古代コンクリートと飯能生コン工業 

January 27 [Fri], 2012, 13:54
こんにちは
今日も飯能生コン工業を話していきましょうか
本日の飯能生コン工業については古代コンクリートと飯能生コン工業なので、古代コンクリートと飯能生コン工業のことを説明していきたいと思います

古代コンクリート(こだいコンクリート)またはローマン・コンクリート(英:Roman concrete)とは、ローマ帝国の時代に使用された建築材料であり、セメントおよびポッツオーリ(イタリア・ナポリの北にある町)の塵と呼ばれる火山灰を主成分とした。現代コンクリートの倍以上の強度があったとされる。ローマのコロッセオには古代コンクリートも使用されており、現在も存在しているのはそのためとされる。

現代のポルトランドセメントはアルカリ性でだんだん中性になって崩壊するが、古代コンクリートは炭酸化していくので強度が数千年も持続している。結合構造も古代セメントはジオポリマー(Geoplymers)と呼ばれるものである。

また、現代のセメント建築物は鉄筋コンクリートとしないと強度が保てないが、古代コンクリートはその必要がないといった根本的な違いがある。

ローマ帝国滅亡後は使用された痕跡がないとされる。

近年、古代コンクリートは徐々に見直されつつあり、日本でも鹿児島大学の武若耕司がシラスの有効活用のために研究をしている[1]。

強度が強く、強度発生までの時間が短いため、軍事面での応用や研究も行われている。

飯能生コン工業などを含めコンクリートの技術見直しが研究されているみたいです

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パル
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる