ステップ1スピードに>>とは?

October 11 [Thu], 2012, 2:04
"わずか二秒、頁数に換算すると、一秒で約百頁、というような猛スピードであるから、理解できるはずがない。
もし半分でも理解できたら、これは奇跡である。
頁あたりの文字数にもよるが、もしもこれで内容が理解できたとすると、一万倍ないし二万倍という速読スピードになる。
速読法を学べば、最終的には誰でもこのスピードで理解できるところまで上達するか、というと、素質と年齢に大きく左右される。
三十歳を過ぎてから速読法を学び始める人は、まず九十九パーセント不可能だ、と最初から諦めていただいたほうが良い。
今から中央アジアの高原に行って生活をしても、視力が五・○には、まず絶対ならないだろう、というのに似ている。
が、そうガッカリすることもない。
一万倍、二万倍という「超」の字がつく速読倍率は、一種の速読マニアの世界の話で、我々の実生活においては、十倍から二十倍程度の速読倍率が得られれば、充分に実用的である。

近視は病気対策を始めるサインA
視力が落ちても「メガネをすればいいや、コンタクトをすればいいや」と安易に考え、放置しておくことによって視力はどんどん落ちていってしまいます。
なかにはメガネをかけても視力がでない人もいます。そういう人の目は、網膜の解像力(像をはっきり見る力)が落ちてしまっているのです。
強度近視は普通の視力を持つ人に比べ、目の代謝機能が低下しています。それは白内障になる可能性が高いということを意味します。近視の放置の代償はとても高く、とても恐ろしいものだ、ということをご理解ください。
網膜剥離も、白内障も緑内障も予防的な対策をして、視力低下を防止することが大切です。
私は、近視になったとき、できるだけ早く対策を始めるべきだと考えます。近視は、失明への第一歩です。予防的対策を始めるサインだと考えてください。" 視力回復メガネが大切
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:popu9j
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/popu9j/index1_0.rdf