ブログ移転のお知らせ 

April 02 [Wed], 2008, 11:45
新記事画面にアクセス不能になってしまったため

昨日よりひっそりと下記に移転いたしました。


http://achanmaman.exblog.jp/


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2008年4月2日 アーまま拝

命の洗濯 東京オフ!その5 

November 29 [Thu], 2007, 17:33
更新にずいぶん間が空いちゃいました。

ゴメンナサイ(いつもの事ですが

てことで写真の続きデス



「オペ研」
とゆー名前に激しく反応してパチリ




練習室ののぞき窓。
こんなとこからミルヒーが覗いて「ぷっ」




なんかこんな感じの所に
みんなよく集ってたよね
ベトベンホールの前だよん。





「千秋ぃ〜〜 

オレはあきらめないぞ〜〜〜 新オケ」

「しつこい

祭中ゆえ、紅白幕が

「のだめの担当がハリセンに

「あれっ まだ知らなかったの千秋くん」


仲いいのに〜


てことで、今日はここまで
まだ続きマ〜ス

命の洗濯 東京オフ!その4 

November 15 [Thu], 2007, 20:23
のだめツアー写真の続き〜

1つの記事に写真が5枚しか載せられないので短いです。
すまそ。



ここも桃が丘音大のシンボル的場所




で、大澤先生とツーショット
「先輩、裏軒よっていきません?

のだめ、麻婆がたべたくなっちゃった」

「オレ クラブハウスサンド。。」

(この巻が現在布教の旅に出ててるためセリフが定かでなし)



のだめがたらこのおにぎり盗って走って逃げた廊下。


「ぎゃぼー!!具まであと一口だったのにィ〜〜〜!!」



峰がギゃガゴゴとやってた部屋は
こんな感じ。狭い。。

「やっぱオレは ロックだぜー


「だれだあー!延長コード。。切ったやつ。。

‥コードはつながって無いですが(笑)


その5に続く

命の洗濯 東京オフ!その3 

November 14 [Wed], 2007, 21:52
前の記事のコメントで、
おばさまの撮って下さったを写真を載せるつもりが
読み込まなかったと書いてたら

おばさまが縮小して送って下さいました。


「私が肘ついて呑んでる写真」デス。



ほぼ出来上がってますにゃ。。
料理、ほとんど空だし(笑)。



さて、M音大にいく前に、まず
江古田駅でゆうきしゃん&はるるんと待ち合わせ。

今日もおつき合いしてくれマス。ありがとーん


正門前で、大澤先生と待ち合わせデス。

颯爽と登場した大澤先生。はじめまして〜〜

お若いそして細い。。



まずはここで記念写真

「ママー 見て見てあれー
おじさんがはさまってるよー



「ハリセン先生が挟まった柵」



本日はおばさまが幹事ということで大澤先生と
つなぎを付けて(笑)下さったのデスが。

大澤先生の案内で近所のパスタ屋さん「魔法使いの弟子」
で昼食をご一緒し。

その上、大澤先生の案内で学内のだめツアーをするという
夢のようなプラン。
(大澤先生が実質の幹事笑)


さあ、いざ、のだめオタク夢のツアーへ。

これが憧れのM音大学園祭



写真が多いので、記事たくさん立てますよ


ほらほら、この風景。ふふふふふ。



。。マングスはいなかったけどピカチ○ウがいました(笑)。。



さあ、まだまだ写真がアリマスよ

続きは次の記事でね

命の洗濯 東京オフその2 

November 11 [Sun], 2007, 16:48
さて、レポの先を急ぐあまり

帽子被ったゆうきしゃんに
会っていきなりデコカメラ確認デコ見せを強要した事とか

浅草寺境内で柄杓ですくって手と口をすすぐ水を
うっかり飲んじゃって大爆笑された事とか

アメ横で見つけたチビマングスのクレーンゲーム

アーまま100円で2個ゲットして

いい大人5人で大騒ぎした事とか


舞い上がり過ぎたあげくに
お囃子さんを交えた記念写真を撮るの
忘れた事とか。


端折りに端折った第1話でしたが(笑)


まだまだ続く、長い一日。

うろさん、ゆうきしゃん&はるるん、お囃子さんとお別れした後は

おばさまと葛飾シンフォニーホールへ


東京オフのついで本来の目的であるコンサト
18時半開場、19時開演デス。


コンサトには1名同伴出来る事になってたので、
一緒に行って頂くようにおばさまにお願いしてたのデス

おばさまの解説付きでウイーンの調べを堪能しようと言う魂胆(笑)。
 

ちゃんとした弦楽四重奏を生で聴いたのは初めてと言う
ド素人のアーままでしたが、
おばさまのお陰で大変楽しく聴く事ができました。はうん


アンコールまでうっとり聴きいって、あっという間に21時すぎ。

コンサトの余韻に浸る間もなく、大急ぎで上野に戻ります。


そう、本日の総仕上げ、夜の部オフ(幹事;ぽー。さん)デス


命の洗濯 東京オフ! 

November 05 [Mon], 2007, 22:19
ウイーン・ザイフェルト弦楽四重奏団コンサート
当選のお知らせ


すべてはこのメールから始まりました。


11月1日(木)の夜、東京は葛飾シンフォニーホールである
ウイーン・ザイフェルト弦楽四重奏団コンサトの

チケットが当たったんですのよ、奥様←誰

しかも

一泊二日、航空券&宿泊付きで



ここ、最重要



なんてラッキー

タダで東京にいけるんですもの。平日だろうがなんだろうが、
仕事している場合じゃございませんわ(キッパリ)


すぐさま仕事の休みを根回しするとともに
東京周辺在住のニノチャ友に連絡。

おりしも江古田は、ちょうど学園祭の時期


わーいっ、オフだオフだ〜〜



てことで11月1日2日と、東京にいってまいりました

一泊二日、夢の東京オフが実現した訳です。

(本筋はオフではなくコンサトのはずだが。。目そらし)


余す事なく遊び回った二日間のレポデス。
まずは第1日目。どうぞごらんあれ。



コンクル本選 

October 14 [Sun], 2007, 20:03
さて、本日があだめ、コンクルの本選でした。

おかげさまで、優秀賞を頂きました。

金銀銅の3位までにはやはり届かず(笑)

優秀賞は確か4人だったと思うので、
4〜7位のうちのどこか、ってことデスね。

あ、ちなみに出場者は17人でしたので。大した順位じゃありません(笑)。


またしてもチビトロフィー。ははは

金銀銅のおっきなトロフィーに手が届く日が、いつかくるのか?(笑)


しかしまあ、あだめの練習量から考えると、よく入ったよ、って感じです。

ヤル気がある時と無い時の演奏に、恐ろしいほど雲泥の差があるあだめ。


一昨日のレッスンでぼろぼろだったので←眠くてやる気無し

どうなるんだ。。って感じでしたが。


今日は一昨日とは別人のような演奏(大笑)

まあ、本来の実力通りに弾けたようです。

本番のあの集中力ったら。。


日頃もあんなふうに
集中力出して練習(お勉強も)してくれたら

もっと上手になるだろうに。。ブツブツ。

てことで、もし大きなトロフィーを貰えたら撮ろう!

と念のため持って行ってたデジカメは、出番がアリマセンでした(笑)。

チャンチャン。

ピアノアホ話 

September 29 [Sat], 2007, 7:37
たまには更新しないと


ほぼ開店休業状態のブログになっちゃってすんまそん。

ちゃんと生きてマス(笑)が、大したネタも無くてねえ



さて、近づいて来たコンクル本選。


好きな曲調だったおかげで、わりとむずかしいのに9月頭には

譜面通りに弾ける状態だったので、肉付けと言うか

表現の仕上げをやってマス。


コンクルの曲は2分の2拍子なので、

「ちゃんと2拍子の拍感覚を意識して弾く事。」

て話になったとき、あだめ、何と楽譜の最初に書いてある

「何分の何」が、よく分かってないことが発覚。


Oh,NO〜〜〜


あううう〜。盲点だった(爆)。


で、先生、噛んで含めるように

「じゃあまず、4分の4とあったら、どう言う意味かわかる?」


あだめ「ん〜と。。。???」


先生「一小節のなかに、ある音符が4つ入ってるわけよ。

『し』のつく音符だよ。どれ?」

(もちろん先生、『四分音符』と答えて欲しいわけです。

小学生レベル(爆))


