その続き

September 25 [Wed], 2013, 19:36
 七月下旬は表大雪の赤岳〜白雲岳〜板垣新道〜小泉岳という縦走を。一人で大雪行くと天気に恵まれるんだよなぁ〜(笑)
まずは雲海の歓迎を受け…
コマクサ平では高山植物の女王に囲まれ…
メアカンキンバイとイワウメの絨毯に感動し…
高山植物には雪渓がお似合いだという事を再確認し…
赤岳頂上へ。
白雲岳に向かう途中に大雪山にしかないエゾオヤマノエンドウが咲いていて暫く立ち止まり…
道内三番目に高い白雲岳頂上へ(7/3滑落事故があった)
白雲頂上から見るトムラウシや十勝連邦が素晴らしく…
小泉岳に向かう途中にピンクの花が咲くキバナシャクナゲがあり…
エゾノリュウキンカの黄色と空の色のコントラストが素晴らしくて…
エゾツツジの絨毯が満開で…
アオノツガザクラの絨毯に寝転がりたい衝動に駆られ…
エゾタカネスミレの丸い葉が可愛く…
大雪山にしかないクモマユキノシタをじっくり観察し…
青花好きには堪らないリシリリンドウも拝め…
これまた大雪山にしかないホソバウルップソウ。この株以外みんな開花が終わっていた…
ぶれてるけど山でチョウノスケソウの咲いているのを始めてみた気がする…そんな素晴らしい大雪山。


赤岳の一週後にフレンチブルー兄貴夫妻と雨竜沼湿原へ。
調度咲き始めのエゾカンゾウがあり…
たぶんウリュウコオホネだと思われるものも咲いていて…
ここにしかない変種マシケレイジンソウも見れて感動。

八月下旬は弾丸羊蹄ツアーに。平均登山時間四時間半のコースを三時間半で登ったので帰りの足が残っていず…
ウラジロナナカマドの実が素晴らしく赤くて…
九合目でイワキキョウの群落で青花好きの心が癒され…
雨が降ってきた頂上で巻物を食べ…
北海道では羊蹄にしかないオノエリンドウの蕾を発見!!

九月中旬にはまたまた赤岳へ。今度は日本一早い紅葉を見に。そうすると…今年雪が多かったせいか先日雪が解けた所には春が!!ジムカデの絨毯が圧巻で…
相変わらずウラシマツツジの鮮やかな赤にため息が漏れ…
第三雪渓の紅葉に歓喜の声をあげ…(帰りはこの雪渓を滑って降りてきた)

赤岳から白雲岳に行く途中の案内看板は既に凍りつき…(この日の頂上付近は暴風でした)
白雲避難小屋とその周辺の紅葉も綺麗で…来年はその奥に見える高根が原に行く決意をしたのでありました。
この日下山途中で雪が降ってきました。「初雪」です。なんともロマンチックな登山でしょ。今年はついているなぁ〜と。翌日旭岳で初冠雪だったそうで。

28日は取引先の方とまたどこかに行ってきます。

10月は東京に出張があります。⇒これの為折角札幌にガルネリウスが来るのにライヴ見に行けない…
10月はもう二回位紅葉登山に行きたいなぁ…

久々の更新

September 25 [Wed], 2013, 18:42
 随分と間が空いてしまいましたね〜
その理由として、SNSでちびちび書き込んでいるともう一度同じような事書く気にならず・・・更にこのブログに写真をアップするには、一度取り込まなきゃならないんでそれが億劫に。と、いう事でこれからも更新速度は不定期カメさんです。さして楽しみにしている特殊な方は稀でしょうからいいでしょう((″≧艸≦))
 そしてそして、決してネタがなかったわけでもないのですが、PCに向かってポチポチ打っている時間も他の事と比べ効用が少なかったわけですね。第三四半期が終わろうとしている中でちょっくら出かけたことを備忘録的に。

 一月末、取引先ま方に是非遊びに来て!!と前々から誘われていたので横浜へ。自分の我儘も聞いてもらい開花したとの話が上がっていた河津桜を見に。でもね、飛行機乗る前から具合悪く⇒ウイルスに感染。・゜・(/Д`)・゜・。

途中天城越えで有名な浄蓮の滝に寄り・・・綺麗な山葵田とハイコモチシダというとても貴重なシダも見て…


そして目当ての河津桜。メジロと一緒に。
これは河津桜の原木。やっぱり迫力あるなぁ〜植物業界に居ると原種とか原木とかあついのですよ。
そして水仙が見頃だという爪木岬へ。途中伊豆大島やアロエやオバケなヤシ類に歓喜の声。


そして横浜にもどりオペラ通りという菓子屋へ。実はここのアップルパイも今回の目的。
そして横浜の夜景を堪能し…でもウイルスにしている為中華街ではなにも食べず・・・



 そして春のピークを迎え…雪解けが遅くまさにごっつぁん状態。うちの植物も調子悪かった…

そんな仕事ピーク中の五月、先ずは足慣らしに八剣山へ。ヒトリシズカやエゾエンゴサクが見頃でした。

六月上旬はアポイ岳へ。アポイアズマギクを確認し…
アポイクワガタとアポイにしかない変種を見…
そして頂上へ
でもその先が面白いのであります。ヒダカイワザクラはホント岩の間に生えていて…
アポイキンバイとエゾコウゾリナを発見し一人で騒ぎ…
アポイタチツボスミレも発見し…
サマニユキワリやミヤマオダマキ、チングルマ、ヨツバシオガマなどが咲き乱れるお花畑で一休みし…
エゾキスミレの肉厚な葉と濃い黄色のコントラストに見とれ…
アポイはまた来たいと思わせる山です。

六月中旬は樽前山・風不死岳の縦走。天気がよろしくなく景色は拝めませんでしたが花はそこそこ。ベニバナイチヤクソウや…イワヒゲの逞しさも堪能し…定番のウコンウツギはまさに見頃で…ミヤマハンショウヅルも。


七月上旬は北大雪のニセイカウシュッペ山へ。頂上が物凄い暴風で立っていられませんでした。定番のエゾノツガザクラやチングルマが満開で…
ミツバオウレンの絨毯に感動し…
七月だというのにミネザクラでお花見♪
葉に斑点があるウズラバハクサンチドリを発見して喜び…
途中釣り尾根から見る表大雪の雄大さにやっぱり大雪は素晴らしい!!と思う。

今年は

January 01 [Tue], 2013, 0:16
ミナサマ オメデトウゴザル

コトシ ハ ドンナ トシ ニ (テンコウ) ナルノデセウカ

イキタイ トコロ ハ タクサン 

イイジキ ノ ウリュウヌマシツゲン〜ショカンベツ

ツクモグサ サク ニペソツヤマ カ アシベツダケ カ ニセイカウシュッペ

ガロウノタキ〜カリバヤマ カ オオヒラヤマ

トクシュンベツ〜ホロホロヤマ ノ シラネアオイ

ユウバリダケ ノ ユウバリソウ

モチロン タイセツサンケイ モ

レンキュウ トレル ナラバ リシリ レブン 

ナドナド

モチロン テンキ シダイ スベテ テンキ シダイ…

コトシ モ ジブン ノ アシ ヲ ツカッテ シカ ミル コト ノ デキナイ モノ ヲ ミルゾ


フランスシャ トザンブ ケッセイ サレル ノ デ セウカ ネ…



ハナシ ハ カワリ

シャケン ガ アリマス ネ シキン タメテ オカナイト…

イマノトコロ ノリカエ ハ カンガエテ イマセンカラ ネ


ソレデハ コトシ モ ヒトツ ヨロシク オネガイ イタシ マス

俺の人生こんなもんなんだなぁ

December 31 [Mon], 2012, 7:55
別に表題に意味はありません。
皆様、降雪による交通障害の中、体への障害出ていませんか??札幌豊平区は二月の積雪を12月で超えました…除雪・排雪は雪国では付き纏うもの、どうぞ御自愛下さい。

 さて、自分との2012は何があったかと思い起こしてみますか…みたところでどうのこうのという気はさらさらないんですけどね((″≧艸≦))

・ガーデニングを取り巻く環境が思わしくない
 なので厳しい一年でした。売れないから余計な悪循環が生まれる。去年に引続き出社拒否したい気持ちは 消えず。⇒植物に触れる時間が激減、帳票ばかり…

・パンプキントゥインゴ号が47000キロに
 2013年6月末には初車検。年平均18000キロ乗るので54000キロ位でと思っていたところ。気持ち届か ないくらいですかね

・ロードバイクで出動がわずか1回
 当別に往復50キロ乗っただけしかも帰りは土砂降り… あっ、大通りのチャバー祭りにも出動したか。
 ozenさんや親方と出動できなかったのは実に残念であります。

・すーぱー営業まんと725☆嬢の御結婚と悪戯
 いい話ですね、しかも住まいが家から徒歩7分程。悪戯してくださいと言っているのと同じであります。
 ハロウィンの時のカボチャを発見した母上が車の上にカボチャが載ってる!!といい反応だったそうです。

・momo夫妻の御結婚と悪戯
 こちらもいい話です、そしてお子様もおめでとうござる。引き続き悪戯にお付き合いいただき(*´艸`)
 先日の雪の上にカボチャは通行人の反応が((″≧艸≦))

・チシマクモマグサの群落の素晴らしさ
 山と自転車は反比例の関係にあります。今年山はそこそこ行けましたね。八剣山二回、台風のイワオヌプ リ、樽前と風不死、黒岳~北海岳~赤岳、黒岳~北海岳~白雲岳、定山渓天狗岳、恵庭岳と。高山植物の本 来の姿に改めて感動。エゾナキウサギも見れたし。

・フレンチブルーピクニックの大雨
 なんなんですかね、あれ。でも、事故とか怪我とかなかったからいいとしませう。傘の命も預かったり、 モスのテーブルとイスの下水たまりにしたり…

・人生初のバリウム
 会社の健康診断で。結果はなんでもなかったのですが、後遺症が酷い…ほんのちょっと食べ物食べただけ で異常な膨満感…しかも約ひと月。飲むのはなんてことないけど、こんな健康を害する検査なら受けない 方がいい。

・栃木からの友人
 大学時代の友人が夏休みに帰省し飯を一緒に。思い出話いっぱいでした。

・花壇改修
 木製花壇が四年強で酷い状態に。横から土が漏れてきて…思い切ってレンガ積みの花壇に。

・相変わらずの悪戯
 カボチャマグネットだったりホントのカボチャだったり…

他にもあったんだろうけどさしてまぁ・・・なんせ今年は「天気」に左右された年であったのは間違いない。休日になれば雨…もっと天気がよければ色々な所に行っていたことでしょう。今年行けなかったところは来年に持ち越しです。

また来年もひとつ宜しくお願いいたします。 ヨイオトシヲ。

過ぎた日の恵庭岳

November 07 [Wed], 2012, 21:41
 去る10月27日、フレンチブルーの兄貴とその奥様と一緒に恵庭岳へ登ってきました。

 札幌は晴天、心もうきうきだったのですが、恵庭岳に近づくにつれ山頂に雲がかかっています…なんとかならないものでしょうか。
 R453の紅葉もいい色で山頂からの眺めに期待していたのですが、登山口到着時にはさらに雲が増えております…

 登り始めましょう。この時期ですからとくに写真に撮る植物もなく・・・ツバメオモトの実が秋を物語っていました。

中腹より支笏湖を望みます。

途中、望岳台にて休憩。風が強い…ここから少し高山帯の植生に変わります。
コメバツガザクラ
イワヒゲ
コケモモ

 その望岳台からほどなく山頂になります。山頂は雲の中で風が半端ない状態でゆっくり休息することもままならず…すぐ下山しました。

 途中にある鎖場で山チャンネーがキャッキャッ騒いでいました。実に楽しそうな四人組でした。


その後も調子よく下山し??無事に車に戻りましたとさ。兄貴曰く、今日はマニュアル車運転できないとの事です(*´艸`)恵庭岳制覇したので、樽前〜風不知や空沼、定山渓天狗岳も問題ないことでしょう。来年いい時期に雨竜沼湿原行が計画されていますからね、またお願いいたします。

ズダヤクシュが咲いていました。



最近の遭遇

November 07 [Wed], 2012, 21:17


一枚目と最後のミカングーはもしかしたら同一車かもしれません。

何度か遭遇ているトゥインゴですが、後ろについたのは初めてです。

ここ最近カングーにやたら遭遇しますが、そういう時に限ってトラックなのである。

きついが面白い

October 17 [Wed], 2012, 17:34
 先週の土曜日に登る予定だった定山渓天狗岳に行ってきまして…何せ午後からはまた雨が降るようなので急いで登って急いで帰ってきましょ。

 入山届のある小屋付近の紅葉
 0730から登り始め…最初の30分は林道歩き。ゲートは手で開けられるので車で入っていこうと思えば入っていけるのですがそこはルールを守って。

 登山口に到着して登山道を歩くと熊の沢という沢に出てこれを右岸・左岸と渡り歩きます。ところどころロープを使って登るところがあります。このロープを使うところあたりから急な上り坂になります。





その急な上り坂がしばらく続き、ちょっと視界が開ける所に出ると…

きましたよ、この断崖絶壁。そして今まで木々の中を歩いていたので気づかなかったのですが、風が強い!!でも、六月末に行ったイワオヌプリ程じゃないですけどね。

この断崖絶壁の麓には…たぶんエゾグンナイフウロとアサギリソウ


そして頂上手前の最大の難所、このルンゼを越えなければ登頂できません。

登り切ってちょっと進むと視界が開けます。左が余市岳、右に薄く見えるのが羊蹄山
こちらは無意根山
そこからまた少々進むと頂上に。
さっぽろ湖とその右に見えるの尖ったのは小天狗岳、左が神威岳。もっと天気がよければ小天狗の後方に札幌岳や空沼岳まで見えるんですけどね…
その神威岳と左に烏帽子岳
札幌市民の皆さんは、よく御存知の手稲山

 登り始める時は晴れていましたが、降りるころには写真の通り雲が出てきました。これは急いで帰らないと雨にあたってしまいますね。
 下りも滑るので気を付けなければなりませんが、無事に下山、昼過ぎに帰宅できました。

 この山はかなりきついですが、登りごたえがあり面白い山です。

 それと途中で見た植物。ツリバナ
ヤマブドウ
オオバタケシマラン
フッキソウ
ツルニンジン
サラシナショウマ


道道からの定山渓天狗岳。朝日が当たってオレンジ色がかっていた0700過ぎと帰り姿。

白い雲を目指して 其の参

October 07 [Sun], 2012, 22:18
 白雲岳の頂上で休憩を取ることなくすぐさま引き返します。この岩場を下るのはなかなかきついですね。そして、どんどん登ってくる人が居ます。この時期は銀泉台コースの紅葉が一番ですから必然なのでしょう。

 一人で来ているチャンジーや夫婦で登っていたり、母と娘だったり、お独り様山チャンネーだったり様々。でもね、みんな「登山」の恰好しています。自分みたいにジーンズにスニーカーとテキトーなシャツにハットにこれまたテキトーなリュック…。
 勿論「そんな恰好でよく登っているね〜」と言われましたよ((″≧艸≦))やっぱりおかしい??

引き返している途中に再びキュン様!!



 そして調子よく白雲岳を下り、再び北海岳を登ります。北海岳側からは白雲岳へ縦走してきたのは自分だけなのでまたまたお独り様。自分の足音と鈴の音だけが響きます。北海岳を望むと二人ほど休憩しているようです。イワヒゲがすごい大株に。これに花が咲いたらすごいよね〜

 その二人は、自分が登頂するまで休憩を取っていました。可愛い山チャンネー二人組です。その可愛い山チャンネーが挨拶と同時に話しかけてくれまして、どこまで行ってきたのか?とか、ここでも服装のネタに((″≧艸≦))やはり不思議というよりかなり新鮮に映ったようです。
 そして山チャンネー二人組はなかなか大きな荷物なので野営でもするの??と聞くと、黒岳〜旭岳(ここで一泊)〜愛山渓へと縦走するそうです。
 いや〜チャンネー二人で野営とは気合が違いますね〜しかも、歴戦の勇者の風格もあり、可愛くもかっこいいというのがぴったり。自分のようなエセアルピニストと比べるのは失礼極まりないですね〜しかも自分は日帰り専門ですからね((″≧艸≦))
 そして互いに記念写真。おいらのハットが気に入ったらしく、それをかぶって撮りたいと((″≧艸≦))それがこのショット。左の山チャンネーがかぶっております!!ご本人達の了承を得ていないので素顔は伏せておきますね。ボードなどもやるそうで、一年中、山と会話している素晴らしい山チャンネー二人組でした。お住まいも、小清水と網走だそうで、おいらにも所縁のある土地。またどこかの山で逢った時やそちらに行った時??はよろしくね!!

 二人の山チャンネーとお別れし、黒岳のペアリフト乗り場まで戻りましょう。

北海岳を下り始めた時に現れたアカタテハ??かな
何度見ても素晴らしいチングルマ群落

朝はその逆光であまり色合いが解らなかった黒岳の黄葉

そして今回も現れました!!エゾシマリス。エゾニュウの種をいっぱい頬張ってます((″≧艸≦))かわいい〜これは黒岳八合目付近。「また来てね」と言っているようです。


 黒岳下山中にやはりショックアブソーバーが痛み出しました。でも、前回みたいな酷い激痛ではありません。無事にリフト乗り場に着いた時には1400になっていました。今回は七時間半歩いたり写真撮ったり。時間だけ言うと七時間が限度のようです。又、距離は、前回より赤岳往復分の二キロと白雲岳避難小屋往復の二〜三キロの計四キロ強少ないので、今の自分にはこれぐらいが限界点のようです。

 帰りのロープウェイの中はチャイニーズがいっぱいでした(:´Д`)
 層雲峡から20キロほど39号を走り、高速へGO!!パンプキントゥインゴ号のシートは登山の疲れもなんのその。素晴らしいね〜オートクルーズを使って一気に札幌へ。二時間半で自宅に到着、1700には自宅の風呂に浸かっておりましたとさ。

 さて、今月はまだまだ登るぞ!!既に予定されているのは、定山渓天狗岳と恵庭岳。独りで行こうと企んでいるのは夕張岳とちょっと違うけど賀老の滝を。11月頭には函館方面も企み中((″≧艸≦))無事に帰ってきたらまた写真でもアップしようと思います。

 

白い雲を目指して 其の弐

October 06 [Sat], 2012, 23:16
 北海岳を背に白雲岳を目指します。
途中北海平と呼ばれているところでは道の色が違ってきます。写真は北海岳に向かって。手前が白雲岳側で重たい質量のある砂や石で形成されているようです。確かに、チシマクモマグサの咲いているところは黒い火山礫でした。

北海平から見る十勝連邦←だと思われる(*・艸・)
北海岳から正面に見える白雲岳も麓近くまで行くと左に回り込まなければなりません。その回り込む途中・・・

なんと!!エゾノツガザクラが一輪??(というのか)ひっそりと咲いていました。
白雲岳の麓の苔。ここの色は黒っぽい岩石のせいか更に綺麗に見えます。
同じくチシマクモマグサも。種の姿もまた趣があります。

 そして、白雲岳と赤岳方面に分岐点手前にはキュン様の声が聞こえる箇所があります。ここでは姿を見せ隠れしているので10分程待っていると・・・

きました!!キュン様登場!!
そしてサイコーのポージング(v^ー°)
分岐点
分岐点から少し進んだ地点から振り返ると…左から桂月岳、黒岳、烏帽子山と見渡せます。黒岳頂上から三時間近く経とうとしているので雲が幾分出てきました。

こんな岩を右に見ながら進みます…

んで、北海岳〜は誰も後をおって来る人はいなかったのですが、白雲岳には人が!!よくよく考えると、銀泉台からも登ってきているんですもんね。この銀泉台ルートかなり(といっても五人程度ですが北海岳ルートより圧倒的に多い)人が来ていますね〜

こんな岩に張付いているチングルマとキバナシャクナゲ、なんか勇ましく感じます。
葉っぱからするとミヤマキンバイでしょうか。健気にさいております。
そしてこんな岩場を登り…目印は黄色のペンキ
周りにあるチングルマの中で飛び抜けて発色の良かった個体
今回の目指していた白い雲「白雲岳」の頂上です。

その白雲岳からの眺め…白い雲を目指したせいか、雲が…ここからの眺めは、十勝連邦〜トムラウシ〜東大雪(石狩岳やニペソツ等)が見れる筈だったんですけどね〜登り始めて四時間が経過しようとしています。また前回のような下りで痛い目に遭いたくないので引き返すとしましょう。つづく

白い雲を目指して

October 06 [Sat], 2012, 16:19
 去る神無月は三日、残暑の為遅れている紅葉を大雪山系に見に行きまして。
当初は黒岳〜北海岳までで引き返そうと思っていたのですが、前回(約ひと月前)行かなかった白雲岳を目標に定める。⇒膝の調子がなんとなく完調ではないので一抹の不安があり・・・北海岳で引き返そうと考えていた。

 0200に家を出て、滝川までは下道を、滝川から高速を使い層雲峡まで一気に。黒岳ロープウェイに到着したのは0450でした。朝飯をまだ暗い中食べ、始発の0600のロープウェイで五合目まで行きます。そしてすぐペアリフトへ。リフトから望む黒岳。紅葉というより黄葉ですね〜

 リフトを降り登山者名簿に記載して0630出発。今回は植物の写真を撮ることが少ないのでさくさく登っていきます。まずは雲海を。
空の青さとナナカマドの橙がとても綺麗です。
エゾニュウの立派な立ち姿。2m以上あります。
ハイオトギリ?の紅葉もなかなか。
マネキ岩と斜面。この時間帯はちょうど逆光になります。
ニセイカウシュッペと紅葉
マネキ岩と雲海
そうこうしているうちに黒岳頂上へ。黒岳頂上には、0725に到着。一時間かからなかったですね。まあ最初は元気ありますからね〜黒岳は1984m・・・1984と言えばやっぱりVAN HALENの曲が頭の中流れます(´∀`)

 さて、石室に向かいましょう。


下り始めるとすぐにウラシマツツジがお出迎え。ひと月前にすでに紅葉してましたね。
前回キュン様(ナキウサギの事)を撮った岩場付近からの石室。そこそこ紅葉しています。この日はキュン様(なんかゴールデンボンバーのきゃん様みたいだ)の声は聞こえるのですが、日光がまだ当たらないせいか姿をみせてくれません。20分位粘ったんですけど諦めて北海岳へ。

 
石室からちょっと歩いて視界がひらけるとやっぱりここから別世界。黒岳頂上〜石室までも充分別世界ですが、チングルマの群落など言葉ではうまく表現できません。
チングルマがとにかく素晴らしいのと相対するコケの美しさ。





なんとキバナシャクナゲが!!
北海岳に向かう途中の休憩所から、凌雲岳と北鎮岳。
ウラシマツツジとガンコウラン
頂上手前ではすでに凍っているところもちらほら
北海岳登頂


ここまではすこぶる順調に。ということで白い雲を目指す事に決定!!
つづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DAHLIA
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月17日
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車-現在はRENAULT TWINGO2 GT 元PEUGEOT206CC乗り144000`で終止符。
    ・音楽-音楽鑑賞大好き。特にHM/HRが好き、でも演奏は出来ません。興味はあるんですが・・・
    ・ガーデニング-花を見て触って心が和みます
読者になる
最近山野草のように儚いながらも可憐なものに心惹かれ奪われ・・・
バーに行ったらニコラシカ・アメリカンレモネード必須
大福・団子必須
アイス・パフェ必須
カルピス・カツゲン必須
妄想族である
悪戯好きである
人間観察が趣味である
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像花水城勇輔
» お腐れ検査 (2013年12月18日)
アイコン画像サト
» 今年は (2013年01月07日)
アイコン画像
» 今年は (2013年01月04日)
アイコン画像カジツ
» 今年は (2013年01月03日)
アイコン画像DAHLIA
» 今年は (2013年01月02日)
アイコン画像DAHLIA
» 俺の人生こんなもんなんだなぁ (2013年01月02日)
アイコン画像フレンチブルー
» 今年は (2013年01月02日)
アイコン画像ジゴ
» 今年は (2013年01月01日)
アイコン画像フレンチブルー
» 俺の人生こんなもんなんだなぁ (2012年12月31日)
アイコン画像momo-cafe
» 俺の人生こんなもんなんだなぁ (2012年12月31日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE