【 更新情報 】

スポンサードリンク

パワースポットと東京パワースポットランキング

まずは、パワースポットのお勉強から。
一般的に使われている言葉ですが、パワースポットその定義とはどのようなものなのでしょうか?

パワースポットとは、地球上にあるすべての生命や物質の存在や活動の源となるエネルギーが集中しているとされる場所のことだそうです。エネルギースポット、気場などとも言われていますね。だから、パワースポットに行くとエネルギーを感じられる、癒される、といった感じを受けるのかもしれません。

日本国内のパワースポットだと、伊勢神宮、出雲大社などの神社や、富士山、阿蘇山などの大自然がランキングの上位を占めます。世界のパワースポットでは、世界遺産でも有名になったペルーのマチュピチュ、アメリカではアリゾナ州のセドナ、カリフォルニア州のマウントシャスタ、ハワイ(オアフ島の松林やマウイ島の山の中腹など)が人気が高いです。そのほか、ヒマラヤ、バリ島、ピラミッド、オーストラリア中心のウルルなど、数え切れません。

以前めざましテレビで放送した東京のパワースポットランキングベスト10では、
1位 明治神宮 2位 浅草 3位 高尾山 4位 第三台場 5位 井の頭公園 6位 等々力渓谷 7位 皇居周辺 8位 御岳山 9位 代々木公園 10位 新宿御苑 だったそうです。

東京のパワースポットランキング1位 明治神宮御苑 清正井

東京のパワースポットランキング1位は、明治神宮御苑 清正井です。

明治神宮は、東京のパワースポットとして有名なのはご存知ですね。原宿から参宮橋へ向かっていくと右側に芝生が開けてくる場所があって、私はそこへよく行っていました。春や秋はお弁当などを持参してゆっくり本など読むと、とてもここが東京のど真ん中とは思えないほど、空気がゆったりしてリラックスできます。

今回調べてみたら、実は有名な「清正井(きよまさのいど)」というところがあったんですね。明治神宮御苑にあります。JRの原宿駅からだと、南参道を歩き左手にある東門の入口から入ります。ちなみに、明治神宮は無料ですが、明治神宮御苑は入館料が500円、入館時間は3月から10月は9:00〜16:30、11月から2月は9:00〜16:00となりますので、お気をつけください。 

あの真鍋かおりさんも紹介していたようですよ。行きかたを動画で公開している人がいました。癒されにいってみようかなぁ〜。

東京のパワースポットランキング2位 高尾山

東京のパワースポットランキング2位は高尾山です。

ランキング本元祖 ミシュランで一躍有名になった高尾山。
でも、結構昔から紅葉の季節はキレイだし、都心から1時間とは思えないほどの豊かな自然が満喫できリラックスできます。ケーブルカーを使って途中まで上ることも可能ですし、足に自信のあるひとなら登山コースを行くのもおススメです。

ケーブルカー高尾山駅付近の展望台からの眺望は、遠くに都心の超高層ビルを見渡す絶景の一大パノラマです。暖帯林と温帯林とが織りなす広葉樹林に、樹齢数百年もの大杉が林立する高尾山。こういう大木の周りなど気が高いと江原啓之氏も言っていました。この大木の周りでリラックスしてください。

古くから山岳信仰の霊場として栄えた高尾山には、真言宗智山派の大本山である薬王院があります。
こちらに残っている古文書には、大名からも厚い信仰を得ていたことを忍ばせる当時の文書が多く残っているとのことです。

東京のパワースポットランキング3位 等々力渓谷

東京のパワースポットランキング3位は等々力渓谷です。

確かその昔、桜と紅葉の季節に訪れたことがあります。等々力渓谷はほたるも有名ですね。周りにはカフェやレストランがあり、また等々力は自由が丘にも近く雰囲気も似ていて、とても素敵なしゃれた住宅地という感じです。ところが、駅からちょっと歩くと下へ下る階段があって、そこを降りていくとまさに渓谷が広がります。多摩川の支流である谷沢川の侵食によって形成された渓谷なんだそうです。

等々力渓谷の名前の由来は、不動の滝の音が轟いていたことから「とどろき」と命名されたとのこと。今では水量が減ってしまったそうですが、不動の滝は見所の一つとして今もあるそうです。

こちらも木漏れ日を感じながら、ゆったりとする時間を感じるリラックスするのにおススメです。木で作られたベンチが点在していますので、お気に入りの本を持参して都会の喧騒を忘れるのにはもってこいの場所です。
こうやってみてくると、パワースポットには大自然がつきものですね。週末は、パワースポットで英気を養いましょう♪