33[浄化 1]

June 04 [Thu], 2009, 16:38
車はまた、林を抜け、雪野原に着いた。私達の他にも車が停まっている。
『ここの湧き水はガンも治るって言われてる水なんだ。だからここらへんに住んでる人も皆、ああやって汲みにくる』
調度、若い女の人が、手に大きなボトルを持って岩の隙間から流れる水を酌んでいた。
この湧き水はサクラメントリバーとなる。

インに来た日、「ここの水を飲んでれば、肌も綺麗になるわよ。」と弘美さんが言っていたのを思い出した。
5日も居れば、体内の水分がシャスタの水に入れ換わるから、全部流してくれるわ、とストレスを全面に負った私の顔を見て、そう言った。

『ボトルがあるから酌んでいこう』
彼は泉の中の岩をうまい具合に跳びながら、山肌から湧き出る源水を汲んだ。
『こっちはぬこさんの分。これを飲むといいよ』
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:potaraka
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