いやぁ 

2004年08月04日(水) 2時31分
準々決勝も準決勝もいいもの見せてもらった。
スポーツは、
全世界共通の普遍的な感情を喚起するところがいい。
この瞬間的な一体感は、もうちょっと何と言うかたまらん。
日本人がなぜ日本のチームを応援するのか、なんて、
最近もう、どうでもいいかな、って。
思考停止してしまえ的な。

基本的に「愛する」性の人間は、
見知っている人に感情移入して応援したくなって当然だし。
それが、ナショナリズム云々で、
代表に対する強制(君が代歌え)とか、
どこぞの国のように政治的なブーイングにつながらない限り、
共同体的な一体感、感情に、いちいち嫌悪感を示すのも、
何か寒いかな、と。
無自覚に喜びを爆発してしまえ的な姿勢に、
今現在は戦略的共感を覚える。

といいつつ、
ここ2試合の感動は、
どこぞの国の反日感情の裏返しであることは否定しない。
スポーツを歴史的コンテキストから切り離せなくなったら、
もう、何か、破滅的だ。

決勝戦は日本対どこぞの国か。
これは大変だ。出場辞退したりして。
どこぞの国には、
「セルフコンテキスト」の中で感情を爆発させる姿を示して欲しい。

本日早朝 

2004年08月03日(火) 1時37分
帰京(都)。
東京での3日間。
1日目、認知科学会に出席。
多賀厳太郎さんのお話に耳を傾ける。
自分の研究と関連ありそうな。
昨日著書を購入。
2日目。
今日本で最も有名な拉麺屋、
新宿武蔵で1200円の何とか何とか拉麺を頂く。
東京の拉麺は基本的に醤油味が濃い。
麺は独特。むくんだ顔的な、病的な容姿でありながら、
それなりに腰が座り、歯ごたえあり。
スープは残したけれど味はまぁまぁ。
森美術館に「モダンって何?」を見に行く。
混み過ぎ。
ピカソ、モネ、マチス、ジャコメッティー、ゴーギャン、モンドリアン
など、最近気になっている抽象画が並ぶ。
マチスのザッグリな面の彫刻が一番インパクトでかかった。
後半は足が疲れて流し見だったけど、
途中アンディーウォーホールのマリリンモンローとかもあったし、
相当金かかってんだろうな。
学生1000円で
ピカソの『窓辺の女』などを見れたのは破格の安さ。
3日目。
ポスター発表。
最初誰も来なくてやば〜、って思ってたけれど、
10分ぐらいしてから、
自分の論文に興味を持ったうえで説明を求めにくる人が続いて、
名刺とかももらったりして、何だか楽しかった。
ポスター自体は適当だったので、
ほとんど口とデモが勝負だったけれど、
自分の研究を力説するのは基本的に楽しい。
ただ途中から喉がからからになってしまった。
午後は創作過程を認知的にモデル化しようという試み。
「差異性に基づく思考」
話自体は別に、まぁちまたでよく語られていること。
「ずらす」とか、「ずれていく」、とか。
夕方友達と渋谷で合流。
もやしラーメン@喜楽。
朝っぱらから何一つ胃に入れていない中で、
いきなりラーメンを流し込んだため、
お腹を壊す。
しかしvodaphoneの水着を着た宣伝部隊に気持ちは安らぐ。
その後、さらにもう一人合流しタイ料理の店へ。
初っ端ビールを頂き、いよいよ胃がびっくり。
腹痛に顔を歪める。
一時間程店で眠らせて頂き復活。
この店の調味料は全く日本人に媚びていなくて好き。
こんな感じの3日間。
今日もお腹が痛い。
2004年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poosite2nd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる