終わりました。 

2005年11月13日(日) 10時48分
お通夜&お葬式、一通りの事が終わりました。

もうしばらくは、こういうのはコリゴリです。
イトコ達とも(と言っても50歳とかですが)
「今度、こういう時じゃない時に、楽しくみんなで会おう」
という話をしました。

叔父やイトコ達と会うと、
どことなくみんな似ているのが笑えます。
輪郭だったり、喋り方だったり、性格だったり。
これが血縁ってヤツか・・・と思います。
「血」だけが全てではありませんが、
何年も会っていないのに、「血」だけで、親しく感じたりする事はあるようです。

赤の他人が夫婦になって。
親戚が増えて。
子供ができて。
父となり母となり。
おジイになり、おバアになり。
その後ろには、もちろん血縁以外のたくさんの出会いがあり・・・。

生きるって、なんか不思議だ。

叔父達と家族と 

2005年11月03日(木) 9時35分
山口&福岡から叔父(兄弟)が上京しています。
「久しぶりだね」と言いたいところですが、
叔母が亡くなって、まだ半年も経っていないので、
そんなに久しぶりでもありません。
顔を合わせた時も、なんともお互い複雑な心境。
4日がお通夜・5日が葬儀という事で、
今日3日は、相方の(ウチの?)車を出して、
叔父&家族を連れての関東観光(?)する事にしました。
叔父が亡くなったのに不謹慎とも思いますが、
葬式で「こんなときじゃないと、みんなで会えないから」という事をよく聞きます。
次に会うのは、叔父達(兄弟)のお葬式・・・もしくは病床か・・・?
と思ったら、なんともやりきれなくなって、車を出す&運転を引き受けました。

朝9時前に叔父達を川崎までお迎えに行って、富士山方面まで。
九州の人なので、「富士山なんて登ったこともない」と言います。
あぁそうか。
お天気がよければ、すぐに拝める富士山も、あっちからでは見えないんですね・・・。
そんなわけでエンヤコラ。
あいにく富士山は曇っていて、その姿を隠したままでしたが、
道中、6人であれやこれやしゃべりまくりの大騒ぎ。
「(亡くなった)叔父ちゃんが、調子に乗るな!って怒ってるんじゃないの〜?」
「いや〜。大丈夫。きっと笑ってみてるよ〜!」
なんて、みんな(アタシが?)好き勝手言いながら。

今、アタシが子どもを見て「かわいい」とか「なにを考えているんだろう」とか、
なんとも言えない感情になるのと同じように、
叔父達はアタシを、妹を見ていたんだろうな〜・・・と思います。
大きくなったアタシ達を見て、どんな風に感じているでしょうか?

オウチに着いたのはもう12時を超えていました。
少々疲れましたが「いや〜。いい思い出ができた」と、
2人の叔父は口を揃えて言ってくれました。
アタシにとっても、いい思い出になりました。

自分の親を含め、かつての親たちは、決して若いとは言えません。
できる時にできる事を、していけたらいいな、と思います。
「今度行こうね」でなくて、思い立ったときに行かないと駄目ですね。
病気になったり、足が悪くなったり・・・。
「本当に五体満足、元気に出かけられるのは今だけだ!」と、
常に頭においておいた方がいいかもしれません・・・。

他界 

2005年11月02日(水) 14時32分
叔父が亡くなりました。
2日続けて病院に行きましたが、
結局看取ることはできませんでした。
叔父は7人兄弟の2番目。
母親が末っ子という事もあり、
叔父とはかなり年齢差もあったせいか、
正直、あまり近い存在ではなかったのですが、
やはり辛いものです。
じいちゃんが亡くなった時がそうだったのですが、
思い出が多ければ多いだけ辛いのは当然。
でも、少なければ、それはそれで、同じ思い出が何度も何度も頭を廻るものですね。
月曜に病院に行ったときには、もうろうとでも意識があり、
アタシが来た事を家族が耳元で告げると、
細く白くなった腕を伸ばしてアタシを探して、
「あぁ・・・来てくれた〜。ありがとう・・・」と言ってくれました。
「がんばってね、しっかりね」と母が声をかけると、
「がんばるよ。がんばるからね」と言ってくれました。
もう、多分自分が永くない事は、気付いていたはずです。
きっと自分の家族と、
何度も癌で兄弟を亡くしていく母に対しての思いやりだったのでしょう。
「がんばる」の中には、
逆にこっちが励まされているような、そんな感じさえしました。
叔父の手足はとても細くて、
オムツをしていましたが、それもカポカポ。
叔母の時もそうですが、人間はあんなに細くなるんだなぁと思います。
なのに、副作用なのか、顔は丸くむくんでいるので、
身体を隠して、後はほっぺたさえ赤ければ、かなり健康に見えます。
変なの。
人間って。

叔父は幸せだったでしょうか?
今、家族は何を考えているでしょう?
今、大事な人は幸せでしょうか?
今、アタシは幸せでしょうか?

