上級生との関係 

2007年05月02日(水) 9時04分
 最近、登校班の上級生に意地悪されているぽよすけ…
以前、同じ登校班の6年生と4年生の男の子に通せんぼされているのを見かけたり、登校班の1年生のお母さんが、下校中に例の6年生に何か言われているぽよすけを見かけて、6年生に注意してくれたり…(この時はランドセルを傘でつつかれたらしい)
 小さな事だし、本人も気にしている様子も無く(ぽよすけの場合は気にしていても表に出ないのでわかりませんが…)大袈裟に捉える事ではないのかも知れません。ですが、1年生の3学期に4年生とのトラブルがあってから、私は敏感になっている所がありました。

 今年の登校班の集合場所は我が家の玄関前です。ある日、外が騒がしいなと思い窓から見ると、「キャー!」と笑いながら走って逃げるぽよすけに6年生と4年生の子が石を投げていました。狙って石を当てようとして投げている様子だったので、ぽよすけが一方的にやられていると思った私は窓を開けて「何でそんな事するの?石投げるのは酷くない?危ないやん。」と言いました。しばらくは皆黙って聞いていましたが、最後に6年生が「ぽよすけ君も投げました」と言いました。
うっ、あり得る…
出発の時間を過ぎてしまったため「分かった。取り合えず行っておいで」と子供達を送り出した後、しばらく考えました。私にとっては見た事が全てで、やはり一方的にいじめられたとしか思えませんでした。
 学校から帰ったぽよすけに「朝、○○君が『ぽよすけ君も投げました』って言いよったけど、ぽよすけも石投げたの?」と聞くと「僕、投げてない」とキッパリ言いました。どういう事?○○君は嘘をついたの?私は真相を探ろうと、1年生のお母さんにメールをしました「今朝、こういう事があったんだけど、本当はどうだったのか△△君に聞いてみてくれない?」
 夕方△△君のお母さんから電話がありました。「△△の話によると、ぽよ君が先に石投げたらしいよ」
…ガーーーン!!!…ぽよすけからやったの?しかもアイツ、『僕、投げてない』なんてぺロッと嘘つきやがってっっ!!
「ぽよ君が先に投げたなら文句は言えんなぁ。でも石投げられたけぇって大きい子がやり返しちゃいけんけぇ、この前の事もあるし、1回ガツンと言っちょかんといけんね」去年は△△君のお姉ちゃんが登校班のリーダーさんで、この春卒業したんですが、そのお姉ちゃんが、6年生の子と4年生の子は去年からぽよすけに通せんぼなどしていたと言っていたそうです。注意すると4年生はすぐ止めるけど、6年生は「うぜぇ」と言っていたと…
去年は全然気付かなかったけど、前からいい関係では無かったんだな。でも今回はぽよすけが悪い。なのに私はぽよすけが被害者だと思って6年生と4年生を叱ってしまった…
 次の日、班の子たちが集まると私は二人に謝りました。「昨日は二人だけ怒ってごめんね。おばちゃん二人がぽよすけに向かって石投げよる所しか見てなかったけぇ、二人が悪いと思ったんよ。本当はぽよすけから投げたんてね。ホントごめんね。でもね、ぽよすけにも言ったんやけど、石が当たって怪我したらいけんし、隣の家のガラスとか車に当たってもいけんし、石で遊ぶのはもうやめようね」ぽよすけに二人に謝るように言うと「昨日、石投げてめんね」と言い、二人も「ごめんね」と言いました。途中で1年生の△△君と一緒にお母さんが来て「小さい子にやられたけぇって、大きい子がやり返してどうするか。あんたらが小さい子のお手本にならんといけんほやから。分かったか?」と言ってくれました。
(説得力があります。ホント頼りになるお母さん…いつも助けてくれてありがとう☆)

 あ〜…。3学期もそうだったけど、トラブルの原因は、やはりぽよすけ…もう何かあっても簡単によその子を注意できなくなりました。目撃者の話をよく聞いてからでなくては…

手をつないで…に戻る

砂のプリン 

2007年04月25日(水) 0時40分
 家庭訪問が始まり、ぽよすけが学校から早く帰って来たので、おまめとぽよすけを連れて公園に遊びに行きました。公園には同じ学校の子や、交流学級の女の子も遊んでいましたが、ぽよすけは気にする様子も無く、おまめと砂場で遊んでいました。
 私がおまめに作ってやった砂のプリンが気に入ったぽよすけ、ひたすら同じ物を作り続ける事にハマってしまいました。帰り際、話のネタになるぞと数えてみると、なんと41個…
さすが自閉っ子ぽよすけ君。なかなかここまで並べる子はいないでしょう。そろそろ帰ろうと言うと、「えーっ、まだ最後まで行ってないのに〜」(砂場を1周するまで並べたかったらしい…)と言いました。想像しただけで気が遠くなりそうなので「帰ってアイス食べようよ」と言うと、「アイス食べる。続きはまた明日」と意外とアッサリ諦めました。たまたまそばを通った男の子を呼び止め「コレ、壊したらいけんよ!また明日作るんやから。」と言い、キョトンとしているその見知らぬ男の子に「じゃあね〜!また明日ね〜!」と手を振り帰りました…


弁償 

2007年04月23日(月) 0時30分
 ぽよすけの学校には、『ありんこ班』という縦割り班があり、行事の時や朝学など、この班で色々な活動をします。
 ある日、『一年生を迎える会』の準備のため、ありんこ班で集まったそうです。その日は、各自ハサミとのりを持って行く事になっていたらしく、手提げかばんに入れながら「早くハサミ使いたいなぁ〜」と興奮気味に言っていたらしい…ぽよすけの班は6年生の教室に集まり、各自席に座っていたそうです。そして先生の説明を聞いている間に、ぽよすけはやってしまいました…
自分が座っていた席の机から、6年生の音楽の教科書を取り出し、早く使いたくてウズウズしていたハサミで表紙をチョキチョキ…
気付いた他の子たちの「あーっ!!」と言う叫び声にハッと我に返り、『しまった!』という顔をしたそうです。
 後日、その教科書を見せてもらうと、真新しい表紙に5cmと3cmくらいの切込みが2本、何のためらいも無く切ったかのようにパシッとキレイに入っていました…教科書の持ち主は優しい男の子で「いいよ」と言ってくれたらしいのですが、勿論弁償しました。すぐに先生が注文してくれて、届いた教科書を持って、ぽよすけに謝りに行かせたそうです。

 この頃、妹のおまめがハサミで紙を切り刻むのにハマっており、ぽよすけも一緒になってチョキチョキしている事がよくありました。
 早くハサミを使いたくて、先生の話を聞いているうちに待ちきれなくて手の届く所にあった紙(教科書)を切ってしまったんでしょうね。気持ちが高まると、切ってもいい紙なのかどうか、今切ってもいいのか、考えることが出来なくなるんでしょうか…
 こういう衝動的な行動がある限り、誰かの補助が無くては集団生活は難しいんでしょうね。

究極の失言! 

2007年04月14日(土) 23時21分
 アスペの会の役員会があり、山大に行ってきました。子守のばーちゃんが都合悪かったので、ぽよすけとおまめも連れて行きました。
 大学会館に入ると、いつもは閉まっている購買部のシャッターが開いていて、ぽよすけが入って行ってしまいました。すると「いやぁ〜っ!怖ーい!!」と言いながらぽよすけが走ってきて、奥からニコニコと職員の男性が出て来ました。ぽよすけは引きつった顔で「怖ーい!この人変な顔〜っ。怖ーい!!」と大声で言いながら走り去って行きました…!!!絶対に聞こえる距離だったため、私はなんと言っていいか分からず、「コラッ!!何て事言う…」と言葉に詰まり、男性の顔を見る事も謝る事も出来ずに足早に逃げました。
 この男性は、決してコワモテという訳ではなく、スーツにメガネの40代くらいの方で、う〜ん、なんと表現したらいいのか…不気味な感じに見えたのかなぁ…(ごめんなさい!)ちょっと、ぽよすけの気持ちも分かる気も…(ホントごめんなさいっ!!)

ぽよすけは、日頃からこのような失礼な言動が多々あります。でも今回のような、誤魔化しようの無い決定的な事を言ったのは初めてで、ドッと嫌な汗をかきました。どうフォローしたらいいのかも分からないし、反感を買って大変な目に遭ったりしたらどうするんだー!!
でも、意味が分からなくても、何度も言って聞かせるしかないだろうな…帰り道、「ぽよすけ、さっき男の人に「怖い!変な顔」って言ったでしょ?あんな事、絶対言っちゃダメよ!」と言うと、「どうして?」と聞き返すので、「ぽよすけだって「怖い」とか「変な顔」とか言われたら嫌でしょ?自分が言われたら嫌なことは、人にも言わんのよ」と言うと「はぁ〜い」と気の無い返事をしましたが、すぐ忘れちゃうんだろうなぁ…
 ぽよすけの、こういう言動がトラブルの元なんだってばぁ〜!!どうしたら分かってくれるの?頭痛ーい!

不安 

2007年04月08日(日) 23時18分
 新学期が始まる前日の夜、ぽよすけは「明日、学校行きたくない」と何度も言っていました。「いいじゃん。久しぶりに△△君(同じクラスの6年生で、転校してしまった親友○○君の次に仲良しなお兄さん)に会えるんやし」と言うと、「△△君6年生終わったら、僕3年生…△△君おらんくなったらどうしよう!」と1年後の△△君の卒業を心配して泣き出してしまいました。大好きな○○君が転校してしまい、更に近い将来△△君まで卒業してしまう…仲良しがみんないなくなってしまう…どうしよう!…と。
…○○君の転校が相当こたえているようです。「△△君がいなくなるのは3月よ。まだまだずーっと先。それに明日××君が入学してくるから、△△君が卒業しても××君がおるから寂しくないやろ?」と励ますと「う、うん…」と言いつつもしばらく泣いていました。
はぁぁぁ…今学期、どうなるんでしょう…不安です!!

いじめの原因 

2007年04月02日(月) 13時02分
 木谷先生の心理相談に行って来ました。先日のいじめの話をした後、ずっと気になっていた事を聞いてみました。「いじめの原因って、やっぱりぽよすけって事ですか?」先生はニヤリとして大きく頷きました。「これから、こういうトラブルが沢山出てくるからね」と言われました…
 今まで私は『この先、ぽよすけは障害があるからいじめられるだろう』と思っていました。鈍いところや、可笑しな言動をすることをバカにされて、からかわれたりするんだろうと…でも実際には『ぽよすけ自身がトラブルを起こす』と言う事が分かり、ショックでした…「いじめられる側にも原因がある」と言ってはいけないと思うけれど、ぽよすけの場合、少なくとも「きっかけを作ったのはぽよすけ」と言えると思います。ゲームで負けたからといって泣きわめいたり叩いたりしたら、そりゃ周りは不愉快です。大人でも相手をしているとムカムカする事があるので、小学生なら反撃したりイジワルしたくなるのも無理ないかも…
 自分の言動が人を不愉快にし、それが自分に返ってきてしまうって事…理解できる日が来るのかな…度々トラブルを起こすようになり、自分が原因だとも気付かずに人を嫌いになったり恨んだりするようになるとしたら、不憫でならない…いつまでも明るく素直で、人と関わる事が好きなぽよすけでいて欲しい…

別れの時 

2007年04月01日(日) 12時55分
 親友○○君の引越しの日がやってきました。
○○君が転校する話をした時、号泣したぽよすけ。見送るなんて酷かなぁ…また泣いちゃうかなぁ…でも、○○君がいなくなるって事をちゃんと納得して欲しい。
 ぽよすけは見送りに向かう途中、何度も「行きたくないなぁ…嫌だよ僕〜」と言っていました。お別れするのが嫌だから行きたくないのか、ただ面倒だからなのか…
 ○○君の家に着くと、予定より時間がかかっているようで、まだトラックに荷物を積んでいるところでした。「おーい、○○くーん!…お邪魔しまーす」と、めちゃめちゃ忙しい○○君の家に勝手に上がりこんでしまいました…「こらーっ!!こんな大変な時に上がっちゃいけんやろ!出ておいで!」と叫んでも返事は無く…そのうち○○君と弟とともに外に出てきて楽しそうに遊んでいました。
 しばらくして荷物の積み込みが終わり、トラックは引越し先へ向かいました。○○君のお母さんが、「まだ掃除が残ってるから、当分終わりそうにないよ〜」と言うので、見送らずにお別れすることにしました。○○君は雰囲気を感じ、寂しそうな表情になりました。「ぽよすけ、○○君と握手しー」と言うと、ぽよすけは「嫌!!」と○○君から離れて行ってしまいました。携帯で一緒に写真を撮ろうとしても身をかわし逃げて行きました。「ぽよすけ、ちゃんと○○君にお別れせんと。今度いつ会えるか分からんのよー」と言うと「嫌だ!」と言って遠くに逃げてしまいました。仕方ないので私だけ○○君やお父さんお母さんにお別れの挨拶をして、私達が見送られて帰りました。
 泣いてもちゃんとお別れして欲しかったな…でもぽよすけにしたら、学級で○○君のお別れ会があったし、きっとさよならも言ったんだろうし、ぽよすけの中では『お別れ』は終わっていたんだろうな。大好きな○○君と何度もお別れするのは辛かったのかも知れない。
 ○○君のいない新学期は不安だろうし、しばらくは○○君の話題には触れないようにしよう…

☆☆フェスティバル 

2007年03月25日(日) 12時39分
 ぽよすけが通っている『☆☆体育教室』の発表会に当たる(?)『☆☆フェスティバル』がありました。内容は、マット運動・縄跳び・跳び箱・組体操・リレーなど盛り沢山。どれも全員が披露します。
 この日も「行かない」と言っていたぽよすけ。☆☆1年目なので、どのイベントも初めてで事前に練習もほとんど無く、当日までプログラムももらえないから予告してあげることも出来ないし、きっと不安で一杯なんだろうな…いつも思うんだけど、他の自閉っ子達、よく平気だよなぁ…
 会場に着くと案の定、引きつり笑顔でテンション高め。マラソン大会のときはパニックになって泣き出しちゃったけど、今回は大丈夫かしら…
 長〜い待ちの後、教室ごとに入場行進が始まりました。不安げな笑顔のまま取り合えず皆について行き、開会式、ラジオ体操と進んでいきました。
 それからは次々と発表が始まり、ぽよすけも流されるようにこなしていきました。でも、一つ発表が終わるたび、どこに行けばいいのか分からず立ちつくしているぽよすけ。かなり不安そうに引きつり笑顔でキョロキョロ。先生に「あっちに並んで!」と背中を押され、行った先で知らないお友達に「ここじゃないよ」と背中を押され、同じ教室の子が「ぽよすけこっち!」と手を引っ張って連れて行ってくれて、やっと定位置に辿り着くのでした。なんだか、そういうとこ見ると不憫に思う…こういうイベントが嫌いな一番の理由がこれなんだろうな。自分がこれから何をするのか、どこに行けばいいのか、いつ終わるのかが全く分からない。よく最後までパニック起こさずに頑張ったよ…


 肝心の発表の方はどうだったかというと、どれもなかなか頑張っていました。
マット運動は、それぞれ5つの技(?)を披露します。ぽよすけは、倒立ブリッジ→側転→走って側転→開脚前転→倒立前転 をしました。やはり、どれもフニャフニャしていましたが、だいぶ体を支える腕に力が付いてきた感じ。
 縄跳びは、あやとびや二重とびを披露する小学生が多い中、ぽよすけは園児さん達に混ざって前とびと後とびをしました。…でも、ぽよすけ的には凄く上達したんです。1年前までは、後とびどころか前とび10回程度しか跳べませんでしたから。毎週の積み重ねって大きいんだな…☆☆に感謝〜!
 
 そして見せ場の跳び箱。ぽよすけ、6段の横に挑戦。1回目はお尻が引っかかりながら落ちました。2回目は先生にお尻を押してもらって何とか跳び越せました!最近、先生の補助付きでやっと跳べるようになったんだけど、今までで一番上手だったかも!

 その他、組体操やリレーなど沢山の種目を皆と共にやり、何とか☆☆フェスティバルは終了しました。
 
 帰りの車の中で、「今日僕、頑張ったからどっか行こうよ。お外でご飯食べたい」と言いました。確かに長い時間、やりたくも無い事を我慢してよく頑張ったよ…ご褒美に、ぽよすけお気に入りの『グ○ーバルバイキング』に行きました。

ぽよすけ、ショック… 

2007年03月19日(月) 23時34分
 先程、ぽよすけに悲しい宣告をしました。
それはぽよすけの心の支えである、○○君の転校の話です…
 ○○君は幼稚園の3年間と、今年も同じクラスで、年少の時からの
大親友。遊ぶのもいつも一緒で大好きなお友達です。
 2、3ヶ月前に、お父さんの転勤が決まったとお母さんに聞いてから、
いつぽよすけに伝えようか悩んでいました。

 今朝、忘れ物を届けに学校行った時、幼稚園で仲が良かった
☆☆ちゃんが「あのね、○○君転校するんよ」と、私に耳打ちしました。
もう、他のクラスの子も知ってるんだ…
他からぽよすけの耳に入る前に、ちゃんと教えておこうと思い、
就寝前に言ってみました…
「○○君ねぇ、□□県っていう遠い所に引っ越すんだって。だからもう
××小学校に来れないって。4月から○○君おらんのよ」
と言ったら
「えぇっ!?・・・僕・・・学校・・・・・・うう〜っ」と泣き出しました。
「○○君とは仲良しやったから寂しいね、悲しいね」と言ったら、涙を
拭いながら「うん…うん」と…
普通に寂しいとか悲しいとかの感情なのか、交流学級で一人になる
不安なのか・・・?
今話しても意味が分からず、新学期になって○○君が来なくなって
初めて理解するかな、と思っていたので、今の時点でショックを受けて
泣いたのは予想外でした。想像力がついてきた証拠でしょうか。
今までにも何度か別れがあったけど、泣いたのは今回が初めて。
やっぱり○○君は別格みたいね…
「でも△△君(○○君の次に慕っている、5年生のお兄さん)がおるし、
幼稚園の時に仲良かった××君が一年生で入って来るよ。○○君
いなくなって寂しいけど、△△君と××君がおるから、きっと楽しいよ」

と言ったら「うん。楽しいと思う」と言っていたけど、しばらく
悲しそうに「うぅ〜っ、ううう…」と静かに泣いていました・・・
とっても悲しそうなぽよすけが可哀想になり、私ももらい泣き。
 痛いとき、怖いとき、悔しいときのぽよすけの涙はしょっちゅう見て
いますが『友達との別れが悲しくて』という涙は初めて見ました。
心の成長だなぁ…

 でも、新学期からがちょっと心配。今、何とか交流学級に行けてる
のも○○君が一緒だからだし、行事のときにあまり不安も無く参加
出来ているのも○○君が傍にいる心強さがあるからだろうし…
遊ぶのもいつも一緒で、○○君が欠席の日はぽよすけは元気が無く
テンションも低いそうです。
最初は不安定になるかも知れないなぁ。
早く立ち直ってくれるといいけど…

いじめ(続き) 

2007年03月16日(金) 0時00分
 まだ続きがあります…
 今日、ぽよすけの担任の先生から電話がありました。△△君
に話を聞いた後で、4年生の子にも話を聞いたらしいのですが、どうやら
ぽよすけの方も手を出していたらしいです。ぽよすけがゲームで
負けると興奮して叩いてくることもあった、と言っていたそうなので、
そのような叩き合いは日頃からあったのかも知れません。先生は
「いじめと言う程の事ではなく、子供同士のケンカでしょう」と…
4年生と1年生なのに?…腑に落ちない感じはありましたが、ぽよすけも
手を出したと聞いた以上、何も言えないのでそのまま電話を切りました。
 ○○君のお母さんに「先生から聞いたけど、ぽよすけも手を出した
らしいね。お兄ちゃんたちにだけ謝らせて悪かったな…ごめんね。
ぽよすけには絶対お友達に手を出したらいけんって、よく言っておくよ」

とメールすると、「それでも、謝ったり泣いたりしとるのに止めないのは
ルール違反やし、大勢対一人はケンカじゃなくいじめだよ。あの子達
にもそう言っておいたから」
と返事が来ました。
 ぽよすけの言動は人を不愉快にする事も多いので、そのような状況を
誘発したのかも知れません。先が思いやられるなぁ…