右脳を使うと視力アッ::続きは

October 11 [Thu], 2012, 3:02
"では、いったいどうすれば、この大矛盾の罠から逃れることができるのか?
これに対する回答が速読法で、ストレスを軽減しながら勉強や仕事の能率を上げる、という一石二鳥の芸当が可能になるのである。
その科学的な根拠について簡略に述べてみよう。
勉強で何かを理解し覚えよう、とか、事務的な仕事、コンピュータ作業などをやろうとした時には、人間は大脳全体を平均して使うのではなく、左脳だけに偏って使う、という傾向が極めて強くなる。
局部的に使っている上に、ストレスが作用して、血管を細く収縮させるから、脳細胞の酸欠状態は、相乗効果で加速されることになる。
脳の血管の状態を調べるために眼底検査をすることでもわかるように、目というのは、脳細胞の出先機関のような存在であるから、必然的に脳細胞の酸欠状態はすべての眼機能に悪影響を及ぼす。
ところが、速読法は右脳をフル活用する。

近視は病気対策を始めるサインA
視力が落ちても「メガネをすればいいや、コンタクトをすればいいや」と安易に考え、放置しておくことによって視力はどんどん落ちていってしまいます。
なかにはメガネをかけても視力がでない人もいます。そういう人の目は、網膜の解像力(像をはっきり見る力)が落ちてしまっているのです。
強度近視は普通の視力を持つ人に比べ、目の代謝機能が低下しています。それは白内障になる可能性が高いということを意味します。近視の放置の代償はとても高く、とても恐ろしいものだ、ということをご理解ください。
網膜剥離も、白内障も緑内障も予防的な対策をして、視力低下を防止することが大切です。
私は、近視になったとき、できるだけ早く対策を始めるべきだと考えます。近視は、失明への第一歩です。予防的対策を始めるサインだと考えてください。" 視力回復コンタクトレンズを探せ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poppu8j
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/poppu8j/index1_0.rdf