自然なスキンシップがとれる方法

January 14 [Tue], 2014, 16:09
精力剤精力剤



街のどこにいても、平気でベタベタしているカップルもいれば、きちんと距離をとり合っている人達もいます。


女性でも結構積極的にスキンシップをとる方がいますが、気ままに誰彼にやっていたりしますので、彼氏などはヒヤヒヤしながら見ているかもしれません。


欧米ではハグしたりなどは日常的な挨拶ですが、日本ではまだまだ浸透しているとはいえませんね。


そのためいかに自然な、周囲に不快感の媚薬を与えないスキンシップがとれるかを考える必要があります。そのためのポイントをご紹介しましょう。


ポイント1:義務感では行わない


体を通じて確認するものですから、義理とか仕方なくというような感情は、相手にも周囲にもすぐにわかってしまいます。


それならやらない方がマシです。相手に対する感謝、愛情の形として、自然に行動に出ていた、というのが理想ですね。


ポイント2:周囲の目を意識して


アベックが2人だけの世界に入ってしまい、周囲がまったく目に入らない状態で抱き合ったりしているのは、見ていてやはり興醒めです。


愛し合っていても、大人ならば場所柄をわきまえ、行動を律していかなければなりません。


スキンシップが度を過ぎたものにならないためにも、周囲の目は常に意識する必要があります。


ポイント3:会話と同じ調子で


アベックが楽しそうに会話を弾ませている様は、見ている方も心和むものがあります。


その合間合間に軽く肩に手が触れたり、普段からのそういうさりげないスキンシップが一番大切かもしれません。


接客の仕事をしている人などは、その呼吸のとり方が自然と身についていますから、大いに参考になるでしょう。

おわりに



恋人に限らず友達、親子など、スキンシップはあらゆる人同士の関係の中に自然に溢れています。


それを変に嫌悪する人もいますが、小さい頃に家族の温もりを十分得られなかったのでしょうか。そこはいろいろな人がいますから、それなりの接し方をすればいいことですね。


人と話すのに、肌の触れ合いは必ずしも無ければいけないというものでもないので、固く考えず、気楽なコミュニケーションを楽しみましょう。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/poyusanwn/index1_0.rdf