クイック投稿設定 - ブログ のかわいいポータルサイト ヤプログ! 

2005年11月18日(金) 10時01分
クイック投稿設定 - ブログ のかわいいポータルサイト ヤプログ!

ママ母2号 おかん6歳 

2005年11月14日(月) 21時52分
お久しぶりで〜す♪やはり 忙しくて更新できずにいました・・・(~_~)
さてさて おかん6歳の出来事です★
ママ母1号とさよならして 半年後位の出来事です。
パパはママ母2号とおかんを引き合わせました。
ママ母2号は、ヤクザ屋さん組長のお嬢様です いったいどこで知り合ったのかは 分かりませんが
とにかく 綺麗な優しい人でした。6歳のおかんは、嬉しくて舞い上がってましたからぁ〜
だって 本当にやさしくて 母親のぬくもりを はじめて感じたのも この頃でしたね。
またまた パパは入籍はしてませんが、結婚式は盛大にしましたよぉ(^・^)
ちょっと 強面のお兄様たちが たくさん お席にいましたけどね。。。。
ママ母2号とは、小学校入学して6月頃までは、楽しく過ごしてました。
いつ頃からかは 良く覚えてないんだけど 気が付いたときには、パパが帰ってくるたびに
殴り合いの 大喧嘩!! おかんは、大好きなママだったから 間にはいって 止めようとしたら
ママには 「大人の喧嘩に子供は はいってはいけないよぉ おかんちゃんまで 殴られるから
外で まっていなさい」と言われ 外で部屋が静かになるまで 待っていた日々でした
この頃から パパがおかんに 対する 暴力がでてきたのです。
ある朝 起きてみると ママの姿はなく おかんにあてた 置手紙がありました。
「ごめんね 一所懸命 おかんチャンの為に頑張ったけど もう ママはだめだわぁ おかんちゃんを置いて出ていくのは つらいけど おかんチャンを連れて行ってしまったら パパは 一人になるからね パパを宜しくお願いね それから おかんチャンと逢えてよかったわぁ ありがとう」と ありました
今でも その手紙は持っています。2歳で母に捨てられた時より 悲しかったですね
本当に大好きだったから
パパは ママがいなくなってからは、お酒を飲んで酔うたびに理由もなく おかんを なぐり おかんは
「ママ助けて〜〜」と心の中で叫んでいたのよね
ママがいなくなって 今までの家には、住んでいられなくなって 生みの母と生活していた家に戻ることになり、入学してやっとなれた 小学校も転校することになって またまた パパと二人きりの生活に
もどってしまった・・・・

ママ母一号 

2005年11月09日(水) 0時54分
姉ちゃんは、ママ母一号と父が夜をいないことをいいことに
毎晩のように彼氏を家によんでいました。
姉ちゃんとおかんは同じ部屋で2段ベットの上が姉ちゃんで、下がおかんでした。
ある日、姉ちゃんの苦しそうな声でおかんは、目を覚ましました。
2段ベットに上がって覗いてみると それは、6歳の子の見るシーンではありませんでした
しかし、おかん6歳は、どこから見ても 姉ちゃんが彼氏にいじめられてるとしか見えず
姉ちゃんを助けようとしたところ 彼氏にベットから突き落とされ 流血
姉ちゃんにも 殴られ おかんは 血を流したままベットで泣き寝入りでしたぁ
あくる朝、ママ母一号は、姉ちゃんに事情を聞いたみたいですが。。。
何も分からないと言ったそうで、おかんは 一生懸命に昨夜の出来事を説明をしても理解してもらえず そのまま5針を縫う 羽目になってしまったのさぁ
それからの 夜は、毎晩 彼氏が来ると 起こされ 柱に縛り付けられ、姉ちゃんと彼氏のベットシーンを見せられ、目を閉じたら ぶたれるという日が 何日が続き おかんは、夜が恐怖となった
耐え切れず、父が久しぶりに仕事から 帰ってきた時に すべてを打ち明けた
最初は、信用してもらえなかったぁ
だから また 同じ日々が続いた
それから しばらくした日 父が突然深夜に仕事が戻って来た時 おかんの柱に縛られて泣きじゃくってる姿を 目撃することになる
父は 真っ青な顔から 真っ赤な顔に変わり 彼氏を外につまみ出し、姉ちゃんは、ひどく怒られた。おかんは、ただ泣くだけで何も言えなかった。。。。
これを きっかけに ママ母1号とは別れることになる
おかんは この頃から 嫌な事が あるときは、もう一人の自分を創り 空想の中で話しかけたらり していた。。。。
少しずつ 精神的におかしくなってきた 時期だったのかもしれない・・・



 

5歳 

2005年11月09日(水) 0時39分
久しぶりの更新です!!ここの所 色々と忙しくて・・・
さて 話は、もとにもどり
おかん6歳の話です♪
5歳までは、祖母とひーばぁと暮らし、6歳になる歳には、保育園に行くことになり、父の姉の所に預けられることになりました。
叔母の所には、おかんと同い年の女の子、一つ下の女の子の姉妹がいました。
家庭環境は、伯父が賭博師で、家には、いつも 背中に絵が描いてある人達が出入りしてました。(ある程度 大きくなってから 分かったことですが、、、)
祖母の所に居たときよりも、いとこ達が一緒でしたから、毎日がとても楽しかったなぁ
でも やっぱり私の居場所は なかったかなぁ
所詮 身内だといっても 自分の子では、ないから最初はやさしくても 長い間生活を共にすれば色々と不満あるだろうしね。。。
父が来るたびに 叔母と父との 言い争いがありましたからね
早く おかんを 引き取れとかってね
おばの家には、4ヶ月ほどお世話になり 父が なんと 再婚したんですよ
まま母1号とね(まだまだ 再婚物語は、続くので1号)
再婚とは言っても入籍はせず まぁ 同棲ですかね
ママ母1号には、中学になる娘がいました。
おかんは、最初はおねえちゃんが出来たと大喜び が しかし その 姉ちゃんは
父は、ママ母の前では、すばらしく やさしく妹思いの姉ちゃんでした。。。。
でも おかんと 二人きっりの時は、意地悪ばかり
6歳のかわいい妹を 3キロも離れた公園に置き去りにしたり、お風呂では、熱湯を頭にかけたり まぁ 散々でしたね
中でも 一番ひどかったのは、姉ちゃんには、彼氏がいて、ママ母は夜のお仕事をしていたので、夜は、おかんと二人のお留守番でした。(つづく)

田舎での生活 

2005年10月28日(金) 12時22分
田舎での生活は、4歳から5歳の1年間。
祖母とひーばぁちゃんとの3人での 生活のスタート
祖母は、朝から 畑(みかん畑)に出て 一度 昼に戻り
また午後から畑仕事。おかんは、午前中は、ひーばぁちゃんとお留守番
午後からは、祖母と一緒にみかん畑にお供
田舎には、同じ歳くらいの子供は、おかん以外に男の子が2二人だけ・・・
なので、遊んだ記憶もほとんどないのよね〜
月に一度 父が 大量のお菓子とおもちゃを持って おかんに逢いに来てくれていたのよね
そのときの父は、とっても 優しく最高のパパって感じだったかなぁ。

田舎での一番記憶に残ってることは、5歳の時に井戸に落ちたことかな
祖母に井戸水を汲むよう 頼まれて 調子よく 水をすくっていたら、水の量が多すぎて
そのまま 井戸にまっさかさまで、当時は、泳げなかったから、必死に助けを呼んでるつもりなんだけど まったく 声にならず、
たまたま 近所の人が 「どっぶ〜〜〜ん」と聞こえたから なんだろうと 外に出てきて
おかんに 気づき すぐに 助けてくれたから 良かったけどね
冬の出来事だったから その後は、大熱でしたよ
祖母には、「井戸で良かったよ〜肥溜めなら 名前変えなきゃいけないとこだったね」
と 言われたのが すごく 記憶に残ってますね〜

ひとりぼっち 

2005年10月27日(木) 9時47分
2歳半で 母と離れてしまった おかん
後から 祖母から 聞いた話ですが、おかんは、遊園地で「ニコニコ」しながら
祖母のお迎えを来るのを待っていたそうです。
祖母は、おかんを見て 「胸を締め付けられるようなおもいだったわぁ」と話してました。
蒸発の原因は 父の暴力がもっともの原因のようでした。

父は、最初は母を 必死に探したようですが、最終的には、協議離婚となり おかんは父の元で
生活することに なりました。

父は 一人でおかんの面倒は、見れず(祖母や叔母たちの反対を押し切って) 施設におかんを 預けました。
しかし 施設は、不憫だということで 4歳になった歳に父方の祖母の元に預けられることに
なりました。
祖母の田舎は、子供も少なく 山奥で、その当時は、電話、水道がありませんでしたぁ
井戸水で生活をしてましたぁ
まぁ よく言えば 大自然の環境でのびのび 育ったって感じですかね

