なんだそれ。 

August 14 [Sun], 2005, 2:42
お酒が好きだったり、博打好きだったり、女が好きだったり。
逆に、それらが嫌いだったり。
人間っていうのは色んなものを好いたり嫌ったりしてます。

でもそれらは、何かの代替だったり、何かに似てたりとかしてたりします。
例えば、自分の父親に似てる人を好きになったりとか、とにかく刺身は何でも嫌いだったりとか。ようするに、傾向みたいなのが存在してるわけです。

そうするとですね、好きなものや嫌いなものの判断基準があるわけです。
つきつめれば、何か一つの基準を基にして、それを基に好き嫌いを判断しているのではないかと。
イメージで言えば、枝分かれしていく木ですかね。つまり、一つの基準が枝分かれしていく。

そうするとですね、そのたった一つの基準が壊れると、まるごといっちゃうわけですね。
価値観が揺らいじゃうと。
ただ、直にその根本に影響するってのは難しいですね。というか、最初の基準ってなんなんだか分かりません。本能とかそれっぽいけど、じゃあ逆に壊せないじゃんと。


MEGALOで漫画読みたい。 

June 28 [Tue], 2005, 1:02
春にですね、試験うけまして。情報処理の。

受かっててびっくりしました。
んでまあ、会社からお金でるんですが、冬のボーナスを待てと言われまして。

デュアルコアのCPU積んでとか、HDDをTB積んでとか、妄想でご飯くって寝ております。

皆げんきですかい?俺はぽこぽこやっておりますよ。
東京きたら、抜く回数減るかと思ってたけど、意外にアベレージは高いです。

桜色の桜餅。 

June 28 [Tue], 2005, 0:56
岡山の新見市で、ハイブリッドカーつくってまして。
なんか、ロータリーエンジンとかに携わってたおっちゃんが、頑張ったそうで。
大メーカーのやつより、シンプルでハイパワーなんだそうです。

九州にも、水素カーつくってるとこがありまして。
給油タンクにホースで水道水ドボドボいれとるわけです。
もしかして、水を分解して、水素と酸素つくるのかと思ったんですが、違ったみたいです。
ピストンに水素と水いれて、点火して、爆発させて動くそうです。
排気ガスならぬ、排気ゆげがたってました。

水道水積んで、光触媒とかで分解して、水素爆発さして走る車欲しいです。

yaplogこんにちんも。 

June 28 [Tue], 2005, 0:54
yaplogに移ってきました。よろしこ。しこ。

ぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐgんぐん。 

June 06 [Mon], 2005, 0:53
精神論ばっかりです。

エセ哲学の鬼です。

チンチン大好きです。



マゾなんで。もっと苦しみたいんです。



アトピーがどっかいって、コンプレックスとか気にならなくって、図太くなってみて。

コンプレックスは、ミニ太陽です。

こころのミニ太陽です。これからさきエネルギー問題はおこらないんです。

石油なんかすぐなくなっちゃうんです。1カロリーを1カロリーかけて掘ってどうすんだ。

なんとっても楽なのがいやなんです。

もっと喜びとかほしいんです。

ぬるいんです。

ぬるぬるのローションにまみれていきたいです。

ガチュガガチュー 

June 06 [Mon], 2005, 0:53
願うっていうのは大切なことです。

っていうか必須です。

人間ってのはときたますんごい力だしちゃったりしますけど、願うのが前提です。



私の人生思い返してみても、願わずに願いが叶ったこと無いです。当たり前です。

寝るときに妙に頭が冴えて思考しか回らなくなったら願うチャンスです。病的なほど願います。あした起きたら超能力がありますようにとか。本気です。

願いすぎて苦しいこともざらですが、しょうがないです。

願ったときに手に入ったものは、健康な肉体。活動してる脳ミソ。ほめられたりすること。等々です。

不思議なことに、願ってる最中には手に入りません。

願って願って願いつくしてわすれたころに気づいたら手に入ってます。



最近とっても不安なことに無欲です。命捨てても欲しいものがみつかりません。とーりあえず探せばあるとは思うんですけど。

ただまー無気力転じて肉欲の塊でもありますのできっと大丈夫でしょう。

アルカロイドノスタルジー 

May 10 [Tue], 2005, 0:52
占い信じてません。

うそっぱちですよ、あんなものは。

宗教とかも信じてませんよ。うそっぱちですから。



でもですなぁ、そういう科学的に信頼できないものを無駄なものだとは思ってないんです。

そんでそういうものが嘘ものだとも思ってないんです。

っていうか科学自体あんま信じてないかもしれません。感覚的には、マンガと同じ感覚で世紀の発見を楽しむ感じです。



意味をつける必要が無いんだと思います。

なにかを感じる、それで十分真実なんです。

もうほっときなさい。

とぐろ巻いてるよ。 

May 10 [Tue], 2005, 0:52
境目っていうのが何事にもあるもんです。

しかし、境目がどこにあるかっていうのは難しい問題です。

自分と他の境界線はどこにあるんですかね。腕は自分の腕ですよね。指は自分の指。爪は自分の爪。切った爪は自分の爪ではないのでしょうか。髪の毛は自分ですよね。抜けた髪の毛は自分じゃない。でも髪と頭皮のつながりってのは、かなりゆるやかなつながりですよね。垢は自分なんでしょうかね。

思うに、見える、聞ける、臭える、食べれる、知覚できるすべてが自分なんじゃないかと。

腕は自分の一部ですが、例えば包丁で切り取った腕は自分の一部ではない。つまり、つながっているどうかが肝心な訳です。ですが、つながりっていうがまた難しくて、流れる血液なんてのは細胞的なつながりとかはないですよ。なんだったらくっついて無いわけですから。

自分の体そのものがゆるやかな繋がりによって構成されているわけです。ですから、ゆるやかにつながる世界は自分の一部じゃないかと思うわけです。

ナー人マカドニックフロンティア 

April 29 [Fri], 2005, 0:51
自分の在り方をよく考えてます。

何をするべきか、どこへいくべきか、今の自分でいいのか。



そのたびに自分の無力さに悩まされます。なにもしない、どこへもいかない、自分。

目の前にあることだけをしていくなら、するべき事ははっきりしています。

ただ、もっと先を見据えて今を積み重ねていきたいんです。



自分の経験が少ないからなのか、単に想像力や考えが足りないだけなのか分かりません。

描く未来と、目の前にあることをつなぐ線が見えません。



自分の体を世界の為に使いたいと考えるのが驕りなのかもしれません。

いまだに初回の快感を越えれない。 

April 24 [Sun], 2005, 0:51
進化とは変化であり進歩では無いそうです。

ダーウィンの進化論に基づくなら、自然淘汰によって進化が起こるそうです。

思ったんですが、今の日本で自然淘汰なんてものが起こるんでしょうか?少なくとも、自然界における自然淘汰は起こっていない気がします。

変化は起こるでしょう。人間の体に人工的につくられた臓器や、全く新しい働きをする装置がつけられる日は間違いなく起こります。そうなったときに、肉体の変化は精神に変化を及ぼすでしょう。

人間は遺伝子とは異なる手段で、経験を伝達し繁栄してきました。ですが、肉体による制約によって精神的な変化はこれ以上起こらないように思えます。

例えば、文字や言葉、ビデオ、画像、による情報伝達には限界があり、真の意味での情報の共有とは異なります。悲しみという言葉がありますが、どうして自分の悲しみという感情と、他人の悲しみが同じだといえるのでしょう。

人の構造が解析され、脳内の電気信号を意味として捉えれるようになったとき、人と人が完全に理解しあえるようになるのではないかと思います。思想、感情、理論、理解、全てが繋がった人々で共有される。まさに個が全、全が個みたいな状況です。

ここで肝心なのは肉体は多様である点です。一つの規格による肉体では、一人の破滅が皆の破滅になってしまいます。一人が絶望するなら全員が絶望してまう、肉体が異なるならそんなことはありません。

人が人で無くなる未来、楽しみですなぁ・・・。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ponave
読者になる
Yapme!一覧
読者になる