アプロケイリクティス・スケーリィと川越

October 21 [Sat], 2017, 7:58
自分がどのような体質か、どうすれば痩せられるのかを「遺伝子検査」を行い知ることができるのです。以前なら遺伝子検査は医学上のものだったのですが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査をやることができるようになりました。このタイプであると、痩せやすい体質なのですが、その反面リバウンドもしやすいタイプなのです。





このタイプの人だと、糖質の少ない食事を摂ると共に、糖質を燃焼すると思われるビタミンB1をたくさん摂取することで、減量効果が期待できるでしょう。

二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードなど脂質の代謝がうまくできない洋ナシ型という名で呼ばれているタイプで、お腹あたりに皮下脂肪がつきやすく、女性のほうが男性に比べて多めです。



このタイプについて言うと、減量したいと努力してもすぐには痩せないタイプです。

本当はそれは、自分に適したダイエット方法ではないのかもしれません。昔であれば、なぜ減量できないのだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、現在は容易にその要因を調べることが可能なのです。



まず始めに、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せます。

次に、検査キットの中には綿棒が含まれているため、この綿棒を用いてほほ周辺の粘膜を取ります。あとはその粘膜を付着させた綿棒を返送するのみでよいのです。いつも常にあとちょっとだけ体重を減量できたらと思っている人は多いと思います。







ところが、痩せたいと思ってテレビ番組で見たダイエット法に挑戦したけれども痩せない、雑誌で見たやり方を試しても効果が出ない、という方は多いのではないでしょうか。それから、およそ2〜3週間前後で検査の結果が書いてある紙が家に配達されます。検査キット代は各企業毎にいくらかの差はあるものの、だいたい5000円〜6000円くらいです。



肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子は変異しておらず生活習慣が問題のものに区分することができます。一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝が得意ではないリンゴ型という名前のタイプで、内臓の周りに脂肪が付きやすいタイプで、女性よりも男性に多めです。

三つ目は豆類に加えて豆腐などのたんぱく質の摂取が不十分なバナナ型と呼ばれるタイプで、外見は筋肉が少なく、華奢な人が多く、男女比は同じくらいです。

このタイプだと、太りにくい体質なのですが、逆に一回太るとなかなか痩せづらいタイプです。



このタイプの人は、脂質を制限した食事を摂りながら、唐辛子もしくは生姜などのような温熱食材と呼ばれている食材を積極的に摂り体を温めるようにするとダイエット効果が見込めるでしょう。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レン
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる