和風ポトフの簡単レシピ

January 27 [Tue], 2009, 22:56
皆さん、こん●●わ!

簡単レシピのポトフを楽しんでいますか?
前回までの大根ポトフと白菜ポトフでなんとなくポトフの作り方はわかりましたよね!

では、今回は和風ポトフの簡単レシピ(作り方)を紹介していきましょう。

改めて、和風ポトフなんていっていますが、簡単に言えばだしに和風だしを使うということです。

今までに紹介したポトフのだしは、鶏がらスープやコンソメスープでした。

材料が、大根や白菜といった和食に通じるような野菜を使用してきましたが、味付けはあえて和風ではないものを紹介してきました。

今回は味付けを和風にした本物のの和風ポトフの作り方を伝授しましょう。

では、早速はじめて行きます。

★材料 4人分を目安にしてください。

牛肉:300グラム程度(ロースまたは奮発してステーキ肉)
岩塩:小さじ2杯
(なければ通常の食塩でももちろん可。でもここはあえて岩塩を用意してほしいんですが・・)
たまねぎ:1個ぐらい
にんじん:1本ぐらい
ごぼう:適量(100gを目安にしてください)
れんこん:一節ぐらい
かぶ:小さいのを3個ぐらい??
セロリ:1本
水:5カップぐらい
ほんだし:小さじ2杯
酒:大さじ2杯程度
岩塩:少々
こしょう:少々

※和風ソースの材料
@マヨネーズ味
マヨネーズ:大さじ3杯程度
しょうゆ:大さじ1杯程度
からし:小さじ1杯程度

Aさっぱりゆず風味ソース
ほんだし:少々
しょうゆ:大さじ3杯程度
水:大さじ2杯程度
ゆず:1個と言うか絞り汁を大さじ2杯ぐらい取れる量

今回のポトフは、少し凝ってみます。何ていったってポトフ用のソースを作るんですから・・・。これは私のオリジナルでなく、色々と調べてみてそして、自分で確かめて美味しかったものです。ぜひ、ちょっとリッチなポトフを楽しんでみてくださいね。

では、次に和風ポトフのレシピに行きたいと思います。

★作り方

@まず最初に、牛肉の下ごしらえをします。今までに紹介したポトフは、材料の下ごしらえからカウントしても1時間程度で出来ましたが、今回は2日がかりで作る和風ポトフのレシピです。心して付いてきてください。といっても簡単ですけどね!

牛肉を適当な大きさに切ります。肉のボリュームを出したい方は大きめに、そうでない方は一口サイズが良いと思います。

これに岩塩をまぶし、冷蔵庫で一晩寝かせます。牛肉への岩塩のまぶし方のポイントは、ビニール袋か何かに肉を入れ、そこへ岩塩を適量まぶしよく混ぜることです。これでこのまま冷蔵庫で一晩寝かせればOKです。

A次に野菜の下ごしらえを行います。といっても肉の下ごしらえをした翌日です。
たまねぎは、5mm幅程度の薄切りにします。にんじんは、適当な大きさに輪切りにします。
ごぼうは、乱切りにして水にさらしてください。れんこんは、皮をむいて適当な暑さにいちょう切りし、水にさらしてください。かぶは厚めに皮をむいて適当な大きさに切ってください。最後にセロリを適当な厚さでななめ切りにしてください。
これで野菜の下ごしらえが完了です。

今までの大根ポトフや白菜ポトフに比べるとこの和風ポトフは材料の下ごしらえ、肉と野菜の・・・が結構大変かもしれませんが、その分美味しさも格別ですからがんばって作ってください。

B肉をゆでます。大きな鍋にお湯をたっぷり沸かして一晩冷蔵庫で寝かせた肉を10分程度ゆがいてください。ゆがき終わったら、軽く水洗いをしてくださいね。

C5カップ程度の水を肉をゆがいた鍋とは別の鍋に入れてお湯を沸かし、先ほどゆがいた肉と野菜(セロリとかぶ以外)をいれてひとにたちさせてください。
そうしたら、ほんだしを加えて弱火でコトコト40分ぐらい煮込んでください。目安は野菜が十分に柔らかくなるまでです。

そうしたら、セロリとかぶを加え酒と塩、コショウで味を調えます。そして最後にもう10分程度煮込みます。

これで和風ポトフは完了です。

Dここからが本日のポトフのレシピの肝です。
2種類の和風ソースを作ります。

こってりマヨネーズ味とさっぱりゆず風味ソースです。

材料の欄で書いた材料を各々良く混ぜ合わせてソースを作ります

これで和風ポトフの完成です。

一度お試しあれ!!
ポトフの概念が変わりますよ。

では、また。。

白菜ポトフの簡単レシピ

January 26 [Mon], 2009, 23:00
前回の大根ポトフは、作ってもらえましたか?
作ってもらえた方にはわかると思いますが、本当に簡単で驚くほど美味しいポトフです。
まだ作っていない方は、必ず一度挑戦してみてくださいね!(あっ、挑戦なんてたいそうな事ではないですが・・・)

さて、今回は白菜ポトフの簡単レシピを紹介したいと思います。
大根の次は白菜と寒い季節にはもってこいですね。
一歩間違うと、鍋のような感じになってしまいますので、そこだけは白菜ポトフを作るうえで注意してください。

じゃ、はじめます。

今回の白菜ポトフは、鮭を使います。このポトフは、白菜に鮭のうまみがぎっしりとしみこんで最高に暖まるポトフです。
そして、なんと言っても鮭ですから、日本人にはもってこいのポトフです。このポトフなら万人受けすること間違いなしです。

最初に材料です。4人分ですから間違いなく・・・。人数に合わせてアレンジしてくださいね。

★材料

鮭:二切れを目安
白菜:5枚を目安
にんにく:少々(一切れぐらい?)
ジャガイモ:1個程度
にんじん:半分くらい
シメジ:あれは半パック程度
たまねぎ:半分くらい
コンソメ:小さじ2杯
水:3カップ半ぐらい

まあ、ポトフは正直言って何を入れても良いと思いますので、ここに書いた材料はあくまでも目安にしてください。

つまり、冷蔵庫の中にある野菜でアレンジしてくださいということです。ただし、今回のポトフから鮭と白菜を省くことはだめですよ。あくまでもその他の野菜ですからね!

では、次に作り方です。

★作り方

@まず最初に鮭の下ごしらえです。
鮭を¥の両面をフライパンで軽く焼き、骨と皮を取り除いてください。ここで皮をとらないと生臭さが残ってしまいますから要注意です。
そうしたら、鮭を適当なサイズに切ります。そうですね・・・ここでは、3等分ぐらいとしておきましょうか。。

A鮭の下ごしらえが終わったら、次は野菜の下ごしらえをしましょう。
白菜をはじめとしたジャガイモ、にんじん、たまねぎ・・・・色々な野菜を適当なサイズに切ってください。
野菜が好きな方は、野菜の味がしっかりとする大きめに切ってください。あんまり野菜が好きでない方は、小さめに切ると良いかと思います。(と言っても、野菜が嫌いな人が白菜ポトフの簡単レシピを知りたいと思わないかも知れませんが・・・汗)

そして、最後ににんにくをみじん切りにしてください。これで野菜の下ごしらえは終わりです。つまり、白菜ポトフの完成まで半分以上終了したということです。

Bでは、いよいよ調理に入っていきましょう。
最初に鍋にサラダオイルを適量入れにんにくをいためます。にんにくの香りがしてきたら、次に先ほど準備した、白菜、ジャガイモ、にんじん、たまねぎ・・・などの野菜を入れて一緒に軽くいためます。

軽く炒めたら(どのくらい??なんて細かいことは考えなくてもOKです。本当に軽く炒めれば良いです。だって、後からしっかりと煮込みますからね!)水を3カップと半分ぐらい加え、煮立たせます。そうしたら、コンソメと鮭を加え20分〜30分程度弱火でコトコト煮込んでください。

C最後に野菜に十分味がしみこんできたら、塩・こしょうで味を調え完成です。
白菜やジャガイモ、にんじんに十分火がとおり、特にジャガイモに味がしみこんできたら完成です。そんなときには白菜には十分味がしみこんでいること間違いなしです。

これで、白菜ポトフの完成です。どうですか??簡単でしょ!

じゅわっと白菜から染み出る鮭の旨みを楽しんでくださいね。
では、白菜ポトフの簡単レシピはここまでです!

次回をお楽しみに・・・。

大根ポトフの簡単レシピ

January 24 [Sat], 2009, 21:29
では、ポトフの具体的な簡単レシピの記念すべき第1回目は、何にしようか迷いましたが、大根のポトフにしようと思います。前回、日本料理で言えばおでんのような料理だと言ったかと思いますが、おでんといえばやっぱり大根が最高です。ですので、今回は大根のポトフの簡単レシピを披露したいと思います。もちろん、この作り方以外でも美味しい大根ポトフの作り方はたくさんあると思います。ですが、私が色々と調べて作ってみた大根のポトフの中で一番美味しかったと思われる大根ポトフの簡単レシピを今回はご紹介します。

この大根ポトフのレシピを参考に皆さんもオリジナルな大根ポトフをぜひ作ってみてください。きっとすばらしいあなただけの美味しい大根ポトフを作ることが出来ると思います。
では、ご紹介します。

まず、材料からです。前回も言ったとおり4人分の量です。2人分の大根ポトフを作る場合は、単純に半分にしていただいても結構ですし、または適量にモディファイしてもらえればOKです。

★材料
@大根 3〜5cm程度の輪切りにして人数分(ここでは4切れ)用意してください。
Aベーコンのブロックを300g程度使用します。
Bたまねぎ 1個(見た目を良くするんでしたら小たまねぎなんかを使うとおしゃれです。そんな場合は、小たまねぎを4〜8個程度用意してください)
Cにんじん 半分(1/2本)これもたまねぎと同じく見た目を良くするならばミニキャロットなんかを使用するとおしゃれです。

★スープの材料
@お湯 1.2L これは、別に普通の水道水を熱してもらえればOKです。(別にミネラルウォーターでなくてもOKです)
A鶏がらスープの素。これは、鶏がらスープを作るために使います。(当たり前か!)分量は、先ほどのお湯(1.2L)に大さじ1杯程度溶かします。お好みにより、微調整はしてください。
B塩、こしょう 最後の味を調えるために使います。ということですので、分量は適量としておきます。
C昆布 大根をゆがくときにお湯に入れるものです。ですから、鍋に使用する程度に適量(10cmぐらい?)用意してください。
D米 一握り これも大根をゆがくために使いますので、とりあえず一握りとしておきます。(手の大きさによっても異なりますが・・・)

★作り方(レシピ)
@最初に大根をゆがきます。ゆがき方にコツがあるのですが、これを説明しますと大根は5cm程度の厚さに輪切りにします。それから厚めに皮をむいてください。そうしたら鍋にたっぷりと水を張り一握りの米と昆布とともに入れたら5〜6分程度ゆがきます。ゆがきあがりの目処は、竹串が通る位です。そしたら水を切っておいてください。

A次に、ベーコンをブロックに切っておいてください。ここでのポイントは、ベーコンは必ずブロックに切ることです。薄切りよりブロックの方が煮込んだときにうまみが出ますので必ずブロックにすることがコツです。

B鍋に鶏がら、ベーコン、ゆがいた大根とたまねぎ、にんじんを入れて弱火で30〜40分程度煮込んでください。ただし、水は適時追加してくださいね。間違っても煮詰めるようなことはしないでください。

C最後に塩、こしょうで味を調えお好みの器に盛り付ければ出来上がりです。

どうですか?とっても簡単でしょ!一度お試しあれ!!

ポトフについて

January 23 [Fri], 2009, 19:15
ポトフっておいしいですよね。寒い季節には、体があったまりそいでもってヘルシーなお料理です。
このブログでは、みんなが大好きなポトフについて特集したブログです。
さて、ポトフといえば、フランスが発祥の地ですから洋風料理だと思っていると思いますが、味付けしだいでは和風ポトフも簡単に作ることが出来ます。

簡単に言ってしまえば、お野菜と鶏肉やベーコンなんかを一緒に煮込んでしまえばポトフの出来上がりです。

メインのお野菜(例えば、白菜や大根、かぶなど)を何にするかで様々なポトフが出来上がりますし、味付けを何にするかで和風にもなり洋風にもなります。
このちょっとした違いが様々なポトフを作り出すことになりますので、皆さんもオリジナルポトフに挑戦してみてはいかがでしょうか?

きっととっても美味しいあなただけのオリジナルなポトフを作ることが出来るでしょう。
ただ、そのまえに基本を押さえておいた方が良いと思いますのでこれからご紹介するポトフの作り方(レシピ)を押えておいてくださいね。また、これから紹介するポトフのレシピは、基本的には4人分となっています。そのために、2人分のポトフを作りたい場合は、材料や調味料を半分にしていただければOKです。

ただ、ポトフは美味しくてヘルシーなためついつい食べ過ぎてしまいますし、次の日に火を入れなおせば美味しくいただくことも出来ます。ということですので、本当は、2人用のポトフを作りたかったとしても4人分のレシピのまま作っていただいてゆっくり数日に分けて食べることも良いのではないかと思います。では、次の記事から人気の高い大根ポトフ、白菜ポトフや和風のポトフのレシピについて書いていきますね。お楽しみに・・・。

とその前に、ポトフの語源について豆知識を披露しておきますね。。

★ポトフとは
ポトフとは、フランスの代表的な家庭料理の一つです。まぁ、日本で言えば色々な鍋料理かおでんのような感じだと思ってもらえればOKです。

ポトフのポは、Potと書きつまり鍋のことです。ポトフのフは、feuと書き火の意味です。つまり鍋を火にかける料理ということですね。なんとなくそのまんまですが、ポトフ(Potfeu)の語源はこんな感じです。ですから、先ほど、日本で言えばおでんや鍋料理といった意味もわかってもらえるものと思います。

では、次から具体的なポトフの作り方について書いていきたいと思います。
今回は、ここまで!
P R