【 更新情報 】

スポンサード リンク

毛糸ポンポンの手芸

毛糸のポンポン手芸がこの冬、大人気ですよね。

洋服や、ニット帽やファーの帽子や、マフラーにブーツと色んな物にポンポンがついて本当可愛いですね。
この毛糸のポンポン実は簡単に自分で作れちゃうんですよ。

毛糸を厚紙などにクルクルと巻きつけて、真ん中をしばり、両端の輪になっている毛糸を切れば毛糸のポンポンの出来上がりです。
また、スーパーポンポンメーカーや、くるくるポンポンなど、ポンポンを作るのに便利な商品を使うと、もっと簡単に作ることが出来ます。
余り毛糸で場所も取らずに手軽にできますので、手持ちの洋服や帽子につけたり、髪飾りにしたり、自分で何でも好きなところに付けて楽しむといいですね。
また、この毛糸のポンポンに目玉ボタンや、フェルト、モールなどを付けると、可愛いマスッコトもできます。黒い毛糸のポンポンに、ぬいぐるみ用の可動眼を木工用ボンドで貼り付けると、可愛い「まっくろ・くろすけ」になちゃうんですよ。

毛糸ポンポンの手芸は、とても簡単にできますので、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう。

毛糸ポンポンの作り方

手軽に作れる毛糸ポンポンの作り方を紹介しま〜す♪

まず厚紙を用意します。厚紙はダンボールやはがきなどでもOKです。
厚紙を、作るポンポンの大きさの正方形に切り、真ん中に切り込みをいれます。ポンポンに使う毛糸を長めに切って、切り込みにはめておきます。
この糸は後でポンポンを結ぶのにつかうので、20cmくらいの長さがあるといいです。
毛糸を厚紙にグルグルググル、ひたすら巻いていきます。
巻き終わったら、切り込みにはめておいた毛糸で、グルグル巻きにした毛糸の真ん中をキュッと縛ります。
この時きつく縛ったほうがきれいなポンポンになるので、思いっきり縛りましょう。
縛った糸の端はポンポンを生地に付けたりするのに使えますからそのままの長さにしておきます。輪になっている両端をハサミで切って、形を見ながら少しずつ丸い形になるように切りそろえていきます。丸い形になったらポンポンの出来上がりで〜す

☆毛糸をグルグル巻けば巻くほど丸くきれいなポンポンができますよ☆^^

ポンポンメーカー情報

ポンポンでマスコットやアクセサリーを作る時は、ポンポンメーカーなどの専用の用具を使うと、だれでも真ん丸できれいなポンポンが作れます。

ポンポンメーカーは・・・クロバー社から、スーパーポンポンメーカー(直径35mm、45mm、65mm、85mmの4個セット)スーパーポンポンメーカーミニ(20mm、25mmの2個セット)や、ポンポンメーカー・ニューカラーポンポンメーカーなどが発売されています。

ハマナカ社からは、くるくるポンポン(35mm、55mm、70mm、90mmの4個セット)くるくるポンポンミニ(35mm、55mmの2個セット)が発売されています。

どちらも、手芸店やネットなどでお安く販売されてますので、これを機会に探してみてくださいね。

ポンポンメーカーを使うと小さいポンポンから大きなポンポンまで、真ん丸のポンポンが簡単に出来るのでとても便利です。また、作る途中でパーツがはずれない使いやすい一体型になっていますから、お子様でも安心してポンポンがつくれますよ。