いろいろ〜フルメタルジャケット・ヒトラー・ラスベガスをぶっつぶせ〜

January 16 [Fri], 2009, 0:28
・フルメタルジャケット

あんまり好きじゃなかった。
なんかああいうせりふのやつは好きじゃない。
そんでもって子供が遊んでるみたいで・・・ああいう感じなのかなぁ。
なかなかショッキングな感じのこともあったけど、もう少し重苦しい感じの方が戦争ものは好きかもしれない。
あんまり戦争に重きをおいてる感じには見えなかった。
オレの見方が悪かったかなぁ。

・ヒトラー 最期の12日間

第2次世界大戦のドイツをドキュメントな感じでとられていた。
かなり重苦しい感じ。
もう末期のナチスをとってるので、重臣がどんどん裏切ったり死んでいったりで。
主人公?の女性も自分が何でこんなにナチスにすがっているかよく分かからなくなっているにもかかわらず結局最期のほうまでヒトラーの傍にいて。
主人公だけでなく兵士や市民の大半がもう宗教の狂信者の様になっている。
たぶんこういう感じでよく分からないまま後に引けなくなって過ちを犯すのだろうなぁという。

ヒトラー役の人もいい感じで荒れ狂っててとても面白かった。

最期に登場人物がその後どうなったかも出てきてなかなか。
戦争はいかんですよ。

・ラスベガスをぶっつぶせ

あの有名なMITの学生がカウント?という方法でブラックジャックで勝ち続けるという話。
一緒に組んでいた教授やら警備員やらいろいろ問題はあったものの、最期の落ちはかなり面白い。
さらっと見るにはとても面白いかなぁと。
何かあれっと思ったところでなんとなく落ちは読めたんですが。
ブラックジャックをやってるところはあんまり描写されてないのでルール知らなくても見れるし。
なかなかいいと思ったのですが。


他にも見た気がするけど出てこない。
せっかくいろいろ見てるのにもったいないなぁ。

ショーシャンクの空に

January 06 [Tue], 2009, 23:30
妻殺しの濡れ衣を着せられた秀才の主人公が塀の中でただひたすらに外に出た時を夢見て様々な苦難と戦い、まじめで優秀な頭を使って刑務所の中を変えていく話。


モーガンフリーマンすげぇ。
うまい。
ただただそれだけ思いながら見てました。

主人公は罪人でもないくせに刑務所に入れられ、しかもまじめできっちりしてて優秀だからいろいろいじめを受けたりもするし、刑務所の人間にいいように使われて。。。

でもそんな中で必死にこらえつつ自分の夢を、よりよい刑務所を作るために必死になって影で働く主人公はほんとにすばらしい。

途中で入ってくるロックンロール野郎をきっちり勉強させてやったりね。

不遇な環境だけど運よく救われるというよりは不遇な環境の中まじめだからこそ運をつかみ取った的な感じで妙に現実。
何か今の世の中もこういう感じで頑張れば必ず乗り越えられる、本当に苦しいけど。
という風に思わせるものでした。

最後の方もなかなかいいまとめ方で。
ホントいい作品でした。

メメント

January 06 [Tue], 2009, 23:22
記憶が10分しか保てなくなった人が、最後の記憶として残っている妻殺しの犯人を捜しだそうとする。


話が難しすぎる。

10分しか残らないということを利用して断片を流すので頭が混乱。
一発見ただけじゃなかなか理解できない。

でもこういうのは好きです。
最後のどんでん返しも。
どういうことなんだろうと思いつつ最後の方まで一時停止しつつ必死に頭を回転させました。

なんというか。

すべてネタバレにつながるのであれだけど。

10分しか記憶の残らない主人公を最大限に利用している登場人物と、10分の記憶でいかに犯人を追い詰めようかと考えている主人公がなかなかすごい。

ショートストーリーをいくつも作って…すごかった。
そして普通に編集されなおしたストーリーが最後の特典に入っててよかった。

少し落ち着いてからもう一度見てみようと思います。

ジャンパー

December 24 [Wed], 2008, 21:33
ある日瞬間移動できる能力を手に入れた彼は、それまでの弱い自分を捨てて新しい自分として人生を歩んでいく。
自分の能力を使いながら悠々自適にすごし大きくなった彼。
しかしある時、急に命を狙われて。


まあそもそも何も悪いことをしていなければ同情もできるが。

銀行強盗をして、お金返すとか書置きしといたくせに働かずにいつも遊んでいい部屋に住んで。
たぶんシナリオとして何か能力を使うヤツがいるんだという証拠的なものがないと追われないだろうからそういう設定にしたんだと思うんだけど。
普通にその能力を持つから悪なんだという理由で追われてたらまだ面白かったかなぁ。
どうも主人公が好きになれない。

アクション自体は激しかったけど、何が何やらという感じの動きで自分はあまり楽しめなかったです。

もう一人の少年が主人公だったら結構個人的には好きだったかも。
理不尽に殺されたから「復讐するんだ」を「最後の一人は守るんだ」みたいな。

そもそも主人公の心は前々成長しないし、このままだったら多かれ少なかれ間違いなく人を傷つけるようになると思う。
周りの人は良い迷惑だし、何か結局最後まで働いたりしない感じがするし。
そして最後に敵に言ってた言葉がむかついた。


思ってた感じと違ってあんまりよくなかったです。
これならアイアンマンのほうがまだ面白かったなぁ。
まあ、好みの違いですかな?

幸せのレシピ

December 24 [Wed], 2008, 0:04
完璧主義の有名女性シェフの主人公が妹?の死によりその娘が同居することに。
妹?はしんでしまった、娘は心を開かない、そんな状況下で更に自分の勝ち取った仕事場の調理場に腕はたつが行動の読めない奇妙な男性シェフ入ってきて。


そんな感じの話です。

昔から興味はあったのですが気付いたらレンタルでどこに置かれているか分からなくなっていたのですが。
やはり評価が高いだけあってとても面白かった。

というよりは、なかなか娘さんの心情表現が上手いよなぁとおもいました。

やっぱり人の死って大きいんですよね。
普通は映画とかだと一度心を開くともう吹っ切れるという感じのものが多い気がしますが、これは本当に心を開かない。
開いてもすぐに閉じていこうとするという、なかなか現実的で難しい感じが出てるようだと。

主人公の完璧主義というのもいい感じにあらわれてますし、男のシェフもテキトーな風だけどなんだかんだで周りをしっかり見ててケアをしている。

いいなぁ!
ああいう男になりたい!
目標です!

顔が良いが条件に無いとただのウザイ人になりやすそうだけどw

そして、

自分で作ったレシピが一番正しいんですよ

でしたっけ?
とってもいい言葉ですね。
最後の方に出てきた映画らしいせりふでした。

心もすっとなって、クリスマスに見るには良い作品でした。

ベオウルフ

December 21 [Sun], 2008, 14:09
主人公がとある王国の魔物退治を行なうという話。

退治自体は何とか成功し、魔物の母親と契約を行ない富や栄誉すべてを手にいれたが。


とにかくCGが多いなぁと思いながら見ていました。

映像のほとんどというくらいどこかで。

魔物が敵ということで、戦いとかでちょっとグロい感じのものもありましたが。

さっと見るにはとてもいい感じと思いました。

ファンタジー?な感じで、男には受けよさそうですね。

下手な長編見るよりはこういうのを見るのがいいと思います。

技術って進化してるんだなぁ。

クローバーフィールド

December 20 [Sat], 2008, 23:30
これは反則です。


なぞの怪獣に襲われるという話なのですが。

これは構図が面白い。

吹き替えはさすがに無理だろうという感じの作品だったので全部見た後見たらやっぱりいまいちだったw

これはどうこう言うとりぜひ見て欲しい。

最後の最後まで上手い具合に編集されている上に、本当にニュースでそのまま投稿として使われているような作品。

演劇などが大好きな人はぜひ見てみて欲しい。

少し痛々しい部分もありますが、苦手な人も最後まで飽きさせないいい作品だと思います。

ヒットマン

December 20 [Sat], 2008, 23:21
子供の頃から暗殺のために様々なことを教え込まれた主人公。
しかし、ある時自分を育て上げた組織から逆に襲われることに。
そんな中彼は、組織から自分に課されていた作戦を忠実に実行しようとする。


まず画像がきれい。
これは本当に思った。

主人公強すぎ。
時々格闘シーンで何が何やらと言うほどの動きをするので少し頭が処理落ちしそうだったw
それでいて危ういところでもギリギリで生き延びるという。

最初は冷血という感じだったですが、ヒロインを巻き込んでしまい少しずつ惹かれ、そんな心に変化が現れる感じはまあありがちだけどいい。
いかんせん主人公かっこいい。
海外の人のスキンヘッド似合いすぎ。
あと格好がかっこいい。
殺し屋であんなにパリッとした服装とは思わなかった。

時折折ってくる組織の刺客のおじさんも実にかっこいいし。
見てる分にはキレイで面白いですが、もう少し自分には合わなかった。
洋画劇場とかで流れるには実にいい感じの作品だなぁと思いました。

