手軽に使える無線LAN(Wi-Fi規格)に必要な子機というのは

August 05 [Tue], 2014, 14:51
手軽に使える無線LAN(Wi-Fi規格)に必要な子機というのは近頃のノートPCなら、ずいぶんおかしなカスタマイズされたマシンなんかを購入した場合以外、もともと本体に内蔵されているのが当たり前といえます。要するにまずはWimaxの信号を受信しそれをパソコンの解釈可能な信号に変換、さらに反対にPCから発信する信号をWimaxのシグナルに変換してから送るということをやってもらえる機能を持った機械が必要。いわゆる無線LANっていうのは、無線対応のルーターから電波を出させて、発信された電波が届く範囲の中にある無線LAN子機内蔵機器と無線LAN親機の役割のルーターとの間で通信するのです。注意しないと無線LANを利用するときは、無線LANのルーターの設置者がきちんと接続制限設定をしていない状態だと、ルーターが発信した無線LANの電波が届く範囲にさえ子機がいれば、他人でも了解を得ていなくても無線LANを使うことができてしまうのです。やはりフレッツ光と比較してみれば、便利なWiMAXはものすごく通信速度が遅いのが現状です。広告などで目にする理論最大値である40Mbps(下り最大)なんて現実には不可能です。12Mbps位まで出れば良しとしなければいけません。
BIGLOBE WiMAXキャッシュバック特典の優位性は?enjoyhealthywater.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pqq8y25
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pqq8y25/index1_0.rdf