大丈夫。 

2006年04月04日(火) 19時52分

願うだけ、想うだけ、確実に近付いてるよ。
嘘じゃない。
夢は現実になるんだ。
その心が真剣であればある程。

どんなに小さな一歩でも、それは大事な歩みなんだ。
どんなに小さな願いでも、叶えばそれは大きな力になる。

負けないで。
君は一人じゃないから。
決して独りじゃないから。


                         緋羽

それでいい、それがいい。 

2006年04月02日(日) 16時20分

貴方に特別な人ができても
私が貴方を好きでいるのは勝手でしょう?

貴方の隣にいるのが私じゃなくても
こっそり見つめるくらいは許されるでしょう?


貴方の視線が私を捉えることはなくても
それでいいって思えるの。



それがいいって思えるくらい貴方を好きなのは
私だけ。


自惚れだってのも、分かってる。



                 緋羽

------------------------------------

ひっそりと悲恋な5題
『それでいい、それがいい。』

配布元→→→【溺愛ロジック】

どうせ嘘を吐くなら誰かのために。 

2006年04月01日(土) 20時16分

ごめんね。
もう好きじゃないの。
もう愛してないの。
だからごめんね。
別れてちょうだい。

それは私から貴方への最後の言葉。
これっきりだと告げる、別れの言葉。


嘘だよ。
大好きだよ。
今でも愛してる。
でもごめんね。
別れてちょうだい。

これは私が口にしない心の言葉。
ずっと変わらない、想いの言葉。


貴方の瞳に映るのが私じゃなくなって、
貴方の眼差しを受け止めるのが私じゃなくなって、
もう手遅れだった。

だから最後は私に言わせて。
私から終わらせて。
精一杯の嘘を、貴方のために吐かせて下さい。


                    緋羽

------------------------------------

ひっそりと悲恋な5題
『それでいい、それがいい。』

配布元→→→【溺愛ロジック】

真っ直ぐ目を見て嘘を吐け。 

2006年03月31日(金) 7時07分

そんなことないよ。
そんなワケないじゃん。

友達にそう言うように
貴方にも同じように 嘘を吐きます。

少しでもこの想いを吐き出したら
止められなくなってしまうから。


              緋羽

------------------------------

ひっそりと悲恋な5題
『真っ直ぐ目を見て嘘を吐け。』

配布元→→→【溺愛ロジック】

心を殺しても、想いは生かそう。 

2006年03月30日(木) 15時38分

だって、そうしなければ私は貴方の傍にいることさえ

許されない。


だから、貴方の傍に居る為なら私は

この心に蓋をできる。



誰にも打ち明けないから

せめて、せめて貴方を想い続けることだけは

許して下さい。


                  緋羽

-----------------------------------------

ひっそりと悲恋な5題
『心を殺しても、想いは生かそう。』

配布元→→→【溺愛ロジック】

さくら 

2006年03月29日(水) 11時42分

貴方に初めて会ったのは春だった。
桜が舞う、始まりの季節。
あたしにとってもそれは始まり。
貴方に出会えたことで
今のあたしが始まったんだ。


貴方との別れは春だった。
桜が色付く、別れの季節。
貴方は最後まで優しかった。
それが余計に苦しめるって分かってる?


いつも思い出すのは桜色。


ねぇ、あたし貴方が大好きだったよ。



             緋羽。

キラキラ 

2006年03月28日(火) 20時32分

キラキラ輝く 君の瞳
僕は映ってる?

君が描く夢の中
僕はまだ映ってる?


君はいつもキラキラしてて
僕はいつも
取り残される

いつまでも一緒にいられたらいいのに。


--------------------緋羽-----

in my dream 

2006年03月27日(月) 23時19分

夢の中では貴方に会える

それが余計に

ここに貴方がいないことを実感させる

目覚めた私は独りだから



                緋羽。

貴方と私の距離。 

2006年03月26日(日) 22時54分

貴方と私は遠過ぎて、触れることさえ叶わない。

目の前にいるのに、声が聞こえるのに
笑いかけているのは私じゃない誰か。
誰でもない、その他大勢。

こんな思いをすると分かっていたら
好きになんてなりたくなかった。
出逢わなければよかった。

けれどきっと、貴方に出逢えた喜びは
他の何にも代えられない。

これからも私は貴方を見ると胸が熱くなって
貴方の声を聞くと癒されて
貴方を想って泣くのでしょう。

-----------------------------緋羽----
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:possibille
読者になる
Yapme!一覧
読者になる