フォレスト・ガンプ

December 20 [Sat], 2008, 23:05
少し古い作品でしょうが、今見ても面白い作品でした。


内容は、知能指数の低いと言われる主人公が純粋な心で様々の人の人生にかかわりながら、時に罵られながらも最後は救って感謝されていくという話。


上手い感じに合成がされていて、史実上の大統領に会ったことになってたり、ニュースに映り込んでたりと当時は話題になってたそうですが、結構上手い感じでは待っててとても面白かった。

主人公も上手かったし、少し笑える感じの純粋さがすごくよかった。

そして純粋さが故の行動で周りを困らせることも多かったのですが、見ててすごく勇気をもらえるというか。
やっぱり純真で言われたとおりにきちんとするし、運も味方しながら上手い感じに一人成功するところは実に面白かった。

実際の小説ではもっと様々な事に成功するらしいですが、彼ならやってくれるだろうなというw

時折はさむ勘違いもとても面白い。

でもいろいろ成功しても最終的に一人になる。ヒロイン一筋なのになかなか振り向いてくれない。という悲しみから最後は上手く解き放たれてとてもよかった。

これを見てるときに実際の人ナのかななんて思うほどしっくりしてた。

まあありえないほど奇想天外な人生なのにね。


時間は長かったのですが全く気にならない作品でした。

大体古い作品はなかなか最後まで辛抱できないのですが一気に見れてよかったです。

最高の人生の見つけ方

December 17 [Wed], 2008, 13:04
二人の俳優がとても有名?ということで友人にお勧めされた映画です。

結婚をして子供に孫までいる幸せな家庭を持っている知識豊富な男がある時がんを患い入院、化学療法を行ないます。

時を同じくして孤独ながらも巨万の富を蓄えたひねくれ男もがんを患い、自分の病院に入院することになります。

偶然同じ部屋に入院となった二人は次第に仲良くなり、残りわずかと通告された命を謳歌するために、「棺おけリスト」という「棺おけに入るまでにしたいこと」を書き並べ、化学療法が効いて元気でいるうちに実行していこうという話。


実にすばらしい。


二人の俳優が本当に上手い。

他の出演映画を見たことがない(あるいは覚えてない)のでなんともいえませんが、本当に病気にかかってるように見えたし、化学療法が効いている時も、全快の人間ではないがまるで子供のようにリストを実行していく感じがすごくいい。

金持ちのひねくれっぷりと知識人の倫理観?信仰心?の高さも上手く表せてたし、だからこそ時折見せる心の弱さがいい感じ。

知識人の「もう最後なんだからすべてから開放されて楽しみたい!」という心に移り変わっていく様、金持ちの知識人を巻き込んだことへの後悔と感謝が本当によくあらわれていると思いました。

後半に二人が真逆の立場という構図が現れますが、真逆というよりは知識人の心を金持ちが表しているように見えました。

もちろん最後にキセキということは起きないんですが、本当に二人のように最後の最後に楽しんで生きられたらすばらしいと感じさせられました。

やっぱりがん治療はつらいのですよ。

それでも生きていることを感じながら喜んで死んでいけるのであれば少しでも心安らかに眠れるのかなぁと少し考えさせられつつ心が晴れやかになる作品でした。

最後の最後に或る人がこの作品らしいなという言葉を残して終わったので笑ってしまいましたがw





毎週1本を目標に少しずつまた見ていこうかねと思っています。

よし、頑張るぞ!

おれ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1月9日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:熊本県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-推理・恋愛・何でもござれ
    ・スポーツ-観戦の方w
    ・クッキング-自炊は得意です
読者になる
研究室に配属されました。 もうすぐ肌のハリが消えていきます。
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぽん
» ここらで一発 (2007年11月06日)
アイコン画像夢幻影人
» ここらで一発 (2007年10月29日)
アイコン画像夢幻影人
» ちょっと (2007年09月08日)
アイコン画像ぽん
» 頭が痛い。。。 (2007年08月07日)
アイコン画像夢幻影人
» 頭が痛い。。。 (2007年08月06日)
アイコン画像ぽん
» げ、げんか。。。 (2007年08月02日)
アイコン画像夢幻影人
» げ、げんか。。。 (2007年08月02日)
アイコン画像ぽん
» 胸が痛い。。。 (2007年07月27日)
アイコン画像夢幻影人
» 胸が痛い。。。 (2007年07月27日)
アイコン画像ぽん
» 胸が痛い。。。 (2007年07月25日)
Yapme!一覧
読者になる