インプラントの費用(料金)

インプラント治療の費用は安いものではないですね。
歯のトラブル、歯をなくして困っていませんか?

 

スポンサードリンク

 

治療をしなくてはいけないけど、入れる歯は絶対いや、ブリッジで健康な歯を削りたくない…。そんな時にインプラント治療というものがあり、入れる歯やブリッジとインプラントの違いは、簡単にいうとインプラントは『自分の歯』とそっくりな状態にできる所。
インプラントはチタンで作られるていて、しっかり固定されるたいわば歯の足になり、これるに人口歯を装着するわけ。人口臓器の中では最も完成度の高いものの1つに挙げられ、そんな素晴らしいインプラント治療、気になるところが費用になります。
残念ながら、インプラント治療には保険制度は使えず、自費診療になり、
日本の場合、インプラント治療の費用は、1本あたりだいたい 20万円?60万円。かなり幅があってますね。医院によって様々。
関東と35万円〜45万円くらいが相場。
ここでいうインプラント1本というのは、インプラント本体と人口歯を合わせた値段。医院によってはインプラント本体のみでの値段表示をしているところもあるので、気をつけましょう。


インプラント費用は、インプラントや人口歯の種類、歯科医師と歯科技工士の腕や経験、保障期間の長さ、人件費、医院の場所など、様々なことが関係してき、その後またあごの骨がなく、骨を作る場合は”骨を作る手術”を行うため、別に費用がかかり、だいたい、5万〜50万円。(これるもかなり幅があり)

いずれにしても、インプラント治療は安いものではない事がいえ、よりよい医院を選び、手術を受けることをお勧め。

インプラント治療のメリット

失ってしまった歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで、人工歯を装着する治療法、インプラント。


多少費用が高くても毎日の生活かに関わる大事なことなので、利用する方が増えているようです。


最近テレビのニュースや雑誌の話題でも、よく目や耳にしますね。。
最先端技術を取り入れるて、従来法の入れる歯やブリッジ法の欠点を克服した治療法として注目され、インプラントが、具体的には、従来法と比べて、どのようなメリットがあるのか。


まず、自然の歯と同じように噛むことができるというわけという大きな点があって、
自然の歯の約80%程度の噛む力を残すことができるというわけの。
入れる歯と違い、しっかりと固定されるてため、不安定にガタつくことがなく、固い食べ物でも違和感なくおいしく食べることができ、
その後、物を食べた後も、入れる歯やブリッジと比べて、周りの歯に食べかすなどが付着しにくいという点があって、そのため、周りの歯に虫歯ができにくいの。


もう1つの大きなメリットして、従来のブリッジと違い、周りの健康な歯を傷つけることがないという点があって、


その後入れる歯と違い、耐久性も優れるていて、永久的なものであって、インプラントは一生もの。


その後こうした機能的なメリットの他に、見た目の美しさがあって、
違和感がなく、見た目がとても自然なの。
これるはやはり、重要なポイント。
一生つきあっていくインプラントから、やはり見た目的にも満足したものでないと、気持ちよい生活は過ごせませんね。


インプラントは機能的な面からも、美しさの面からも、自然の歯により近い歯を持つことができるというわけ治療法であるといえます。インプラントの治療は料金が多少高額でも行いたい理由をわかっていただけたでしょうか。

インプラント治療の費用(料金)が高額な理由

インプラント治療の費用(料金)が高額な理由については、
歯の抜けた箇所に人工歯根を埋め込んで、その上から人工の歯を取り付ける治療法、インプラント。入れる歯やブリッジと違い、自分の歯のように噛む事ができ、見た目も自然の歯とほとんど変わらず、周りの歯を傷つけることなく治療することができる。


今注目されるて治療法が、費用が1本あたり20万〜60万くらいかかり、
(金額については幅があり、インプラントの種類、治療法、医院の場所や大きさなどによって異なるもの)


インプラントは決して安い価格・料金の治療ではあってませんね。なぜインプラント治療の費用は高いのか。


まず、残念ながら健康保険が使えないという点があって、保険外診療・自費・自由診療になり、
またインプラント治療は、人工歯根の移植治療。移植手術は簡単な手術ではないということ。取り付ける歯はオーダーメイドで、医師だけでなく、歯科衛生士、歯科技工士の知識と技術が必要となり、その後ほとんどが細かい作業。1本の歯を時間と手間をかけ、丁寧に作りあげるもの。


インプラントは半永久的に使えるもだが、確かに治療費用は高いと感じますが、入れる歯のように、合わなくて何度も作り直す必要はなく、インプラントによって体調がよくなったりする効果もあって、噛み心地の良さや審美性をみても、他の治療法とは比較にならないようだ。


これらのことを考えると、インプラント費用が他と比べて高くて手が出ないとは一概に言えないのではないか。
その後また治療費や診査費は医療費控除の対象になりますので、場合によっては確定申告によって半分以上戻ってくることも・・・

インプラントの耐久性(費用にはメンテナンスも含むものか)

インプラントの耐久性はどうなのでしょうか。

高額な費用かけるわけですから、気になるところです。

インプラントは虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のこと。

入れる歯やブリッジの欠点を克服した画期的な治療法として、現在注目されるて治療法が、外科手術を受けることになるため、大掛かりな印象を受ける人も少なくあってません。
その後また保険適用外のため、治療費が高くなってしま。

そういったことを考えると、インプラント治療後はどれるくらい機能が保たれるるのか、インプラントの寿命も気になる。

インプラントは、手入れをしっかりしていれるば長期間の耐久性はあり、現在のところインプラントに使用される材料は純チタン製で、通常の使用では破損の心配はまずあってません。
表面に酸化チタンの膜があって、その膜が内部のチタンの腐食防止の働きをして。
40年以上前に植立されるたインプラントが、今でも問題なく使われるているケースもあって、

大事なことは、定期的なメンテナンス。万が一、摩耗や破損があった場合に対応してもらえることが重要。
インプラント治療を受ける時は、主治医の先生とメンテナンスの面でも十分に相談しておきましょう。

その後またインプラントの寿命は歯周病などの歯茎の病気と大きく関係して。
インプラントがダメになってしまう場合、そのほとんどは歯周病によって土台である骨が侵されるてしまい、支えられるなくなる場合なの。

から、インプラントが歯周病などにかからないように、定期的な検診がとても重要になり、
インプラントの寿命をより長くするためには、食後のブラッシングを習慣付けるなど、自分自身で口内環境を清潔に保つことが必要。

インプラントは自費治療?

近年よく耳にするようになった言葉、インプラント。
事故や虫歯で失ってしまった歯を失ってしまった時、人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工の歯を装着する治療法。
完全に固定しているので、自分の歯のように噛むことができ、審美性も兼ね備えて。

では入れる歯よりインプラントがよい、歯を失ってしまったらインプラントだ!と一概に言えるのか。治療法を選択するのはあくまで自分自身で、自分の満足度がそれるを決める。

インプラント治療は顎の骨インプラントを埋入するので、外科手術が必要になり、
また顎の骨にしっかりと定着するまでのある程度の期間が必要。

さらにインプラントと他治療法との大きな違いは、インプラントは自費治療になってしまうということ。
1本あたり、20万〜60万円くらいの費用がかかり、
入れる歯の場合、使用する材料によっては自費診療になる場合もあり、保険での治療も可能。

入れる歯でも、しっかり噛めていて自分なりに満足しているのであれるば、わざわざインプラント手術を受ける必要なし。
既に入れる歯を使っていて、固い物が噛めない、食事を美味しく食べられるない、などと不具合を感じている時は、まずはメンテナンスを中心に改善方法を検討することをお勧め。
入れる歯に代わる治療法としてインプラントを考えている人は、インプラントのメリット、デメリットをよく理解して他の治療法との比較・選択の基準にしてください。

P R