刻も早く病気や怪我のある現場へ直行できるようにと
再生自転車を寄付する活動もあります。自転車は担架として利用されたり、地域の巡回や家庭訪問
などにも利用されており、開発途上国の人々の命や健康を守る足として大活躍しているのです。

その他ミシンや、サッカーボール、縄跳びなどのおもちゃの寄付も行っています。

中には、寄贈できないものがあります。はさみやカッターなどの刃物類や楽器、怪我のしやすい
おもちゃや、ピストル、戦車などの教育上よくないもの、電池の必要なものや壊れやすいものは
寄贈できません。

あなたのご自宅の不用品、捨てる前にチェックして、子どもたちに寄付してみてはいかがでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