怖い食中毒を予防しよう

November 06 [Sun], 2016, 13:08
口コミランキング1位の淡路整骨院で聞いた話ですが、サルモネラ菌で起こる食中毒の症状は、4日ほど続くそうですね。
半日から2日間ほどの潜伏期間を経たのち、おへそ周りに激しい痛みを感じ、嘔吐や発熱、そして下痢などの症状を引き起こされます。
発熱は40度近くまで上がることもあり、自力でなんとか出来る状態ではなくなります。
下痢は水のような便で、血や膿が混ざることもあるっていうからビックリしてしまいそうですね。
通常は、そのような状態が3、4日続いた後、次第に症状は和らいでいくようですが、稀に1週間程ひどい症状が続く場合もあるそうですよ。

サルモネラ菌による食中毒の治療と予防法はというと、抗生物質や整腸剤を使って治療されます。
抗生物質は、サルモネラ菌の死滅を遅らせる原因になってしまうこともあるので、短期間の投与になります。また、食中毒の症状が強く出ている場合は、点滴による治療も行われます。
入院が必要になるケースもあるそうですよ。
食品からの感染を予防するには、卵や食肉はよく加熱してから食べる。
調理器具は、熱湯や消毒剤で殺菌する。調理後はなるべく早く食べるようにする。が挙げられます。
接触からの感染の予防としては、料理をする前やトイレの後は、しっかり手洗いと手指の消毒を行うようにすること。
ペットなどの動物に触ったあとなどは、しっかり手洗いを行うこと。
こういった事で、食中毒を予防しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:potion359
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる