ルイビトンwww.m8107.com

February 24 [Tue], 2015, 17:02
           ルイビトンの財布はヨーロッパと日本とでは値段が異なりますか

 

1854年,ルイ・ビトン(1821年―1892年)がパリに開店した旅行用トランク製造・販売店。画期的な改良のトランクにより1889年の万博で金賞受賞。現在も使われる花のモチーフにイニシャルのLとVを組み合わせたモノグラムは,息子ジョルジュのデザイン。

ルイビトンの財布の値段を出しますので比べてください。

免税書類を作れば支払額から免税金額がもどってきます。12%ぐらいです。

日本より25%から30%ぐらい安いと思っていいでしょう。

パリの場合/

ポルトフォイユ サラ

*「395ユーロ」

ここから免税で12%が後から返金されます。免税書類は店で作ってくれます。パスポートが必要です。

今日のユーロ=105円です。=約4万1千円です。マイナス12%です。

ルイビトンは空港には免税店がないので、町の店で買ってください。

「デパートで買うのがいいでしょう。他のものも全部まとめて日本人の係の方が免税書類を作ってくれますので。細かいものも全部免税になります。要するに1個では免税額に達しなくても全部まとめれば免税額に達し、免税になるということです。ヨーロッパでもイギリスはポンド建てでフランスより少し高めです。イタリアも3%から5%ぐらい高めです。

*フランスが一番安いです。

日本の正規価格。

*ポルトフォイユ サラ

「58800円。」

アメリカの場合/

*「正規の販売店での定価」とします。

ハワイの方が安いです。

(しかし、並行輸入業者のオンライン価格が安いこともありますので、絶対に安いとは言い切れません。)

アメリカブランド、コーチなどはハワイの方が安いです。

ここで質問されているのはヨーロッパブランドでしょうか?

ヨーロッパブランドも日本よりアメリカの方が安いです。

ルイビトンで見ると、

同じ財布の値段を出します。

ポルトフォイユ サラ 58800円

アメリカの値段(ハワイ)

620ドル=1ドル78円で48360円+ハワイ州税4.712%です。