あだめ「『し』ああ



そしてものすごく嬉しそうに

鍵盤の「シ」の音を弾きやがりましたからっっっ


ひぃぃぃっマジボケ。。。。


先生、肩を震わせてあだめにツッコミつつ
「こんな生徒ははじめてですっっ・・

先生、頑張れっ(違)


その後の先生の説明努力により、
あだめ、なんとか理解した。。(はず)

譜読みしてちょっと覚えると、すぐ暗譜で弾いちゃうあだめ。

楽譜と、ちゃんと向き合おうね

宿題騒動記 

September 04 [Tue], 2007, 7:41
ああ。。。やっと終った。。夏休み
昨日からようやく2学期デス


最後はホントにぢごくの1週間でした。。。よよよよよ。


1学期終業式の日にハンパじゃ無い量の宿題を見て、
塾の夏期講習もあるし、
ホントにコツコツやらなきゃマジ、ヤバいと思ったので
夏中言い続けた←ここ重要
のにもかかわらず。。


8月25日の塾終了テスト後に確認したところ。。。



終っていた宿題


社会;熊本に関するレポート「宮本武蔵について」 、プリント(裏表)4枚
数学;問題集3冊より計40ページ
英語;ノート14ページほど 
美術;スヌーピーのイラスト画一枚、クロッキー帳にデッサン画一枚
家庭科;夕食づくりのレポート1つ

でした。

残りの宿題


社会;1.問題集21ページ、2.プリント(裏表)2枚
書写;1.習字。「約束」と言う字を2枚書く
数学;1.レポート作成
理科;1.省エネに関する実践レポート(具体的実践行動の内容、その実践行動によってもたらされた効果)←何をせーっちゅーねん!
英語;1.ノート残り30ページ(最低44ページ書くことになってる)
音楽;1.演奏会レポート、2.「学校と音楽」作文、3.今まで聴いた曲の中で一番心に残った情景を絵にする(10×15センチほどの用紙)
美術;1.クロッキー帳デッサン残り2つ
保体;1.体力アップシート記入
家庭;1.食作りレポート残り1、2.家庭科に関するもの調査レポート
国語;1.読書感想文、2.詩、3.俳句2作品、4.原稿用紙30枚以上の小説、5.読書記録

そして44日分の学習計画表と毎日の自己評価←1つも書いて無い


ちなみに希望者のみの理科自由研究は、初めから却下(TOT)‥絶対無理。


これをあと1週間7日間で仕上げなきゃならない

ひぃぃぃぃぃぃぃっっっ



アタクシがどれだけ青ざめたか、おわかりになりますか。。。


国語は、沢山の選択肢の中から選ぶので、
このゴに及んで30ページ以上の小説を書こうなんて
ずぇっっっっったい無理ッッッ ←断言

3枚程度の「ちいさな親切」エッセイにしろと言いました。

しかしあだめ、小説を書くといい張りやがります。

とにかく他の仕上がり次第だと、毎日毎日、パソの検索指南やらまとめ方指南やら。。

途中、英語のノートと社会の問題集、
プリントは9月5日が提出期限だと気づき、とりあえず除外。


そして残り2日。アーまま、夏風邪(クーラー病?宿題の監視疲れ?)でダウン。
丸一日寝たきりでアーままの目が光らなくなったところであだめ、
小説に着手バカバカバカ〜〜〜
(この時点で英語、社会を除いても他にあと6つ残っていた)


最終日。すでに8枚小説を書いてしまっていたあだめ。
まず朝から、「学校と音楽」の作文を一気に書く。
それから小説の残りを書き始め、夜8時半すぎ、ちょうど30枚で完結させる。

すげえ。。。それができるなら何故にもっと早く。。

その後、体力アップシート(夏休み中どんな運動をしたかを書く)
にウソ八百のでっちあげで書き上げる。(だって何も運動して無いもん 爆)

