インフルエンザに感染したとしても、発熱は2、3日で治まる

August 26 [Fri], 2016, 0:15

ぱっと乳酸菌から連想されるのはカルピスでしょう。







子供のころから、毎日楽しんでいました。







どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。







毎朝私に、母親が出してくれました。







そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。







もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても健康体になりました。







インフルエンザにならないようにするために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。







1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったという番組がありました。







私の子供が受験の時期だったので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。







乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが断然いいそうです。







インフルエンザに感染したことが判明すると学校などに5日間出席することができなくなります。







インフルエンザに感染したとしても、発熱は2、3日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。







熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、うつしてしまう場合があります。







ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染予防には大事なことです。







もし便秘になっても、薬があれば簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、食生活を見直してみてください。







実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂ることが効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維を一緒に摂るのが大事です。







他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。







私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。







改善するために行った方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。







友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。







ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん良くなってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。







この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤を試用品として貰いました。







ほとんどのものがそうですが、試しに利用してみないと結論を出せないものです。







サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、思っていた通りの印象でした。







刺激も感じませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。







実は乳酸菌を摂ると様々な効果があります。







まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、お腹を良くしていきます。







その結果として、免疫の力がアップし、たくさん健康に対する効果を得られます。







アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、感染症を予防する働きかけがあります。







乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いんです。







この間、インフルエンザにかかり内科を受診しました。







潜伏期間は何日くらいあるのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのだろうと思われます。







高熱が3日間も続いて辛い3日間でした。







高熱が出続けるインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。







乳酸菌がお腹や体の健康に良いのはみんな知っています。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が発揮できないのではという予想の人もいます。







でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康に大変効果的です。







乳酸菌シロタ株と言ったら、何といってもヤクルトです。







昔、白血病になり病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍のコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな気分がします。







乳酸菌には多くの効果があるようですが、中でも整腸作用の効力が高いとのことです。







お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸内が活発になり体内に溜まっていた便が出されやすくなります。







その為、便秘や下痢になりにくくなります。







乳酸菌を日々飲むことで内臓、腸を整える効果が高まります。







通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少なくて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が下がっています。







これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿することがとても重要です。







それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。







赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、殊の外大変なことになりかねません。







まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで天国にいくこともあり得るでしょう。







インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正しいかもしれません。







実は、最近の研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がかなり有効だということがはっきりとわかってきました。







インフルエンザに関してはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。







常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力というものが向上して、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽減する効果が高まります。







乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、実は決められてないのです。







商品のパッケージには適量と回数が、書かれていますから、それが参考になるでしょう。







一気に1日分を摂取するのと比較した時、飲む回数を数回にした方が、吸収を高めるという点で効果を実感できます。







近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。







年を追うごとに予防注射をする人も増える一方ですが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっています。







感染の経緯は色々と考えられますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する空間で感染している可能性が考えられます。







インフルエンザの予防として乳酸菌が効くといわれています。







およそ1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというテレビプログラムを見ました。







娘がちょうど受験の時期だったので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。







夜中に熱が上がって、約40℃に上がって体調が悪化したので、翌日受受診しました。







先生はインフルエンザの検査が可能ですよと教えてくれました。







私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、適したお薬を接種できるので、確認したいと願いました。







この間、インフルエンザに罹患してしまってクリニックに受診しに行ってきました。







どれくらい潜伏期間があるのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染したのだろうなと考えられます。







高い熱が3日わたって出て辛い思いをしました。







インフルエンザは高い熱が続くので、いつもの風邪より大変ですね。







私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。







まだ小さかった頃から売られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、たえず私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。








http://jwngy80.blog21.mmm.me/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pqkue1r
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pqkue1r/index1_0.rdf