胎児や母体にとって必要な栄養素の一つ

February 13 [Mon], 2017, 15:30
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸が注目されている事をご存知ですか?ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
厚生労働省の発表によりますと、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に摂取した方が良いでしょう。妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はあまたの効果を持たらしてくれます。

中でも特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は大変重要なポイントですよね。

今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切だと思います。今では、葉酸を簡単に摂れる方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)がいくつかあります。代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が簡単です。
簡単に葉酸を摂取したい方には是非試してみて下さいね。

妊活とは、夫婦生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をふくめ、日常生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。

この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?当たり前ですが、女性が行なうべき妊活も沢山あります。

しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。



それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が通知を出しています。何となくと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。



葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合にはサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物を加えない葉酸サプリメントを見極めることも忘れないようにしてください。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離せない関係の二つです。
それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけるといわれているからです。
この話は当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を初めた早めの段階で、ご飯やサプリによる葉酸の積極的な摂取を注意してください。
葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも大丈夫です。


妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために欠かすことの出来ない栄養素だといわれているのです。しかし、もし葉酸が不足したら、おなかの中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天異常を発症する可能性があるといわれているそうです。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、より積極的な摂取がもとめられます。
妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中は当たり前ですが、それかつての妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがありますよね。
このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリです。容易な摂取が可能ですから、普段のご飯では、葉酸の摂取が不十分だと悩んでいる方も安心できますよね。二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。
長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。

妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。

私がしる限り、妊活の際に一番、特に、注意が必要なものと言えば、やっぱり普段の食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)だと思います。
妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。



ですから、検査薬やクリニックできちんと妊娠が分かるより前から、健康的なご飯で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。

妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。


妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を初めています。出来るだけ早く葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が要らないのかと言うと、決してそうではないんですよね。
おなかの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、みなさんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している所以であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。多彩な食品に「葉酸」はふくまれていますよね。果物では、イチゴが有名です。
あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと発表されています。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのも問題ありません。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だといわれる葉酸ですが、幾ら必要欠かすことのできない栄養素だと言っても、摂取量に気を付けてください。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段のご飯で摂取できる葉酸にくらべて、遥かに多くの葉酸がふくまれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。
ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。

葉酸が過剰に体に蓄積されてることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。



また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
親友が妊活中に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女の話では、漢方には、妊娠しにくい体質を改善指せる効果があるようでした。漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、義妹や姉のところにコドモができると、このままだったらどうしようと落ち込みました。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。



悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる