連休も残りわずか

May 08 [Tue], 2012, 16:35
前半は旅行。
後半はお家でまったり。
そんな連休だったな。
429に訪問した、常田健アトリエ。
りんご園の中にある土蔵アトリエが生前のままに残っている。
絵の具もなにもかもがそのまま。
ねずみが出入りする穴の上には、手の平の画が描かれていて、ふさいでいる様子。
可愛らしい。
若いころはプロレタリア運動に関わったらしい。
若いうちから力量も認められて賞もとっている。
でも、この人が選んだのは、地元のりんご園に戻って、りんご園と家族を大事に育てながら画を描くことだった。
残された絵は、どれも地元の人たちへの愛に満ちていて、とくに赤ちゃんを高い高いしているお母さんの画が何唐ゥ、とてもこころに残る絵だった。
webで色々みていたけど、実物の絵は、光の強い色が印象的だった。
視唐ヘいつも上の方から見下ろしている。
子供を抱く親の絵、地や海で働く男たちの寝る姿、そういうものへの愛が満ちていて、とても素敵だ。
描かれている薄ッたちは、ちょっと厚くてぽってりした感じで、そういう感じの顔つき、青森でいっぱい見た前回青森に行ったときも、三沢の方にある寺山修司記念館と、三内丸山遺跡にいったし、草間弥生の水玉オブジェやオヨウコのアート作品がある十和田の美術館など、濃い時間をすごしたけど、まだまだ行きたいところがある。
恐山とかね。
青森恐るべし。
中間は同人誌、銀座いったり、ヨガしたり、1日3回お風呂に入ったり、と普通な休日。
何冊か途中になっていた本も読めた。
イザベラバードの日本紀行とかね。
あの時代に道なき道を行くイギリス人女性の勇敢さというか冒険好き探検ずきにはまいりますね。
辛らつなおばちゃんだけど、一本筋が通っているので、読んでいて嫌な気持ちは起こらない。
平たい顔族の庶民については、貧弱な体だの醜いだの言いたい放題ですが、どんなに貧しくても子供のおもちゃを工夫して作ったり、お酒をのんで酔っ払っていても暴動にならないところなど、よく見てるのね。
アイヌの人に対しては、高貴な野蛮人扱いというか。
男性については立派な体格立派な顔立ちハンサムと褒めまくっております。
一報女性に関しては、ちょいと手厳しい感じで。
日本人には信仰心キリスト教徒的な意味でがないとも語っているね。
現世利益を得るために大黒様を拝むのは非常に盛んだと。
このあたりはなかなか興味深い。
後半。
久しぶりに梼qさんと食事。
本の貸し借りも、ご飯のおよばれほぼ一方的に寄生していたような気もするもできない距離だけど、またちょいちょいおしゃべりしましょう。
この日ははじめて行った華林という中華。
3人でおなかいっぱい食べて、2000円の紹興酒を飲んで、合計6000円の会計。
安すぎる。
クチコミどおり、角煮かけご飯が絶品。
台湾屋台がすきな人にはお勧め。
お店は古くてつくりがなので、入店早々少しにおいが気になりますが、なれてしまえばまあ平気です。
今日は、アクアビクスとヨガ。
料理も色々。
明日は銀座へ。
今日明日はもう普通の土日の感じです。
GW中、たぶん大きな天災や騒乱はなかったみたい大雨は大変だったと思いますが、1日から毎日会社のメールもチェックしているけど、大丈夫そうです。
6月に株主総会があると、TOP以下役員が交代する。
次に私の上に来るのは、同期の取締役だとわかっているので、休み前に、本当のところ私の役回りとして何を望むのかを聞いて見たんだよね。
結果、あまりイメージがわかなかった。
やりたいことが大上段にかまえすぎて、実行できないだろうということばかり。
うちの会社の実力、あまりよくわかってないのかもしれない。
早くから実業部分離れているからね。
だから、私は、実業に携わる人たちやリアルに生じていることと、彼が望むイメージの間に橋を架けるのが役目かなと思った。
なんでこんなこと今書くかって言うと、来週から仕事に戻るため。
すっかり仕事を忘れて遊んじゃったし、少しならしておかないとな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pq8nt04j4i
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pq8nt04j4i/index1_0.rdf