ロウになる。 

2005年04月26日(火) 12時53分
あの景色が、光景が目に焼きついて離れない。

もしかしたらあの途方に暮れる人々の中に自分がいたかもしれないと。
小さな甥姪を残して、兄貴が冷たくなっていたのかもしれないと。
そして実際にそういう状況に陥った人がいるのだと思うと。

なんかやりきれない。

なんでこんなことが起きるんだろう?

欝がやってくる。
明と暗をぐらぐら漂う。
吐き気がする。
煙草を吸う。

涙が出てきた。

何のための涙か分からない。

春待ち。 

2005年02月27日(日) 13時25分
いやな夢を見た。気がする。
なんということのない日常の中で、
少しだけネジが緩んで、
少しずつ歯車が乱れて、
徐々に狂ってゆく夢。

なんということのない日常で、
どちらが現実でどちらが夢かわからない。
夕べ叫んだ悲鳴は、夢か、はたまた現実?

試しに声を出そうとしてみた。
やけついた喉の奥でひゅうとなる風。
喉を切り裂いてみたら、声が出るようになるのかなあ。

怖くなって走り出す。
行くアテもないのに。
僕はここから逃げられやしない。
分かっているけど、ただ走り出した。
飛び乗った自転車でどこまでも走り抜けれたらいいのにな。
途中が息が切れて途方に暮れて、もと来た道を帰る虚しさ。

ごめんね、君との約束は守れそうに無いよ。
今も君は僕のために。
馬鹿だなって笑ってくれるのかな。
頬をぶって叱ってくれるのかな。

もう二度と会えなくなったのは。
誰でもない僕のせい。

春は来るのかな。
もしくはもう来ないのかな。
どっちでもいいや、もう。

耳鳴りが止まない。

いつか見た優しい笑顔は。
いつか頬を撫でた和やかな風は。
いつか感じた暖かな陽射は。
もう僕に降り注ぐことはないのかなあ。

そう言いながら、
いつだって誰かが手を差し伸べてくれるのを待っているだけ。
卑怯者。偽善者。
偉そうに人に言ってみても。
結局のところ、それは全部僕のこと。

ビールと目眩と白い夢。 

2005年02月19日(土) 20時18分
ここ何日か頭痛が止まない。

時折訪れる吐き気と立ち眩みに、諦めにも似た溜め息を吐きながら、ただ時間がすぎていくことを願い、ぼんやりすごす。

以前は酒を飲むと夢見が悪かったが最近素面で眠ると奇妙な夢を見る。
日常に巣食う非日常の蜃気楼。

ありふれた日々を渇望する肉体と平凡を嫌う凡庸な精神。

自己矛盾。

昼過ぎからそんな倦怠感に追われつつ。

今週末は催事が2会場あるため、午前は大阪城近くの会場に。
午後からはここ最近通う百貨店の売場に。
ただでさえロウな気分なのに、昼に食べた煮込みハンバーグの不味さに更に落ち込む。
煮込みハンバーグのはずが煮込まれてない。

百貨店の売り場は相変わらず空気が悪くて目眩を起こしそうになる。
たぶん酸素も薄い。
と、そこに名古屋に住むスタッフからメールが。
敬愛するバンドの解散を告げられる。
別の知り合いからしばらく活動休止という話しか聞いていなかったため、動揺。
携帯サイトから確認すると、事実だった。
ちょうど立ち眩みがしていたので、休憩に出る。

煙草を吸っていたら、猛烈な吐き気を催して、トイレで吐く。
ある意味ホントに煮込みハンバーグ。

涙は出なかった。
身近なバンドの解散は実は私は初めてで、どうしたらいいのか分からなかった。
と言っても、事後報告。

もうどうしようもない。

やりきれない気分のまま売場で接客してたら。
すみ〜ちゃんが来る。
昨日来るとは言ってたけど、本気だと思ってなかったから、マジで驚く。
奇声を上げた。

かなり落ち込んでたので、話す相手がいてくれたことが何より嬉しかった。
チロルありがとう。
あと、かのおじさんがまた売場に来てた。
しょーもない会話をした。
ちょっとウキウキした。
惚れた腫れた云々は別にして、そう思える対象がいることは、何気に楽しい。

傘を忘れた。
ずぶ濡れで帰る。
悲しかったはずが、あんまりしょげてない自分に驚く。

帰ってテレビ見ながら、ビールを飲む。
少し酔う。

前へ進まなきゃ。

さようなら。 

2005年02月19日(土) 16時26分
永遠の終止符。

こんな形でさよならするなんて思ってもみなかったよ。

もう二度とあなたたちの音に会えることがないんだね。

そう思うと、悲しい。

さよならなんて信じたくないよ。

○○さんて□□だよね〜。 

2005年02月17日(木) 19時16分
今日一日で三回くらい言われました。

昨日もなんやかやと言われたけど。

突如頭撫でられたりね。
すごく温かいまなざしでほほ笑まれたりね。

「○○さんて動きが面白いよね」

え、キョドッてるつうことですか?

「○○さんてありえないリアクションするよね」

アライグマとかレッサーパンダみたいと言われたことはありますがw

「○○さんてちょっとマニアックな漫画の主人公にいそうなタイプだよね」

ノーマルじゃないの、ねえ?
どんな漫画だよ!
自分でも想像つくから、イ・ヤ(汗)

あ、でもすごい意外なご意見も。
「○○さんの髪型可愛いですね〜。」

え!?

は ぢ め て 言 わ れ ま し た 。

しかも最近自分で切ってますけどv

大層驚かれました。

ここ二年くらい人に髪切ってもらったことないです。
(まがりまくってますが25歳)

ちなみにカットはダイソーのシャギー用のカミソリ一本のみ。
すき鋏も買ったけど、今だ使い方のこつが分かりませぬ。


さらに。
実は昨日売り場にあった工作鋏で、前髪切ってたんですがv

仕事中にそんなことしてたなんて言えませんけども。

ぬははははは。

目が回るほど忙しいなんていう奴ほどうさんくさい。 

2005年02月15日(火) 1時01分
ほんまに目が回ってたら「ああ忙しい」なんて、言う暇あるか!ボケー!

毎日日記書いてるからって暇人ちゃうわー!!

携帯からしかネットする暇ないんじゃー!!(キレ気味)

ボダフォン、ページの容量小さすぎ。
見られへんページ多過ぎやねん。
書かなきゃいけない原稿はいっぱいあるし、イベント企画もしなきゃ。
ホームページの更新もしたいし、写真の整理もしたいよう。

なんかゆっくり腰を据えて取り組む暇がない。
ゆっくり音楽を聴く暇がない。


今日すごい腹が立つことがあった。
やっぱり大変だし助けてあげなきゃな、と割と尽くしてたつもりが。
完全になめられてるとしか思えない行動に出られた。
絶対許せない。

営業スマイルはもうやめ。
ちょっとずるいことをしてでも数字をあげて、今回限りですっぱり手をひいてやる。

来週半ばまでは仕事の鬼となります。
後を次ぐ気はないですが、一応建て前は「老舗問屋の跡取り娘」ということになってますから。

負けてたまるか。
ばーか!!

はい、すいません。
愚痴でした。


でもこんな時やからこそ、仕事を楯にしたくない。
やらなあかんこともやってやろうじゃないか。

追い詰められた時ほど、元気になる子なんです。

むきーっ!!


べた甘のカフェモカ。 

2005年02月14日(月) 15時11分
昼休憩中。

今日はパスタと決め込む。
だって契約社員のおばちゃんが昼にパスタ食った話するんだもん。

そのくせ人には昼休憩振らないつう。
その店行ったら、ランチ終わってました。

……(・ω・)……。

別の店でパスタとカフェモカを頼むも、カフェモカにこれでもか!という位生クリームがてんこ盛りです。

天湖モリヤ……。
モリヤてどんな字やっけ?

最初は「甘すぎやけど、疲れてるからうまーい(≧▽≦)」
のはずが。
だんだんその甘さが苦痛になってきました。。

隣りにいる女の子が人が食ってる横でミスト使いよって、大層臭いです。

臭いねん!

言ってやりたい。

くさっ!

せめて一言吐いてやりたい。

言ってやりたいが向かいの売り場の子やから言えない。。

気紛らわせにカフェモカを飲むも…甘い…吐く。うえっ。


生クリームと言えば、昔大学の連れが、高校時代生クリームを使って変態プレイをしたそうな……。

………。


余計飲む気にならんわ!!

あー。
臭いよう。
甘いよう。



ベスト3とベスト4のちがいは? 

