住吉系の暴力団発砲:6日朝にも2件 東京・豊島区、渋谷区で 

2007年02月07日(水) 12時58分







指定暴力団住吉会小林会系の杉浦良一幹部(43)が5日射殺された事件に絡むとみられる発砲事件が、同日から6日かけ東京都内で3件起きた。警視庁組織犯罪対策4課は、抗争事件に発展する恐れがあるとみて警戒を強めている。

 射殺事件は5日午前10時すぎ、港区西麻布で発生。その約1時間後、現場から約1.5キロ離れた指定暴力団山口組太田会系組事務所の玄関に銃弾3発が撃ち込まれた。

 6日午前5時40分ごろ、豊島区高田3のマンション2階にある山口組系組関係者の自宅とみられる部屋の玄関扉に銃弾4発が撃ち込まれた。さらに、同6時20分ごろには、渋谷区道玄坂1のマンション5階一室の玄関ドアに銃弾3発が撃ち込まれた跡が見つかった。5階の部屋には、現在は別の階にある山口組国粋会系組事務所が以前、入居していたとの情報があり、確認を急いでいる。

 杉浦幹部が所属する住吉会小林会を巡っては、山口組太田会系の事務所が最近、銀座に進出しようとしたことからトラブルになっていた、との情報がある。また小林会は、国粋会との間で六本木地区の「縄張り」を巡ってトラブルを抱えていたとみられている。杉浦幹部は小林会側の交渉担当として、これらのトラブル処理に当たっていたといい、警視庁は、これらが射殺事件の背景にあるとみて調べて・・・↓










提供:発掘!あるある芸能動画




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ppp09012ppp
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる