水虫と腸内環境って何か関連してるの? 

2014年02月10日(月) 20時26分
水虫に感染しやすい人は、腸内環境が思わしくなく、
免疫機能が低下していると言われている。

細菌類から体を守る免疫。。

風邪の病原菌アデノウィルスやノロウィルスなどが体に
侵入してきたときに、腸の免疫細胞が活発にはたらき、
菌と戦います。

善玉菌、悪玉菌ともよく言われる細菌ですが、ほとんどは、
腸内に生息しており、お互いのバランスを保って共存しています。

腸内の免疫細胞は、th2細胞と呼ばれています。
皮膚の保全は、ht1細胞といって、アトピーの方や肌が弱い方は、
この細胞のはたらきが弱いとされています。

このことから、水虫に感染しやすい人と言うのは、ht1,ht2の働きが
弱いことが考えられます。

強い人は、水虫菌が足の裏に付着しても、免疫力が高いので
感染しにくいんです。


公共の大衆浴場のバスマットに気を使わなくても問題なかったり
します

腸内環境を整えて、免疫力を上げて水虫に感染しないからだづくり
を心がけたいものです。
もちろん、風邪などにもかかりにくくなります。

オヤジが水虫.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やっとん
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
ヤプミー!一覧
読者になる