2005年02月13日(日) 15時51分
昼休憩にて。

近所のモスにいたら、近くに高校野球の話をしてるおねえさん方がいたんだが。

まあ「○○くんがすごい可愛い」とか言ってるあたりで、
あーやだ、すごいおばさんじみてると思うわけだが。
その人らの会話に時々「ベスト4」という単語が出てくる。

思うんやけど、なんで4までが「すごい」位置づけに入るんやろ?
メダルとかは言ってしまえば「ベスト3」までやん。
4番目は何もないやん。
準決勝で負けてる訳やん?
表彰台には立てないやん?
オリンピックでは「ベスト3」で、高校野球では「ベスト4」。


何となくひっかかった。

勝負の世界はよくわからぬ。

この数秒を生き抜くために歌う歌 

2005年02月12日(土) 23時32分
王珠飲み終了。

さしたる盛り上がりもなく、
フられた話や、実は彼女がいた話とか。

落ち込む奴や、話すトーンが低いまま人の暴露話をしまくる奴や、黙々食う奴もいたり。
でも不思議とそんな空気を鬱陶しく感じることもなく。
たぶん何の接点も生きてきた人間同士がゆえに、生み出される不思議な調和感と言いますか。

まああんまり何言ってるかよくわかんないけど。
研究室の飲みとかはほとんど行かないようにしてたけど、こやつらとの飲みは不思議と苦痛は感じず、最初から最後までさしたる盛り上がりもなく、まったりとした居心地のよさというか。

大学院で唯一まともに腹割って話せた子たちなのでした。
男女間関係なく、たぶん恋愛感情抜きで同等に話せる数少ない連中なのでした。

まあ卒業してからも、またみんなで飲みたいなと思うのです。
よろしく(誰に言ってんだ)

しかし王珠(おーしゅん)のじいちゃんがおもろかった。
いろいろサービスしてくれた。
煮卵と胡瓜の漬物と砂ズリとレモン酒とみかんくれた。

なんか女の子がいたりすると、明らかにサービスが良い。
隣りのテーブルのおじさんたちより、待遇が違う。

「ねえちゃん、レモン酒飲むか?」
とか聞いて出してくれたり、飲みにくそうにしてたらソーダで割ってくれたり。

つうか一人欠席してたので、女はわしだけやったが。
なんつうか、年寄り受けが良いみたい、わし。

いっぱい食べて、まったりしゃべった。
にしても、王珠はホントおいしいものだらけ。
餃子とかも手作りだしね。
あ、レモン酒も自家製らしい。
んまいのだ、ホント。

王珠で餃子を食うの巻。 

2005年02月12日(土) 19時04分
昨日日記書くの忘れてましたな。
忘れてたというか、確かに「だー!」と書くほどのこともなかったけど、まあ何しかあまり体調がよくなかったのでした。
とりあえず祝日やから店が早く閉まってラッキーとばかしに寄り道をして帰る。
タワレコでリリックスの音源二枚を買う。
こないだなんばタワレコでなかった。
帰りの電車で隣りに座ったおばちゃんたちが、やたら自分の怪我自慢をしてて参った。
いかに肉がえぐれたとか、鎌で指先切ったとか。
普通に吐きそうになった。
今打ちながら「うえっ」てなった。
それでもわざわざ日記に記す馬鹿な俺。
昨日はまほろば楽座のストリートに行くつもりが、なんやら中止らしく断念。
おとなしく帰りますよ、ええ。

晩ご飯にて歳暮の残りの日本酒を飲み切ったら、翌朝になって両親がビックリしてた。
「いつの間に飲んだんや!」
いや、あんたたちの目の前で飲んでたよ。
日本酒を飲んで寝たせいか、やたら夢を見た。
酔って寝ると、よく夢を見る。
いくつもの話が連続してつながってるので、起きたら大体疲れてる。
ちなみに昨日見た夢は、小学校の体育館らしきところで、ドッジボールをしていた夢だ。
コート内にいたら、足先を当てられ、場外へ。

でも自分が通ってた小学校の体育館じゃなかった。
うちの小学校の体育館の床は緑色だった。
夢の中の床は木目だったから。


今日も売場は暇。
客が店の売り子の愚痴を私に言う。
「あの子たち、しゃべってばかり!」

私がその中に含まれてないということは。
私はあれすか、若い販売員に馴染んでないのバレバレすか?
年配の売り子さんとの方が話しやすいあたり、わしはもう精神年齢食ってるつうことすか?

今日は史学会の同期と最後の飲み会。
京都駅前の王珠に行くのだ!

餃子が、んまい。
とにかく、んまい。
あの子らと最初に飲みに行ったのも、王珠やったなあ。

ああ、もう一年半も経ったんやね。
仕事さぼってばかりで、役に立たなかったであろう私を見捨てずにいてくれてありがとう。
そんな気持ちを込めてチョコを買う。
ちょっと奮発したぜ、ふふん。

…のはずが、一人風邪でダウン。
これは仕切り直してことだな…。



2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/poppanista/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poppanista
読者になる
Yapme!一覧
読者になる