ポッカリ月が出ましても、

February 07 [Tue], 2012, 12:20
舟を浮かべてお出かけなんて出来ません。
だってここは海のない山なしですものぉ川から海に出るには高低差があり過ぎてその間に自分が凍っちゃいそうなんですものぉ部屋に戻ると室温2℃とかなんですものぉこれは関係ないなんて思う程に連日寝て起きると仕事な毎日ですそして休憩時間にぼーっとして考える事と言えばどっか行きたい超太字この1ヶ月、気分は葛西臨海水族館のマグロ回遊魚のようでしたなので貴重なお昼ご飯タイムは今やめくるめく現実逃避の癒しタイムと化していますそれと、YouTubeでなかじままりのものまねを見る事だがしかし、現実は現実、仕事は仕事、で、今日もiPhoneでの未公開写真を↑えとこれが言いたかったのですがワンパターン過ぎて恐縮過ぎてでわ始めますこれは先月末頃の新宿駅。
お昼頃に新南口から西口方向を撮ったところです。
カーブしてる線路いいなぁって、ここを通る度に思います。
山の風景も大好きだけど、大都会の景色も好き桃の木たぶんあーきれいな空っパラマ加工したら何だかウルトラシリーズっぽくなってしまった同じ日の諏訪方面。
一日の間に色々な空が見られると何だか得した気分になるこの路線もチョッと詳しくなりました。
例えばクイーンカップ、この駅を過ぎたらどう景色が見えるとか、ここを過ぎたらきのこの山みたいな木があるとか、このカーブが終わったらふたごみたいな家が並んでるとか。
時刻表には載ってないけど、書かれた時刻と季節や天気でその線路の風景がどう見えるか頭に浮かぶようになって、時間は時計だけじゃなくて、トンネルを越える度にリセットされては新しい時間の中で新しく風景が始まるんだなって思うようになりました。
立春の夕暮れ時。
松本でいつものパンを買いに行った帰り道、夕陽の色と夕陽を浴びる商用車の色が重なってとてもいい感じもう春なんだなぁ松本寒いけどって思って撮りました甲府の駅前にも少し先の春の陽射しなので立春のお昼に選んだパンは、春っぽくハニーフロマージュの御嵩nり付きもれなく吉凶が占えますそんな罰当たりな事ばかり考える人生には必ず罰が当たるようになっている例。
高速バス、乗り遅れ事件勃発。
理由長過ぎた昼寝熟睡の為。
↑どう考えても罰ではなく自分が悪いなので急いで特急の指定席を予約し、めげずに新宿の街を徘徊中。
の一枚。
では一体何が罰だったかと言うと、のらくら気分で乗った特急が出発した後、乗り遅れたと思ったバスが実は乗り遅れじゃくてこれから出発するところだった件。
寝過ぎて寝ぼけて現実の時間と認識中の時間がすっかりズレてしまっていた、この頭と性格が罰。
ここの日記に以前書いた、運がいい夜。
あの高いマンションの横に月。
こんな夜は暫く月を見てから帰ります。
沿黷ツない、未明って頃に月が南中だった時、月明かりで目が覚めたらあまりにきれいで、1時間くらい外や部屋の中の様子を楽しみましたこれはさっき4時過ぎに撮った月。
やっぱり、春っぽい色の月没でした。
で、何故この時間に起きて日記を書いているかというとタッタッタッタッタッタッタッタッ今日は休日なんでぇすでわー久しぶり過ぎて雹が降ってる甲府ですが、めげずにお洗濯とお掃除に勤しみたいと思います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pqgukcl4mf
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pqgukcl4mf/index1_0.rdf