おかん 誕生 

2005年10月25日(火) 13時58分
太郎さん(父) 花子さん(母)は19歳で結婚しました。
早く子供に恵まれたかったのですが なかなか 子宝に恵まれず
結婚してから 10年後 待望の赤ちゃんが誕生しましたぁ
赤ちゃんの名は おかん(私) 出生体重 2200g 未熟児
退院してからも ミルクも飲まず、睡眠も浅く 花子さん(母)困らせたそうです。
当時 家計はとても 厳しい状態で 父は、昼はトラックの運転手 夜は、スナックでバーテンダーとして 働いていたそうです。

父は お酒・賭け事・女が大好きで かなり 母を困らせていたようです。
一番困ったことは、 お酒が入ると 暴力を振るうことでした。
お酒を飲まない 父は とても 温厚で優しい人なんですがね・・・

私が誕生して 1年後には 妹が誕生しました。

そのまた 1年後に 事件はおきました。

私が2歳半の時 (記憶には 残ってませんが。。。)

母は 私と妹を連れ デパートの屋上にある遊園地に連れて行き、
母方の祖母と待ち合わせをしていたそうです。

祖母が遊園地に来たときには、私だけが ベンチに取り残され、母と妹の姿はありませんでした。
そうです、母は、妹だけを連れ 蒸発してしまったのです。

これが 私の人生のはじまりです。 

波乱万丈な人生 

2005年10月25日(火) 13時50分
この プログを初めて もう2ヶ月が立ちます。
今だ、コメントを頂けない 寂しいプログですが
私なりに お気に入りです(まぁ 自己満足ですが。。。)

さてさて この辺で 私が プログに書き込みをしたかった内容を
そろそろ 始めようと 思います。

私の生まれてから37年間を 少しずつUPしていきます。
友人に私の 生い立ちを話すと 
「波乱万丈な人生だね」と 言われます。
幼児期に受けた 心の傷を 今だに 引きずりながらも
いつも 元気に前向きに 人生を歩いているつもりですが
時には 立ち止まりたくなり また 振り返りたくも あります。
そんな時は 子供たち そして旦那様に 助けてもらいながら
日々を楽しく過ごしております。

では では、前置きは この辺で 終わりにして・・・

朝寝坊(^_-)-☆ 

2005年10月23日(日) 22時54分
今日は とっても良いお天気でしたね
今朝の私の起床は、なんとAM9:00
旦那様は、6時半頃から なにやら ごそごそしていたのは、
知っていたのだけど まぁ 日曜だから 良いかと 2度寝をしておりましたぁ。
8時頃 目が覚めると キッチンから なにやら 水が流れるが音が。。。。
なんと 昨夜の旦那様の分の洗物が残っていたので、それを 洗ってる音でしたぁ
私は、起きるがどうするか 悩んだのですが 再び 睡魔に襲われ しらんぷりを してましたぁ
それから 1時間後 友人ので 完璧に目が覚め
リビングに言ったら 旦那様の姿が ありませんでしたぁ(-_-;)

さてはて どこに いったのだろうかと 思いきや
を買いに 近くのスーパーに行っていたそうです

その後は、あわてて 朝ごはんの支度を しましたぁ===
あまりの 朝寝坊に 注意されると おもいきやぁ
「お小遣い おくれ」でしたぁ

パチンコ行きたさに お家のお手伝いを した 子どものような
旦那様 朝ごはんの 後は、 もちろん 大好きな パチンコに 行きましたよ

結果は 残念ながら  儲けなし(^_^;)



あ==あ 早起きしておくんだったなぁ(^_^;)

歯医者 

2005年10月20日(木) 12時14分
昨日は、夕方から子供たちの歯医者でしたぁ
2度目の通院ですが、一度目で息子たちは、それぞれ お気に入りの看護士さんを 見つけ
楽しんでいます。兄弟でも 好みが違い、長男は、はきはきしたboyシュな感じの女性が好み(特に顔立ちには、要求しない) 次男は、どこから見ても女の子(ぶりぶりっこ)でもって 顔が重視派です。
まぁ は 苦手な私から見れば 楽しみがあると いうことは、よい事かなって思ってますけどね・・・
次男は、したの歯を抜いて 麻酔も痛かっただろうに 看護士さんに ニコニコ笑顔で 「ありがとう〜ぜんぜん 痛くなかったよ」と いい感じなムード
長男は クールに「ありがとう」だって 普段は、ニヤニヤして しまりのない男が
信じられないよ〜 だって クラスの女の子には 冷たい癖して 大人の女には 大人の男を演じてるって 感じがして・・・
これからが 楽しみな二人でしたぁ
来週は長男が 奥歯を抜くんだけど それでも クールで いられるのかが 少々楽しみに
している 意地悪な おかんでしたぁ 

P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像りおん
» ママ母2号 おかん6歳 (2005年11月19日)
http://yaplog.jp/pony-happy/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pony-happy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる