光藻

August 28 [Sun], 2016, 23:36


夏休み話の続きです。

襖絵の一部のようなこちらの写真、光藻(ヒカリモ)です

天然記念物となっている珍しい光藻。実家の天水桶で急に発生し、研究員の方に確かめてもらった所、光藻だと確認できたとの事。

5月から10月にかけて金粉をまき散らしたように水面が輝く藻です。なかなか見つからない物なので、以前にも父が外で見つけた時に新聞に載りました。それが自宅に生息し始めるなんて

残念ですが、天水桶なので先日の台風で流されてしまったとの事。儚いヒカリモがまた良いですね。なので写真はビデオ撮影した物をカメラ撮影したものです。

でもヒカリ藻パワーか、金曜日には父が撮影した滝の映像がNHKで採用され、今日は高校生の甥っ子が24時間テレビの人文字制作のイベントでロッジとコナンと一緒に放映されるという出来事が!たった3日間の間に親族でテレビづいております

夏休み

August 26 [Fri], 2016, 16:53


かき氷マウンテン

今週と来週の台風で家族の夏休みは、たった1.5日ぐらいに集約されてしまいました。



水族館のエトピリカ。水深10メートルほどを自由に泳ぐ鳥。空のように水中を泳ぐのでビックリ!

続きはまた後日

国立科学博物館

August 22 [Mon], 2016, 8:30


昨日は息子の宿題のため、上野の国立科学博物館へ

上野の東京展、清洲会議展でお世話になりました。上野ほど美術館やホールなど文化施設が集合している所ってないですよね。その横がアメ横なのも不思議な魅力を発している町です。



巨大な恐竜たちが井戸端会議中



宇宙の誕生から星の終わりまで。こんなに過去と未来を把握しようとしているのは今の所、人間ぐらいですよね。改めて凄いなと思いました。何か悩み事があったら博物館に浸っているとリセットされそうですよ。

話は変わりますが、土曜日の24時間テレビでは18時30分:オープニングの後・世界最大級!愛の飛び出す絵本が制作されるそうですよ!素材はどうしているのかな?とか気になります。要チェックです。

偶然の一致

August 20 [Sat], 2016, 19:36


こちらは昨朝、栃木へ旅行中の父から送られてきた写真です。泊まったホテルにブログに出ていた野球発祥の地と同じ彫刻家の銅像があったよ!という事でお知らせしてくれました 銅像写真は家族も写っているので、こちらの紹介文をアップします。

松田光治さん、学士会館のHPに野球発祥の地の作者には触れている欄もなく私は認識していなかったのですが、それにしも父も良く気が付いたし、偶然1週間後に親子で同じ作者の像に遭遇するとは奇遇ですよね

奇遇と言えば、私の娘が通う短大へ入学前に両親と見学に行った時の事。この校歌の作曲家は、娘が通っていた中学校の作曲家と同じでは?と父に言われてそれぞれの学校のHPで調べたら確かに一緒でビックリ。

さすが、校長先生だっただけあって見るところと記憶力が違うわ、と娘と感心した事がありました。それを思い出して今、作曲家、平井康三郎さんで何となく検索してみると、そもそも父が卒業した大学の校歌も平井康三郎さんでした。それには父も気が付いていなかったようです。

平井康三郎さんは校歌専門の作曲家というわけではなく、全国の小学校〜大学の中、約34校のみ。

なので祖父と孫と同じ校歌の作曲家繋がりなんて珍しいですが、考えてみれば、娘は母と姉と同じ短大に通っているので、夫婦と、姉、さらに孫は2校にまたがって、親子三代、同じ作曲家の歌を歌っているんだなと2度の驚き

言霊というか音霊でしょうか。隠された縁ってあるものですね!


お神輿

August 15 [Mon], 2016, 23:34


今日はオーダーしていた紙を取りに再び竹尾さんへ。いつものように学士会館へ立ち寄ったところ、メンテナンス休業でお休み

こちらの写真は前記事でご紹介した野球発祥の地のモニュメント。今日は撮影してきました。想像を超える像ですよね!ボールが飛んできそうです。



諦めて隣のビルを眺めていたら、会社の受付だろうと思っていた所がカフェな事に気がつきました。
それも明治8年に作られた神田錦町のお神輿が展示されています。



お神輿を眺めながらお茶するなんて、初めてです。学士会館はお休みで残念でしたが、新たな発見でした

学士会館

August 13 [Sat], 2016, 23:55


紙の竹尾さんへ行く時は必ず立ち寄る学士会館。昭和3年に建てられた旧館の扉の写真です。引くの文字のデザインも外枠の角のないふんわりとしたラインもでいいですよね。



敷地には道路に面して東京大学発祥の地、野球発祥の地のモニュメントもあります。

野球については、アメリカから来日したホーレス・ウィルソン氏が明治5年から6年間、この地で授業のかたわら生徒達に野球を教え、これによって日本全国に野球が広まったとの事。



さらには昨日初めて気がついたのですが、同志社大学、創設者新島襄先生の生誕の地のモニュメントも。神田錦町出身の偉大な先覚者を偲び建立されたそうです。

私の姉の甥っ子も現在、同志社大生、祖母は神田の出身なので、ここで気がついたのも何かのご縁!?

と思いながら読んだ説明書きには
「海外事情研究を志して函館より密かに脱国した事や、日本の隆盛をはかるためには、単に法律、政治、経済の改革のみによって達せられるものではなく、人民の一人一人知識あり品位あり自ら立ち、自ら治めうるものであり・・・」
などなど、大学の設立に至る物語に大河ドラマを見たような感動を覚えました。

学士会館はドラマ、半沢直樹、龍馬伝のロケ地にもなっていますが、どちらもヒット作品。学士会館は何か壮大なパワースポット?なのかもしれません

アボガドリレー

August 11 [Thu], 2016, 17:10


バナナとアボガドを一緒に袋に入れておくと、バナナが発生するエチレンガスでアボガドの追熟が早くなるそうな。という事で一昨日から袋に一緒にしておきました。

そして昨日の仕事の打ち合わせでは野菜アイスをご馳走にアボガドワサビアイスを頂きました美味しかったです!さらに偶然、差し入れしてくださった方は私と同じ地域にお住いの方と知りびっくり。

さらに今日、個展も見に来てくださったお友達が誕生日という事でその方のネットページを開けた所、トップにアボガドかき氷を召し上がった写真が。それも気が付けば私の姉の誕生日と一緒という偶然

アボガドのご縁。アボガドのお告げです。健康のためにもこまめに頂きたいと思います

京都のお土産品

August 10 [Wed], 2016, 12:52


以前にもご紹介しました絵馬のポップアップカード。ここの所は組み立て作業に集中して80枚完了しました。今回は納期があってのお仕事ではないので、去年からコツコツとマイペースに自分での作業です。

京都は西陣に住んでいた時、お土産物や着物の美しさに憧れていて、いつか京都のお土産の品を作ってみたいと思っていたので和のカードを作ってみた次第です。JANコードなる物も習得してシールを発注したり。



京都のお土産屋さん、販売してくださる店舗も募集中です
ご連絡はこちらサイトまで宜しくお願い致します。

いづれ日本全国都道府県版で各地の絵馬の制作進出を目論んでおります



こちらはオールマイティーな場所向けに。日本の良さを生かしたカードや絵本作り、こちらだけに留まらずに進めて行こうと思っております

出会い

August 08 [Mon], 2016, 22:45


昨日は住宅街でピカチューとの出会い。背後の光もピカチュウのしっぽみたいな形で撮れました

商店街や人通りの激しいところで遊ぶのは、危ないのと迷惑になると思いましたが、車の通りのない住宅街や公園で遊ぶのはありかな?と思います。

私はバトルには興味がないのでピカチューとの出会いがゴール感に



近くのたこ焼き屋さんの入り口にはジャイアンにゲットされたピカチューも。娘はジャイアンに調子に乗ってるんじゃねえ!って絞められている所に見えて可哀想との事 なるほどですね。

手書き

August 05 [Fri], 2016, 22:46


美空ひばりの切手に、野茂英雄投手のハガキ

昨日、諸々の整理をしていたのですが、家族や友達からもらった手紙やハガキ、写真やネガなどについつい見入ってしまいました。頂いた手紙や年賀状は保存する方なのですが、そろそろ処分しようかなと思いつつ、結局は捨てずにとっておく事に。

メールの時代、もはや手書きの手紙は増えていく事もないので貴重だと思い返しました。メールは着信行の遠く彼方を読み返すなんて事はしないですし、写真も撮る回数は増えたけど手元にプリントして残す事は減りましたよね。年賀状も年々減る一方です。

自分は相手にどんな内容の事を書いたか、送信履歴のように確かめる術はありませんが、頂いた手紙やハガキはすっかり忘れていた感覚を思い出させてくれました。



会社帰りに通っていたインテリアコーディネーターの学校。図面の練習スケッチも出てきました。これは処分しましたが記念に撮影を 今の仕事に繋がっているかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紙成鳴美 Narumi Kaminari
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/popup123/index1_0.rdf