メンズファッションの話

December 28 [Mon], 2015, 9:41
二つ折り財布はお札などをたくさんしまうとサイズアップしてしまいます。ポケットに入れるとポコっと膨らみ、ルックスに力を入れていてもフォルムが崩れる可能性もあります。
チェスターコートを普段使いするならうまく着崩さないとかちっとし過ぎるムードになるので覚えておきましょう。ブラックやチャコールグレーを選ぶ人が多いですが、明るいグレーを買うと幅広いシチュエーションで使えます。
涼しい季節のために紺のブレザーなどを買うなら、使われている原材料はウールが最適。ずっと着ていきたいなら、カシミア混の物が重宝します。使われている材料はファッション用品を選ぶ上でチェックポイントの一つになります。
カーデを肩にかけて使う場合、チョーカーとほぼ同様の役割を担います。そのため、下の服よりも存在感のある外観を購入しましょう。それによりスタイルのワンポイントとなります。
ストールはサッとラフに巻くのがよくある巻き方ですが、ワンポイント加えたいなら結ぶことでガラリと印象が変わります。結び目はふわっと作るのがコツです。アレンジが自由自在なのもストールを使いたい理由です。
ぼうしと端的に言っても多くの種類が販売されていますが、定番はハット、ハンチング、チロルではないでしょうか。目立たず使って見るならハンチングかチロルが試しやすいでしょう。
常にハットをかぶる人にとってはあまり気にならないかもしれませんが、そうでない人にとってはキャップのウェイトが結構気になったりするものです。髪型が狭まるので毛嫌いする人は少なくありません。
綿はアルカリ性に強く、水に濡れることでさらに強くなるため、アルカリ性の洗剤で洗うのに適しているのだとか。熱も平気なのでお湯を使って洗ったり、アイロン掛けは高温でしても平気です。
外した状態にもできる裏地があります。これはライナーという風に言います。これはコートを選ぶときには無視できない要素です。自由に着脱できるので、夏を除いてヘビーローテーションで活用できるので重宝します。
カーデを肩に掛ける使い方ならフロントボタンは完全に留めます。でないとバックが緩くなりすぎてハマりません。肩にラフに掛けて胸のあたりで巻くのがよくある用途。
爽やかな着こなしは、相手に良い印象を与えることができますよね。それに便利なお馴染みファッションアイテムで代表的なのがベージュのチノ。様々なトップスと相性が良いので、様々なコーディネートに溶けこませることも可能なので役立つアイテム。
長財布か二つ折り財布かは少し考えるかもしれません。お札や領収書等を曲げずにしまいたいなら長財布が向いていますが、ポケットに収納して持っていくのが楽なのは二つ折り財布。
きちんとしたムードの強いテーラードジャケットにはクロップドチノでラフさを合わせるのもアリ。軽快な雰囲気に仕上げてみては?バングルなどでさり気なく手首にアクセントを付け足すのもマッチします。
綿の難点としては、水洗いをすると縮むということも。ですが、最近は縮むのを防ぐような処理を行うことによってかなり改善できているようです。
ハンドグリップウォッシュとは洗いをかけることで柔らかくなった皮革を揉んだ後、ゆっくりと乾燥させることでクセを付ける加工方法のことで、新しい状態でも使い込まれてきたような雰囲気となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/potnpg3rera6la/index1_0.rdf