久しぶり 

January 14 [Sun], 2007, 13:06
父がなくなって1年8ヶ月が過ぎようとしています
私にとっては相変わらず大きな存在でありファザコン度は増すばかりです

やっとお墓の場所が決まり
3回忌には新しい場所へきちんと見送ってあげられそうです

私もこの1年8ヶ月で生活がガラリと変わりました
それまでの辛かった事や苦しかった事を父が全部持って行ってくれたんじゃないかと
思うほど幸せで充実した時間を過ごしています。

このブログ 

September 08 [Thu], 2005, 19:05
いつのまにかこのブログは病気になった父との一つ一つを
忘れたくないために書き綴っていくものになっていて
再開して、関係のない新しいことを入れていくことで
父との思い出をどんどん過去に押しやっていくような
気持ちになりそうで再開できませんでした。
だから・・このブログはこのまま置いておこうと思います
最後に父との別れの一つ一つを書き綴って・・・
父を思い出したいとき読み返そうと思います


さようなら・・。

新しいブログで会うことがあればまた会いましょう

お別れの日 

September 08 [Thu], 2005, 19:03
お通夜とお葬式の日の事は、あまりにも忙しく、
心の定まる場所もなく、
正直今ではあんまり思い出せません

ただ、一つだけ忘れられないことがありました。

私達がお通夜の会場に向かおうとした時
1本の電話がありました

それは父がずっとお世話になっていた主治医の先生
他の病院へやむを得ず緊急入院したことは
電話で連絡していたのですが
その週に予定していた外来の日に行けなかったので
心配して連絡を下さったのでした

母が亡くなった事を告げると、
最期を自分が見送れなかったことを
とても悔やんでくれていたそうです。

父が入院していた病院は、規模も大きく
名もある有名な病院でした
だから先生が1人の患者の自宅に
電話をかけるなんて事は
そうそうやってくれる事じゃないのです。
それなのにかけて下さったこと、
それが父の通夜の日だった事・・
何かの縁を感じずにはいられませんでした

父が最期に
「○○先生に知らせなきゃって教えてくれたのかもね」

って皆で言っていました。。

お別れの儀式で父という人間はすばらしい人だったんだと
改めて思える程、たくさんの人達が来てくれました






お父さん、あなたはこれからも、私達の誇りです。。

ただ、病気のあなたでもいいから

もう一度話したい・・逢いたい・・・

その気持ちは日に日に強くなるばかりです

最期の日 2 

September 08 [Thu], 2005, 18:58
それから一晩、母と兄と私とで交代しながら
父と同じ病室で過ごしました。

朝方6時半ごろ母が一度家に帰り、
私も病院の駐車場に止めてある
車で仮眠しようとして眠った1時間後、
病室に残った兄から電話が来て

 兄「今日の午前中もたないって言われた」

と言われました。
慌てて病室に戻り父を見ると、少しずつ呼吸をする間隔が長く
なっていました

するとお医者様は

 「まだお母さん来ないの?あと5分もつか分からないよ」

と言いました。
(このお医者様とはたった二日の縁でしたが
言葉の一つ一つが最低の方でした)

午前中・・と言われたので
母もすぐには向かってなく5分では
間に合わない・・。

兄が母に再度電話してる間、私は耳元でずっと父へ叫びました

 「お父さんまだ寝ちゃダメだよ」
 「お父さん息とめちゃダメ、吸って」
 「お父さん聞こえてるんでしょ!
 まだお母さん来てないから頑張って」
 「お父さん、お母さんに一番世話になったんでしょ?
 だからまだ待って」
 「お母さんはお父さんの一番大切な人なんでしょ?
 待ってあげないとお母さんが一生後悔しちゃうよ」

思いついたことは絶え間なく叫んでいました

それでも母の来る前に父の心臓が一度止まりました・・。
医師は「何もしないお約束ですから」と言わんばかりに
ただ何もせず看取るだけですという態度でしたが
隣に居た看護婦さんが「娘さんもっと声かけて」と言って
母が来るまではと父に心臓マッサージをしてくれ、
少しですがまた心臓が動き出しました。

私も母が来るまでずっと叫んで叫んで叫んで叫んで・・
兄も叫んで叫んで叫んで・・・・

母が着いて1〜2分後に父は旅立っていきました

最期は眠るように・・
安らかに・・・

最期の日 1 

September 08 [Thu], 2005, 18:52
息苦しい・・と言って父が救急車で近くの病院に入院したと
聞きたのが4/25(月)の夜。
それでも意識はハッキリしていたそうで、
夜に電話をくれた母も
 「来るのは予定通り4/27(水)で良いからねー」
と言っていたぐらいでした。

それでも気になるので3時間以上かかるけれど
無駄足になっても良いやと私は予定より一日早く
実家に帰ることにしました。

高速のパーキングで休憩していたときに
兄から電話がありました

 兄「お母さんから電話来た?」
 私「んーー?来てないよっていうか今病院向かってるし」
 兄「あれ?向かってるのに聞いてないの?」
 私「だからなんで?」
 兄「お父さんの病状が悪化したらしいから・・・
   俺も今から行くけど、お前の方が早く着くかもしれないな。
   来るんだったらいいんだ」
 私「分かった、すぐ行く」

こんな感じのやり取りだったでしょうか・・
あまりにも突然で動揺しました。
兄から電話が来た直後、母から電話が来て
なるべく早く来てねと言われました
(母は私が高速で来ることを知っていたので病状は私に言いませんでした)

体が震えながら運転をして、父が入院した病院へ

今回初めて入院した病院だったので病室がわからず
病院内を走り回ってしまいました

そして扉を開けたその先には・・・

意識がなくただ眠るように父が横になっていました
どんなに声をかけても何の反応もなく父は酸素ボンベの音と合わせて
呼吸をしているだけの父でした。

4月27日 

May 01 [Sun], 2005, 19:17
朝方、父の命の時計が止まりました。
食道ガンを宣告されてからの9ヶ月、頑張って頑張って頑張りぬいてくれた父に感謝

最近よく言われること 

March 28 [Mon], 2005, 2:00
父の病気のことがあってから親優先で遊びに行かなく
なることも多くなってよく言われることは

「親と仲良いよね・・。」

と言うことです。

でも、今まで特別にこうやって密着した時間を
過ごしていたわけではないのですよ


私は・・・

親の期待が重かった
親の愛情がただひたすら重かった
親の諭す言葉に反発してた
親から離れて暮らしたくて一人暮らしをした
自分に都合の良い時にだけ親に甘えていた

そんな風に多分ごく普通の子供とそんなに変わらなく
親と距離を置いて付き合っていたんです。

親から与えられる愛情を「ありがたい」って分かっても
どこか心の奥底ではそれをあたり前に思い
あぐらをかいて甘えて生きてきてた未熟者です。

そんな未熟者だからこそ、今苦痛の中で生きること
を頑張ってくれている父のために・・・
その頑張っている父を支えてる母のために・・・
何かをしてあげたいと、未熟者なりに必死に考えて
行動しているだけです。


うっかり 

March 27 [Sun], 2005, 1:48
昨日は父と母の35年目の結婚記念日だった(@@;)
電話してたのにオメデトウ言うの忘れてた・・。

ちなみに3月26日は
・父母の結婚記念日
・兄夫婦の結婚記念日
・兄の誕生日

と我が家にとっては記念日の塊の一日なのです。。
私にとってはなんてことない一日だから
ついウッカリ忘れてしまいました

明日遊びに行くときに何かお祝い買っていこう!
珊瑚婚ってなにをプレゼントするのかな。。

異常なし 

March 24 [Thu], 2005, 19:00
今日は外来の日
いつもなら高速で一時間でつける距離が本日は大渋滞で
二時間かかった(T_T)
運転はするけれどあんまり長い時間運転してると
さすがに好きじゃないのでしんどかった…

今日は外来で見てもらい、大きな変化もなく、
元の腫瘍以外に転移は今のところ見られないとのこと

CTに写る肺の影が気になったけど、軽い肺炎
らしいので一安心です(父は慢性的に肺は悪いので)

良くなることが一つもなかったのに
一安心と言うのはすこし言葉が不適切な気もします
とにかく病院に行く日は、言葉がではうまく言い表せない
複雑な心境の一日です。

体の距離と心の距離 

March 21 [Mon], 2005, 13:08
今、父の状態は安定してるとはいえ
父から離れていかねばならないのは心苦しい

それでも父は私のする行動を
喜んでくれているのだから
親の愛情の大きさには感服する

体の距離は離れていても
心の距離は離れないからね

今は両想いの親子だもんね・・
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ミエル
» 4月27日 (2005年05月02日)
アイコン画像ミエル
» 今嬉しい事 (2005年03月21日)
アイコン画像umeko
» 私の父も・・・ (2005年03月08日)
アイコン画像ぽわぞう
» 開かないとです (2004年12月16日)
アイコン画像youcarry
» 開かないとです (2004年12月13日)
アイコン画像ぽわぞう
» 食べれた!! (2004年12月01日)
アイコン画像
» 食べれた!! (2004年12月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:powazo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる