恥ずかしいタイトルが乱舞しております

February 17 [Thu], 2011, 1:03
突然思いいて幻魔大戦の音楽を探し出した。角川アニメ第1作で、超B級アニメ映画だが、キースエマーャ唐フ音楽だけは1流という一品。超迫ヘ者と闇の勢力とのバトル。原作はラベベスト10の候補にレズ 出会い一瞬だけ浮かんだが、あっさり外した。宇宙の闇の力たる幻魔が地球を狙っている。だから光のネットワークが必要だ。そこまではいいのだが、主人公の超迫ヘ者が新興宗教団体もどきを作り、その内部抗争劇というのが本筋。作者の平井和正は当時新興宗教にはまっていたことを告白している。その娘も少女マンガ家だったが、今は怪しげなことをやっている。地球を護る者光の天使年末年始の読んだ本その2乙女はお姉さまに恋してる2二人のエルダー18禁エロゲーのシナリオライター自身によるベライズ。ゲームは買ったが、進行がずっと止まっている。調べると4ヶ月やっていない。面白いのだが。男の娘ブームの引き金となった。声がいているゲームだと、照れてなかなか進まないが、小説だとあっさり読み終わった。ゲームの序盤までなので以後続刊。小説を書くのに時間をとられると、本業のゲームに大きな影響は出ないのだろうか金色のコルダ16次巻で最終巻だとか。乙女ゲーのコミカライズ。逆ハーレムエンドには向かわず、全員同時攻略モードから、攻略対象がはっきり絞られた。この連載が終わったら金色のコルダ3をコミカライズするのだろうか連載の主人公は頭良さげで美人顔だが、3は普通の主人公を極力意識しているように見える。2月のコミックス購入候補コルセットに翼8もとなおことある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲6冬川基小煌女3海野なみ会長はメイド様12藤原ヒロまおまりも1谷澤史紀向日葵天野こずえ短編集3天野こずえ低俗霊MONOPHOBIA4刻夜セイゴ以上7冊。コルセットに翼は古典的な少女マンガ。このジャンルで勝負できるもとなおこの力量は素晴らしい。超電磁砲は6巻出るの早くないか低俗霊は3巻から読み始めた。12巻はまだ読んでない。高槻の本屋にも置いてない。この歳でマンガの在庫があるか店員に確かめるのって結穀pずかしいので、せめて一発で置いてほしいのだが。来月は発売日に確保しなきゃ、という作品がないので、下手すると買い忘れるかも。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/pp8s93gee3/index1_0.rdf