ビジネスマンのための「読書力」養成講座 

2010年07月11日(日) 20時41分
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
著 小宮一慶


内容は、読書を目的別にレベル分けして、それを使い分けようと言う話。
あと、筆者のオススメ本情報や感想も結構入っています。

レベル分けは以下の通り。
1.速読 (斜め読み)
2.通読レベル1 (普通に読む)
3.通読レベル2 (書き込んだりする)
4.熟読 (他の本やインターネットを駆使して読み深める)
5.重読 (何度も読む)

実際は、無意識に行っていることではあるんだけど、
きっちりレベル分けするというのは、私の中では新しかったです。
私の通勤ルートはなかなかゆっくりと読書ができる環境ではないため、
いつも速読か通読レベル1程度でした。
逆に、業後に喫茶店に寄る時などは、通読レベル2が多く、
そんなムラのある読書法を不満に思っていました。

そのため、私にとっては、レベル分けによって言わば「諦める」ことで、
読書の内容に集中できるようになりました。
仕方なく速読をするより、「これは速読で読むんだ」と思った方が、
良い読書になりました。

また、筆者のオススメ本が全て良書とは限りませんが、
新たな分野の本を買う時の参考にさせてもらいました。

そういった意味で満足度はそこそこ高めです。

デルの革命 「ダイレクト」戦略で産業を変える  

2010年07月11日(日) 17時29分
デルの革命 「ダイレクト」戦略で産業を換える
著 マイケル・デル


Dellを起こしたマイケル・デルその人の著書。
出版されたのが2000年ごろなので、技術的な情報は古い部分がありますが、
(CPUやメモリの性能の話とか)
経営本、起業本としてはまだまだ有効だと思います。

前回書いた、セールスフォースの本を書いたマーク・ベニオフが、
マイケル・デルには多大な影響を受けたと書いていたけれど、
事実、やり方としては似た部分を感じます。
と言うか、Dellがダイレクト戦略のベースを作り出したと言うことなんでしょうね。

ただし、本書に書かれている戦略や方針については理解・共感できるけれど、
それが実際に末端まで100%浸透しているかと言われると、疑問を感じることもある。
そこについては、日本と言う土壌がそうさせる部分があるのかもしれないけれど。

まだまだ業界の歴史に疎い私は、Dellの発祥についても全く無知であったので、
そういった勉強本としても有効でした。

ただし、読み物としての読み易さは微妙です。
プロットの組み方が全体のストーリーとかみ合わない印象があるので、
時系列で追いたい私は苦戦を強いられました。

クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語 

2010年07月04日(日) 16時09分
クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語
著 マーク・ベニオフ


クラウド業界を代表する製品、salesforce.comの創始者、マーク・ベニオフの著書。
あくまでセールスフォースの成り立ちに関する本なので、クラウドの説明本ではないです。
また、経営者が執筆してはいますが、所謂経営本のように経営ノウハウをメインとした本でもないです。
マーク・ベニオフが何を思ってセールスフォースを立ち上げ、どのような戦略を練ってマーケットを手に入れたか、と言うことが書かれています。

こういったベンチャーからの成功者が何を考えているのかを知ることは、私にとって非常に良い経験になりました。
自己啓発本やノウハウ本ではありませんが、「何かしたい」という感情を揺さぶられる一冊でした。

20代で伸びる人、沈む人 

2010年07月04日(日) 15時59分
20代で伸びる人、沈む人
著 千田琢哉


地元紀伊国屋の品揃えの悪さに憤慨しつつ、ジャケ買いに近い形で購入。

伸びる人、伸びない人の違いを延々と並べてある。
その数70項目。
個人的には、もう少し根拠が欲しい。
でも、書いてあることのいくつかはすぐにでも実践できることなので、そこそこ役に立つと思う。
大仰な自己啓発本を読んでも何もしなければ意味がないので、行動改革初級本として活用してみます。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法  

2010年06月24日(木) 10時52分
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
著 勝間 和代


噂に名高い勝間さんの本です。
勝間さん好きな人をカツマーと呼ぶらしいですね。

で、本の感想としては、駄目ですね。
なんかもう、色々話のつじつまが合わない。
「良書をたくさん読みなさい。良書安い本にはないので、3000〜5000円程度の本を読みなさい」
⇒この本1500円ですけどね。
「私はこのツールを使って成功したので、同じことをすればあなたも成功します」
⇒これは自己啓発本でもビジネス本でもハウツー本でもなく、自伝ですね。
「テレビは情報収集のツールとしては粗悪なので見ると時間の無駄=お金の無駄です」
⇒こないだテレビ出てましたよね。それを見てくださいってブログで宣伝してましたよね。

対象としてる読者層が良く分からない。
役に立つ話が無いわけでもないが、それは大抵どんな本にも書いてあるレベル。
ブックオフの100円コーナーで買うのが良いのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽてこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-経営本からファンタジーまで
    ・ネットの海を徘徊
読者になる
ぽてろぐ ぶっくす!
気ままに読んだ本を並べるだけの備忘録。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
http://yaplog.jp/potelog-books/index1_0.rdf