ふと。 

2006年05月05日(金) 18時28分
ふと半年ぶりに書いてみる日記。
ふと半年ぶりに読んでみる過去の日記。

こんな何も続けられない飽きっぽい私だけど、
実は中学の頃から彼此7年間毎日欠かさず日記をつけている。
・・・1週間以上溜めちゃって、思い出してまとめて書くコトも多々あるけれど

人は常に変わっていく。
状況も環境も仕事も、
そしてなにより価値観や考え方も、どんどん変わっていく。

過去の産物を読んでみると、
自分の辿ってきた道のりがよく分かる。
今では有り得ないような考えと遭遇する。
でも決してそれらが、『劣ってる』とは思わない。
常に前進していると思いたいケド、
人生同じ場所で足踏みしてたり、
時には後ろ向きに歩いてるコトだってある。
その足踏みさえ止めなければ、
どんな方向に進んだって間違いなんて一つもないけれど。


私の辿ってきた道。
今の私を作り出した過去。
時に愛しくて、時に憎くもある。
全てを愛するコトはまだ出来ない。
でもせめて全てをAppreciateしたいんだ。


あなたのしたいように。



なってー


 

2005年10月16日(日) 16時09分
風がとっても冷たいです。
コーヒーがとってもあたたかくてホッとします
クッキーが甘くて思わずニッコリしてしまい・・・

秋は・・・あたたかかった春、夏から、突然寒くなって、冬の気配が近づいてきて・・・
なんだかもの寂しいけれど、とってもキレイな季節です。
空気は一年のどの四季よりも澄んでいて、
空は高く、風もキレイで。
人々をこんな情緒溢れる気持ちで満たすから、
芸術の秋とは言ったものです。
全てのモノがいつもより鮮やかに、キレイに、際立って見せます。

私は・・・
冷たい風が、全てのモヤモヤを持ち去ってしまうから、
様々な風景や音楽が、いつもよりスッと身に染み渡ってきます。

こんな日は・・・
あたたかいご飯を食べて、
あたたかいお布団で眠りたい。

そんなささやかな願い。

なってー

再すたーと。 

2005年08月30日(火) 4時00分
さてはて、楽しかった夏も過ぎ、
新しい学期が始まりました。
TXは、相変わらずまだまだ暑い日が続いていますが、
寒かった冬から、だんだん暖かくなって春、そして夏へと移り行く季節は、最高に気持ちが良いのですが、
暑くて活気あふれる夏から、だんだん涼しくなって秋、そして冬へと移っていく季節は、なんだかもの寂しいものです▽

でも学校へ戻ってみると、見慣れた顔触れがそろっていたり、
みんな楽しかった夏の話で盛り上がっていたりで、
今学期もまた彼らと忙しく、でも楽しくやっていこうかなァ♪
っという気持ちになったりもします。

何にしろ、今まで人が少なかったキャンパスが、
たくさんの人で賑わっていると、なんだかウキウキします☆☆

また今学期も、全く新しく、そしてイロンナ発見のある学期になるコトを願って・・・♪
なってー

?! 

2005年08月26日(金) 7時36分
気がついたら・・・
一ヶ月以上更新を怠っていました。
こんな怠惰な私で申し訳ない。。

なんのことない。
夏を満喫してました(笑)
そうこう言ううちに、8月も終わりそうです。

すっかり秋です

毎年、夏にはそれぞれのカラーがあります。
去年の夏はこんな色。
一昨年の夏はこんな色。。

今年の夏は、まさに輝かしいレインボー

イロンナ新しい、ステキな出会いがあり、
それぞれの人と、短いけれど、とっても濃いひと時を共にし、
そしてこの夏は、私をまた一歩、大きく変えた気がします。

それは、“前進”とは少し違うけれど、
大きな寄り道。
何か新しい世界を見たような、ワクワクした気持ち

夏が終わっても、この上昇気分のまま過ごしていけたらな
なってー

コメントより2♪ 

2005年07月18日(月) 0時26分
前の記事からの続きです
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

特に最後の文章、全く共感です
私は常々、人は皆違うモノ、全然違うからステキなんだって考えています。
でも世の中にはいっぱい、『皆と同じ』をbaseとしている人がたくさんいます。
物事の捉え方だけじゃなく、考え方や好みまで。。
小さなコトで言うと、流行。
流行っているからイイ&皆する。流行遅れだから悪い&皆しない。誰が決めたんでしょう?
or周りが好きそうなコトは、自分も好きにならなきゃいけないんですか?
いいじゃないですか、自分が好きならそれで
“周りに『ヘンな子』って思われたらイヤだから・・・”
いいじゃないですか、思いっきり自分の意見言ってしまえば
周りの人達のいいように生きているワケじゃないんだから。。

ただ、一つ吐き違えたくないのは、“違っていればいい”、“周りに逆らえばいい”、そういうコトじゃないんです、言いたいのは。
自分を主張しながらも、それでもモラルは守っていかなきゃいけないと思うんです。
両方ってナカナカ難しいけれど・・・

私は誰でしょう
あなたは誰でしょう

コメントより♪ 

2005年07月18日(月) 0時02分
昨日の記事に、あるコメントをいただきました
どういうワケか、ブログ上で見ることが出来ないのですが、とってもイイコトが書いてあったので、ここに載せさせて頂きますm( _ _ )m
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私は、色でも何でも一人一人まったく違うとらえ方をしていると思いますよ。同じ青を見ても同じ色に見えるわけないじゃないですか
見る人によってその印象はさまざまで、それは対人関係にも似ていますね。
なってーさんは誰が見てもなってーさんであるのは確かだけれど、見る人によってはそれぞれのなってーさんが別人なのと同じです。
そして、人が物事をどう捉えるかはその人と時間を過ごしているうちになんとなく分かってくるんだと思います。
結局はなってーさんの言うように、同じ時間を過ごす事が、いろんな感情を分かち合う事につながるんですが、時にはさまざまな期待が悲しい気持ちにつながる事もあります。”なんで分からないの?”ってね。
結局は一人一人の考えやその人の人間性などを尊重していれば、その色々なとらえ方が素敵なものに思えてきます。
そういう一人一人のとらえ方の違いって素敵な事なのに、それが分からず悲しい気持ちになる人も少なくないな〜と思う今日この頃です。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いろいろ。o。o 

2005年07月17日(日) 16時28分
毎度のコトですが、更新怠っていてゴメンナサイ

いろ。


たまにふと考えるんです。
私が見ているモノ、見えている色は、周りの人にとっても同じ様に見えるのかな?って。
当たり前じゃん。。。・・そう言われるかもしれないケド▽

お空の色は青。
夕焼けの色は赤。
雲の色は白。
皆“言葉”ではそう言うけれど、じゃあ青ってどんな色?赤ってどんな色?
私の思ってる青と、あなたが思っている青は、本当に同じ??

気持ちも一緒。
“楽しい”って、どんな気持ち?
“悲しい”ってどんな気持ち?

人が見たり思ったりするコトを、多くの人にとって共通のただの“言葉”というシンボルで表す&伝えるって、簡単で、便利で、そしてとても難しいコト。

一番イイ方法は何?って聞かれたら・・・
一緒に同じ空間、時間を味わうコトかな?!
一緒に同じ場所で、同じ時を過ごしたら、少しは似たような気持ちが味わえるかなって思います。

Be togehter
なってー

かほり♪ 

2005年07月02日(土) 0時41分
以前から私は『空気』について何度か触れてきました。
いつも空気が私に、人々に、様々なコト、場所、人や過去を思い起こさせるというコト。
でも最近気がついたのは、一言に『空気』と言っても、音や景色、感じる温度etcそれを作る要素がイロイロありますが、中でも『匂い』ってとっても大きいと思うんです。

私・・・
匂いフェチなんです

実は昨日とある友達の匂いを嗅いでから、それがもう離れないんです
以前からとってもいい匂いだなァと思っていて、昨日思い切って聞いてみました。
ある、英国産の厳選された薔薇だけを使って出来た香水の匂いだそうです

人の匂いってイロイロあります。
香水、シャンプー、体臭、それから家の匂い・・・それらのブレンド
不思議なもので、その人と一緒に過ごす時間、知らず知らずのうちにその人の匂いを嗅いでいて、そして過ごす時間が多ければ多いほど、その匂いを身体が覚えてしまうんですね。
だから、ふとしたトコロで似たような匂いを嗅いだとき、自然とその人を思い出してしまうんです。
そして(困ったコトに?)ある人と長い間離れていて、久々に再開したとき、何よりもその人の匂いを近くに感じる時、無償にほっとしてしまうんです

私は生まれて二十年、『無臭ポリシー』を保ってきましたが、最近は時々香水を使うようになりました。
自分が相手を認識するように、自分も相手にそう認識して欲しいから。。
でもきっと香水なんか使わなくても、ちゃんとその人の匂いってそこにあるんだろうなァ。

あ、丁度お外から雨の匂い
なってー


つづきのつづきのきのきの♪♪ 

2005年07月01日(金) 0時27分
つづきのきのです
二つ前の記事まで御後退願います

そんなコトをずっと考えていてもキリがないので、私がいつも、とりあえず、行き着く答えは、この環境を与えられたコトに感謝の気持ちを忘れずに、いつも一分一秒を大切にし、一生懸命生きていこうと。それが自分に出来る最小で最大のコトかな、きっと。。
こんな遠いトコロから『世界平和祈願』なんて無責任なコトは言えない、言いたくない。
でもなるべく、せめて周りの人たちに対して、優しく接したいなと。

そしてもう一つ。
この瞬間に亡くなる人もいれば、生まれてくる子供もいるんです
彼らがコレカラ一体どんな人生を送るか分かりませんが、それぞれに誰とも同じになることなどなく、全く未知の人生があるのでしょう

Dear My Friend キムラちゃん
Happy Birthday
今日は、丁度21年前にあなたが生まれてきた日ですね
キムは常に何か新しいコト、わくわくするようなコトをしていて、いつでもキラキラしてます
私はそんなキムラちゃんに憧れ、とってもいい刺激になっているんですよォ
コレカラもずっと、おばあちゃんになるまでずっっと、そんなワンパクキムでいてほしいなァ
またイロンナお話聞けるの、楽しみにしてます
always love you
なってー

本日の一人旅をお楽しみください
http://yaplog.jp/charming-point

つづきカナ??? 

2005年07月01日(金) 0時05分
前の記事からの続きです
先週末からなぜか、イロンナ戦争映画を見てました。
中でも黒澤監督の『乱』、それからJude Law主演の『Enemy at the Gate』。
時代も国も全然違う映画だったケド、それらを見た後ずっと考えていた事。
もしも私が彼らだったら、あんな風に自国の為だけに命をかけて、潔く戦えるだろうか?

もちろん時代が違うからというのがあるのかもしれない。環境が違うからというのもあるかもしれない。今の私達はかつての日本や、現在のいくつかの国々のように、御国の為に、天皇様(or皇帝etc)の為にという教育がされていません。だからきっとそんな考えすら頭の中にないんだと思います。でももし小さい頃から常にそういうコトを言いつけられて育ってきたら、あるいは。。。
分かりません▽

毎回戦争映画を見た後に、思いたくないのにどうしても思ってしまうコトがあります。それは、今の時代のこの環境に生まれてこれてヨカッタなァというコト。
『思いたくないのに』と言うのは、忘れてしまいがちだけど、今、この瞬間も、この地球上ではいろんなところで紛争が起こっていて、たくさんの人々が亡くなっている事実があるから。
更に続く


2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ソフィー
» ふと。 (2006年05月17日)
アイコン画像Natty
»  (2006年05月05日)
アイコン画像匿名
»  (2006年03月11日)
アイコン画像るりこ
» 再すたーと。 (2005年09月03日)
アイコン画像Natty
» ?! (2005年08月30日)
アイコン画像MaikO
» ?! (2005年08月29日)
アイコン画像Natty
» コメントより2♪ (2005年07月21日)
アイコン画像GO
» コメントより2♪ (2005年07月20日)
アイコン画像Natty
» いろいろ。o。o (2005年07月18日)
アイコン画像Bach
» いろいろ。o。o (2005年07月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:posinatty
読者になる
Yapme!一覧
読者になる