叔父ちゃん、お互いにあまり近しい関係ではなかったかもしれないけど、
どうもありがとう。
おつかれさまでした。

石割山 

2005年10月23日(日) 11時17分
石割山に登ってきました。
土曜日に少々体調が思わしくなく(・・・単なる疲れか?!)
身体がドドーンと重かったので、
「今週は山はなし」という事にしたものの、
日曜に目覚めると雲のない青い空〜!
「これで山に行かないのってどうなの?」
「オウチに居ていいの?」
・・・という事で、往復3時間程度で登れる山中湖近辺の石割山へ・・・。
道志道を通って約2時間。
(今日はお天気も良かったので、道志も非常に気持ちいい♪)
本来の入り口より1本手前の道(←ただ単に間違えただけ)から出発。
ずーっとずーっと緩やかに緩やかに登ります。
相方はカメラを新調したので、あちこち撮影。
ラスト20分程はやや急登になりますが、
ほんとに1時間半で到着しました♪
あ〜!なんて楽チン。
・・・な割に、展望は良好!なんて青い空!
ひとつ残念だったのは、あまりに良い天気過ぎて、
(且つ時間的なものもあって)
富士山が、思いっきり逆光だったことかな。
写真でもなんだかドーーーンと黒い物体が写っているような、
イマイチな物になってしまいました。
まぁいいか。
目で見たし。
帰りも1時間程度でスイスイ下山。
突然出かけた割には、素敵な山でした。

・・・ただ、ここ最近楽な山にばかり登っていて、
体力に自信がなくなってきた気が・・・。

そうそう、北アルプス方面は、本日初観雪ですって。
今年も北には登れなかった〜。
だって、強制的にバスに乗せられるから高いんだもん・・・。
冬は危険だし、また来年までお預けか〜・・・。

退屈です。 

2005年10月17日(月) 16時52分
退屈です。
お仕事が。
データをグラフにしたり、バチバチ文章を打ち込んだり。
それなりに時間だけはかかりますが、
面白くない。
・・・あ〜あ。
またキャンプのように、なんというのか、
目の前に「ドン」とやるべき事を叩きつけられる事がないかなぁ〜。
探せって?自分で「やるべき事」を?
探すほどではないんです。
じゃあ文句言うなって?
わかりましたよ、言いませんよ。

ふぅ〜。

三頭山 

2005年10月16日(日) 17時10分
三頭山に行ってきました。
このところ、狙ったかのように土日に雨が降ります。
先週も3連休にも関わらず、いったい何をしてたのか、記憶がないほどに家で腐ってました。
今日は一応天気予報で、「(雨は)朝からやんで、その後晴れ」となっていたので、
丹沢表尾根に行く予定にして、いつもどおり車中泊。
が・・・。朝起きてみたら、ばっちり雨。しかも強風。
うそつき!台風か、おいっ!
表尾根は、その言葉のとおり「尾根」なので、風がもろにあたります。
且つ最後はクサリ場。更に普通に歩いてもコースタイムギリギリなので、
(要は雨で足場が滑れば時間がかかるので、日が暮れるまでに帰ってこれないって事)
「ちと無理だろう」という事で、
途中から奥多摩の三頭山に切り替えてみました。
三頭山についたら、この雨の中、団体客が・・・。
40人程いたでしょうか・・・?
カッパを着て、傘をさして、まぁご苦労なこった。
(自分達も同類ですけどね
山的には、緩やかな道アリ、急登アリ、泥道ありで、なかなか楽しい山でした。
残念ながら展望は0でしたけどね。
お天気が良ければ、富士山その他諸々が見えるみたいです。
体力的にも、往復4時間程度。
ラクでもなく、辛くもなく、久々の山にしてはよいレベル。
そうそう。帰り道、また大勢の団体客とすれ違いました。
「どうぞ」と道を譲りましたが「いえいえ。桁が違うので、先にどうぞ」と譲りかえされ、
「桁?ん?」と思いながら進んでいくと、
ゾロゾロゾロゾロ。
100人ぐらい居たんだろうか・・・確かに桁が違う。
まるでコント。
登りやすくて楽しいけれど、なんせ人の多い山って事ですね。
この天気でこれですから・・・。

ともあれ、久々に「山に登った」と思える日でした。
・・・しかしこの程度の山で、登り時息が切れている・・・
また、会社の階段を登ってみるか〜・・・。

ろでおぼぉい 

2005年10月12日(水) 16時57分
ロデオボーイを知ってるかぁ〜!
今、ちまたで話題(らしい)乗馬の動きをするダイエットマシンです。
夜間のテレビ通販(←外人の出てくるテンションの高いヤツ)で人気らしく、
ネットで色々探して(実際には相方が探してくれました)も売り切れの商品です!!

そんなロデオくんがやってきました。
ワクワクワクワク♪
相方は、「オナカとかに効いてる気がする!」と・・・。
ワクワクワクワク♪
さて、乗り心地はというと・・・。
確かに揺れます。お馬のごとく。前後に左右に。
う〜ん・・・でも・・・
これでホントに身体、引き締まるでしょうか・・・?
元々アタシの代謝が悪いせいもあるかもしれませんが、
汗をかくでもなく、
まぁそれなりに揺られた感じはあるのですが・・・。
ただ揺られている感じで・・・。
引き締まるとはとても思えないんですけど・・・。
まぁ続けてみないと分かりませんが。

・・・といいながら、早速2日目からサボってしまったアタシ。
だめぢゃん・・・。

 

2005年10月04日(火) 15時31分
叔父の癌が再発しました。
叔母が亡くなった今年6月、叔父は「検査をしてれば癌も大丈夫」と言っていました。
なのに癌です。
なんなんでしょう?ウチの家系。
唯一の救いは、もう叔父もかなり高齢なので、
「歳で免疫が低下したから癌にかかった」と考えれば、
まぁ・・・。
仕方がない気もしますけど。
「癌は自覚症状がないから。症状が出たときはもう手遅れなんだよ。だから検査は欠かせないね」
って、言ってたのに。

でも、もう自分もそういう歳になったという事かもしれませんね。
小さい頃からアタシをかわいがってくれた叔父や叔母に、
白髪が生え、皺が増え、耳が遠くなり、歩き方が頼りなくなる。
それだけ時間が経ったという事かもしれません。
両親もそのうちいなくなるんですから、
せめて悔いが残らないようにしたいものです・・・。

お〜〜〜っと! 

2005年09月09日(金) 16時43分
軽く2ヶ月ぶりのブログですね。
何を隠そう、今仕事がちょっと落ち着いたので、
ふと思い立ってブログを見たら、6月末から書いてねぇ・・・。
嘘でしょ?

悔しかったもんで、アホ妹(←アホイモ)のページを覗いたら、
ちゃんと書いてやがるっ!

書こう。
ちゃんと。

いや・・・でも。
この2ヶ月いろいろあったぞ。


仕事でも。


プライベートでも。







精神的にも。(←これ重要)







とても思い出してなんて書けない・・・。



あ〜あ・・・。
なんてこったよ、まったくよ。







奇跡のフルーツ「ノニ」 

2005年06月30日(木) 10時05分
「ノニ」を飲んでいます。
奇跡のフルーツと呼ばれています。
何が奇跡か良くわかりませんが、貧血や生理痛によく効くというので、飲み始めました。
とにかくマズイ!
ほんとにマズイ!
どうマズイかって、これはもう飲んだ人にしかわからない!
苦いととか臭いとか、そういう問題ぢゃない!
吐き出しそうとか、そういうのでもない!
初めて買ったのは液体で、生理痛が軽くなった感じがあったけど、とにかくマズイのと、
その時期からちょうど運動も始めたので
「運動のお陰かも」と思い、ちょっとサボってしまいました。
そしたら先月の生理痛がひどかった・・・。
吐き気はするは、血の気は失せるは、当然オナカは痛いし腰も痛い。最悪・・・。
なので、再び始めました。カプセルで。便利ですね、カプセルなら全然OKです!
それでも用法よりサボり気味でしたが・・・効きますね!
痛みが楽なのもありますが、(変な話)血がサラサラします。
いつも「おい!今内臓が出ただろう!」というような塊の血がでるのですが、
鼻血のような、わりとサラッとした血に変わりました。
心なしか、終わるのも早かったような。
そうそう、変な話は続きますが、
生理用の座布団(ナプキンの事です)は、ある程度こだわった方がいいみたいです。
根っからの貧乏性の為、「消耗品にお金をかけるなんて」と思っていましたが、
登山時に不快だって事もあり、
「肌ストレスからフリーになろう」というキャッチの商品を試してみました。
全然違いますね〜。ガサガサしないというか、なんというか。
いつも3日目辺りはオシリがかゆく、プツプツができて、オロナインなんかを塗るのですが
(塗ってる姿ってすごく無様)
2日続けて登山(=蒸れる)をしたのに、全然平気でした。
ケチって安いのを使うより、こっちの方が快適なようです。
高いって言ったって1個あたりで考えたら数円でしょうしね・・・。
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像イモ
» お〜〜〜っと! (2005年09月12日)
アイコン画像mogupow
» バレーボール (2005年07月01日)
アイコン画像pooh7251
»  (2005年04月20日)
アイコン画像妹さんの同居人
»  (2005年04月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pooh7251
読者になる
Yapme!一覧
読者になる