パソコンで季語を調べ、俳句を作り、短冊に清書する。

読書記録を書く。

44日分の学習計画と日々の自己評価をオールねつ造で書き上げる。

最後に音楽の情景画を描く。


夜中の1時。。完了しました。。。ぜえはあ。



正確には社会と英語の残りは昨夜からやってます。

今日が実力テストなので丁度その勉強になってます。

。。。多分、それを見越して5日提出なのね。。。


ああ、、、これであだめは学習して、
来年は心安らかな夏休みの終わりを迎えられるのでしょうか

それとも「去年も何とかなった」と今年の修羅場をくり返すのでしょうか。


くり返すに5ヤキトリ。。。

コンクル本選。。。 

August 31 [Fri], 2007, 10:04
この間、優秀賞を頂いたコンクル。

賞に入れば次の本選への切符を手にできるのですが。

もう、ココまででいいよなーと、アーままは思っていたのに。

あだめが次の本選も絶対出るというので。。(なんでだ


出る事にしました。。。

10月14日(日)が熊本地区大会本番。


曲は、2曲の課題曲から
バッハ作曲「28.ガボット ト長調 BWV816」(ドレミ出版バッハピアノ小品集)
に決めました。


11月4日にある発表会でもこの曲でいっちゃおうという魂胆(笑)

もう1つの課題曲
「グルリット作曲 スケルツォ」とふたつ譜面もらって
さわりを弾き比べて、あだめがバッハの方を選びました。


けっこう好きな曲調だったみたい。

自分でちゃんと譜読みして、すぐに弾けるようになりました。


しかし、弾けるんだけど、なんといってもバッハ。
(あだめ、ホントはバッハ苦手)

右手も左手も、バッハの美しい旋律を奏でられることが出来るのか(笑)

正しいカレーは弾けるのかぷぷ。


また、この練習で技術をつけて行って欲しいもんデス。



で、発表会ですが、このバッハだけじゃ短いのでもう1曲。。。

と、先生が選んだ曲

「ショパン ワルツ イ短調(遺作)」


先生は、はじめ、発表会には

「ショパン ワルツ7番 嬰ハ短調Op.64-2」

を弾かせようかと思って下さってたようで。。
(アーままもこれ弾いてほしかったよ。。


でもコンクル本選に出ることに決めたので、
それと平行して7番じゃちょっと無理がある、ってことで、
それより簡単で短いワルツに(笑)。


しかしこれが。。。あだめには鬼門(大笑)

いや。弾けるんですよ。譜面の音は。

しかしもともと短調の曲が嫌いな上に、
しっとりとロマンチックに弾くなんて技の無いあだめ。


ものっっっすごく元気溌溂な音で(わかる)このワルツ弾いて、

先生「ちょーーーーっっと待った
なにっ、その浅草煎餅バリバリかじってるような音はっっっ
コレは切なくしっとりと、マシュマロのように柔らかい音で弾くのよーー

あだめ「む、むじゅかちい〜〜〜


先生「あのね。。。。(どうやって曲調を理解させようか必死に考え中)

これはショパンの書いたワルツで。。短調の曲なんだから。。

さっきのバッハのガボットは長調の曲でしょ。
あんな風に元気よく弾く曲じゃ無いわけよ。うーんと。。

ショパンが、どんな体型だったかわかる


あだめ「ショパン。。。

。。。んーと。。おデブ


先生「誰がおデブやねんっっっ

それは○原先生
(あだめのガコの社会の先生で、
あだめのピアノの先生の知り合い)でしょっ

あだめ「ぎゃはははははっっ○原センセに言っちゃおう〜〜」


先生「言わんでよろしいっ


グランドピアノの前で繰り広げられる師弟漫才。。ぷぷぷぷぷ。



先生「ショパンはねー、細くて繊細な人なのっ。
その繊細な人の短調の曲なんだから。。。


前途多難デス。。先生、頑張れ(違)
P R
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
■プロフィール■
■アーチャンまま■
■好きなもの のだめ ハリポタ ビール 日本酒  嫌いなもの 家事(ヲイ)■
■九州在住。ダンナ「アーチャンぱぱ」一人娘「あーちゃん」(又のニックネーム「あだめ」)それにシーズー犬の女の子「ポプリ」ミックス猫の男の子「にゃん」と暮らす、働くママです。■
http://yaplog.jp/popnyan29/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:popnyan29
読者になる
Yapme!一覧
読者になる