【 更新情報 】

スポンサード リンク

ヘアワックスを使ったスタイリングのコツ

ヘアワックスで自分のイメージ通りの仕上がりにスタイリングするのは以外と難しいですよね。

特に朝はバタバタしていてスタイリングに時間をかけられないので、ヘアワックスを使っても
不完全な髪型のまま出かけている人も多いと思います。

そんな人でも、ヘアワックスを使ったスタイリングのコツをマスターすれば、時間がない時でも
短時間でイメージ通りのヘアスタイルを作ることができます。

では、男性の場合のヘアワックスを使ったスタイリングのコツをご紹介します。

まず、適量のヘアワックスを手の平にとると、それを伸ばしながら指の間までしっかりとつけます。
ヘアワックスの色がなくなるまで両手でこすり合わせます。

そして、前髪以外の髪に根元から毛先に向かって丁寧にヘアワックスをつけていきます。
その際、髪を上に立たせるようにします。

その後、手の平に残ったヘアワックスで前髪を整えます。

前髪にヘアワックスをつけすぎるとベタついておかしくなりますので、前髪は最後にわずかに
残ったヘアワックスをつけるようにします。

そして仕上げに指で揉み上げを前方にねじります。これで終了です。

このヘアワックスを使ったスタイリングのコツさえマスターすれば、朝寝坊してしまっても、
時間をかけずにイメージ通りの髪型を作って外出できるでしょう!

ヘアワックスは種類によって使い分けよう!

ヘアワックスは自由自在にヘアスタイルを作ることができ、おもに男性やショートヘアの
女性が好んで使用する整髪料です。

ヘアワックスはテレビCMでもよく紹介されていますよね。最近店頭で見かけるヘアワックスには
様々な種類があります。

例えば、ヘアワックスは整髪力の違いによっても、「ライトタイプ」と「ハードタイプ」があります。

ライトタイプのヘアワックスは、ナチュラルな毛先の動きや毛束感と自然な光沢を
演出したい時に使用します。

一方、ハードタイプのヘアワックスは、より強いセット力と持続力を与え、マットな光沢を
演出したい時に使用します。

ハードタイプのヘアワックスは男性におすすめです。

そして、ヘアワックスは整髪力だけでなく、より質感を重視したものや髪のダメージをケアできる
ものなど、様々な商品が販売されています。

より質感をアップするためのヘアワックスにはグロスタイプがあります。

グロスタイプのヘアワックスを使用すると、ぬれたような光沢を与え、まとまりのある仕上がりになります。

また、髪のダメージをケアできるヘアワックスには、ダメージ補修成分が配合された
トリートメントタイプのヘアワックスがあります。

カラーリングなどで痛んだ髪にはトリートメントタイプのヘアワックスを使用すると良いでしょう。
ヘアワックスは自分の髪質や使用目的に合わせてより良いものを選びましょう。

ヘアワックスの人気ランキング

ワックスと言えば、今や整髪料の中でも不動の地位を築いたアイテムの一つですよね。

さまざまな美容商品会社や化粧品会社から製品が発売されていますが、実際にはどのような商品が
人気なのか気になるところでもあります。

色々と通販サイトを見てみたところ、一番人気は『ナカノ』という美容メーカーのヘアワックスだそうです。

大々的にCMされている訳でもない商品ですが、プロの美容師さんも愛用するほどの品質の良さで、
口コミから人気が出たようです。

このナカノのヘアワックスの中でも、『タントワックス・シリーズ』には7種類のワックスがあるので、
目指したい仕上がりに応じて使い分けができます。

次に人気のヘアワックスは、『デミコスメティックス』の『デミウェーボ デザインキューブシリーズ』
というものです。

こちらは、10種類のタイプがありポップで可愛らしいキューブタイプの容器に入っています。
品質もプロの方が勧められるほど良いということです。

3番目は、『ローズ・ド・マラケシュ ジェル・ド・アルガン』という商品です。

セット力を求めると言うより、艶やうるおい感を持たせるためのヘアワックスで、蜜ろうと
天然成分からできているため、肘や唇の保湿にも使えるというとても優しい商品です。

ヘアワックスの付け方

ヘアワックスとは、整髪料の一つであり、カーラーなどを用いてセットした髪を固めてスタイルを
キープするようなものと違って、毛先に動きを表現するスタイルを作るのに最適なものです。

ヘアワックスの付け方は、手で適量のヘアワックスを取り、手の平と指の間に十分に伸ばします。

その後、髪の生え際から毛先に向かって、手に馴染ませたワックスを擦りつけるように付けて行きます。
ぺたぺたと塗りつけると言うより、毛先の動きや束感が欲しいところに揉み込むような感じだと思います。

ワックスは、毛先の流れを活かすような髪形のスタイリングに使うものなので、一度形作ったスタイルを
キープしたいような場合はその上に更にスプレーを吹き付けて固定するようにした方が良いでしょう。

例えば、ショートヘアを立たせたりする場合がそうです。

ハードタイプのものも販売されていますが、やはりワックスのみでは持ちが良くないそうです。

また付け過ぎによるスタイルの崩れというのもあるそうで、ワックスを手に取り出す時は、
少しずつ様子を見ながら何度かに分けて付けた方が良さそうです。

ヘアワックスの使い方

ヘアワックスは、髪型を思いの通りに整えることのできる整髪料の一種です。

ヘアワックスは、スタイリングした後の髪を固めて、セットした状態をキープするものと違い、
毛先の動きを制限しないため、シャギーやレイヤーなどの動きのあるカットスタイルの
スタイリングに適しています。

しばらく前より、毛先に行くに従って毛量が少なくなるような髪形が流行していましたが、
そのような髪型が最も普及しているスタイルとなった今では、ヘアワックスもサロンでの
使用だけでなく一般の人にも広く使われるヘアケアアイテムとなりました。

ヘアワックスは、泥状になっていたりクリーム状になっているものを手にとり、
髪に直接馴染ませる方法でスタイリングを行います。

ヘアワックスには様々な種類があり、スタイリングや髪の長さによって使用するものを選ぶと
失敗が少なくて済みます。

ショートカットの髪をねじるようにセットするには、ハードタイプのものを、セミロングからロングの
シャギースタイルには毛先に流れるような印象を与えられる軽めのものを選ぶと良いと思います。
P R
カテゴリアーカイブ