ファーラム 

2006年05月26日(金) 11時42分
の寝てる時間にPC、PS2な日々です。

チマチマとだけどFFやってます
けっこーはまってるかも

モブ退治に必死な感じですが

んでもって何かと挨拶は

「ファーラム」

って言ってしまうめちょだけど
パパちゃんにやめないさいって怒られてるわけだけど

なんだかやめられない

FFやってないとわからないネ。
ごめんね。

んじゃ、今日はここまで


"(@´▽`@)ノ""" ファーラム

うーん 

2006年05月21日(日) 2時04分
ちょっと元気低下中であります。
なんだろ…。

なんだかダメみたい。

疲れたー 

2006年05月08日(月) 11時46分
GW終わりますたね。

いあー疲れた。
何もしてないんだけど
の抱っこでたぶん腕が腱鞘炎っぽい。
痛いよ

湿布してたら肌がやられたみたいで痒い&痛い。
どうしようもない感じ

GWは遊べなかったし
楽しいことなかったなー。

めちょ母とめちょ姉が来た時は買い物もして
美容院も行って楽しかったけど

孫大好き 

2006年04月28日(金) 21時58分
今日、もうすぐオカンとおねぇが来る

に1ヶ月会えなかったオカン。
おばぁちゃんか

ほんとが可愛くて仕方ないみたいで
写メを毎日見ては話しかけてるらしい

そんなおばぁちゃんが、今ここにむかってます
土日はとべったりするみたいなので、パパちゃんとデートしてきます
楽しみだわ

なんでだー 

2006年04月25日(火) 22時49分
なんかサイドバーがずれてるよね

直らないんですけど…。

今日また病院行ってきた。
やっぱりまだ完治はしてなかったよー

サイアドバーが気になってるので
日記になんねぇ



追記
やっと直せました

画像公開!! 

2006年04月24日(月) 22時53分
の画像初公開

これが愛娘ちゃんだ



パパちゃんに抱っこされて寝てるです

出産記録B 

2006年04月23日(日) 17時05分
分娩台に乗り、処置を受けながら陣痛に耐える。
「もう無理、無理」って何度か言ったような

パパちゃんはまだ分娩室に入れず。
後で聞いたらドアは開いてたのでそこから見てたらしい

もう耐えれなくなり思いっきりいきんだら、じわーっと太ももあたりに温かい感触が。
破水したな。って思ったけどそのままいきむ。

呼吸が上手く出来ずの心音が弱まる。
「赤ちゃんに酸素を上げて!」って何度も言われるたけど無理無理
もう必死で呼吸どころじゃなかった…。

とにかくいきむことに必死だった。
2度目の破水で「先生呼んで!早く!」って慌しくなった気がした。
「赤ちゃんヤバイのかな…」って思ったけど上手く呼吸が出来なかった

先生が来てすぐパパちゃんも分娩室に入るように言われた。
なんかもうの頭が出てたみたい。

パパちゃんが汗拭いたりしてくれたらしいけど、もう記憶にはない。
というか必死で周りの事全然覚えてないのです。

4回くらいいきんだかな?そしたらパパちゃんが
「もう出てるよ」って教えてくれて、看護婦さんにも
「見てごらん」って言われて足元を見たらの頭が見えた

「うわー」って言った気がする。
そしてまたいきむ。

「後一回頑張れ」ってパパちょにも看護婦さんにも言われて思い切りいきむ。
そしたらズルッって感覚と一緒に痛みが消えた

ちょっとしての泣き声が聞こえた。

すぐ確認した事は性別でした。
女の子って聞いてたけど本当に女の子かどうか
「女の子だよ」って言われて一安心。

だって服とかピンク多かったんだもん


2月21日 4時38分
3932gの女の子誕生


髪の毛がフサフサなビッグベイビーでした

パパちゃんはへその緒を切ってくれました
その後写真撮ったりして、産後の処置へ。

処置も終わってに授乳。
必死で吸い付く赤ちゃんがとっても可愛くて愛しかったです。

でもやっぱりでかかった

出産記録A 

2006年04月22日(土) 21時25分
15時過ぎに病院に着いてNSTを受けた。
5分間隔でやっぱり陣痛は来てたのです

そして診察室で内診してもらったら
「1pくらい開いてるけど、は降りてきてない」との事。
「心配だろうから今日は入院して明日様子見てまだなら帰ってもいいし。」
と言われたので入院する事に。

そこで悩んだのがパパちゃんを呼ぶか呼ばないか。。。
このまま陣痛が進まないかもしれないし
進んで出産になるかもしれないし。

悩んだ結果、長引いてもいいけど
立ち会えなかったらショックだろなという事で
「もしかしたらお産が進むかも」
にかけて呼ぶことに。

関東から関西に里帰りだからすぐ来れないので
呼んでも5時間ちょいかかるのです

16時に入院してこの時はまだまだ余裕でした。
陣痛も生理痛程度だし、めちょは生理痛が重かったので我慢出来る範囲。
それでもまだ5分間隔から進まず、弱まる事もなくが続く。
オカンも一度帰宅して一人で耐える事に

パパちゃんと連絡を取り合ったりして時間を潰してました。
そのままの状態が続いて、夜の23時にようやくパパちょが到着

1ヶ月振りの再会。
嬉しくて恥ずかしくてなんだかモジモジしちゃった
それからなんと急に陣痛が強まって来たのです
でも赤ちゃんはなかなか降りて来ず。

間隔も3分間隔だったり、4分だったりと狭まって来たし。
パパちょが背中をさすってくれたり、お尻を押してくれたり
眠いのを耐えて色々してくれました。

夜中の2時頃には子宮口も3p開き、痛みも耐えられない程に。
痛みで気分も悪くなり4回嘔吐しました。
3時頃にトイレに行くと出血と塊が出たのでナースコール。
もう辛くてガクガク…。

内診してもらうと子宮口が8p開いてた
一気に進みすぎだよ
「分娩室行こうか」との看護婦さんの言葉に
うんうんと首をブンブン振って陣痛の合間になんとか移動。
パパちょもカメラを持って移動。

でもパパちょはまだ分娩室に入れず待機。
めちょは分娩準備の処置を受けながら、陣痛に苦しんでました。

分娩台行くと楽になるかと思ったけど甘かった
仰向けで陣痛耐えるのがツライ、ツライ。

この時3時50分位だったと思う。

出産記録@ 

2006年04月21日(金) 21時43分
さてさて、そろそろ出産の時の話でも書こうかな。

何回かにわけて書くよ

2月17日の検診では
37w3d
腹囲 101p
子宮底 37p


推定体重は出してもらえず。
下がってきてなくて
産まれる兆候は全然無しだった

パパちゃんは立会いを希望してたから
仕事の都合で予定日よりも早く産まれて欲しかったの。
ずっとお腹の
「パパちゃんに会いたいなら20日に出ておいで
って話しかけてた。

そしたら
19日にお腹をくだした
腹痛がすごくあったものの下痢のせいだと思った。

そして20日の朝10時頃、軽い腹痛に
まだ下痢続いてるのかなーとトイレへ行ったら
おしるしが

「うわーぽんちゃん20日に本当に産まれてくれるの?
ってすごく興奮した。

それから1時間後5分間隔の生理痛のような腹痛が
その時12時。
病院に電話したけど
「その様子ならまだ大丈夫そうね。1.2時間様子見てくれる?」って返事だった。

まだ生理痛程度の痛みだったし、5分間隔と言ってもなんだか陣痛じゃない気がしてそのまま様子を見る事に。

15時になってもずっと5分間隔は続いたので、再び病院に電話し診てもらう事に。

続く

良好 

2006年04月20日(木) 14時23分
お尻がほぼ治ってきますたよー。
今回の事でお尻って大事だなぁって学んだよ。
だって、座れない、寝れない、歩けない。
悲惨だよ


そんなわけでこの1週間、パパちゃんママに通ってもらって
の世話から、うちらの世話までしてもらいました。
ご飯も、掃除も、洗濯も。

いあーまじ感謝です
動けない体だったのでどうなるかと思ったけど
助かったよー

パパちゃんママが家事してくれてる横で
めちょはと昼寝なんかしちゃったりしたよ。

おかげでぐんぐん回復しまして、今じゃ歩けるし
一番嬉しかったのが、トイレが楽になった事

変な話、すごい辛くてね
出産を思い出すくらい痛いし苦しいし


いっそ殺してくれ


なんて思うくらいだtったんだよ。
もう平気だけどね
まぁ少しまだ痛いんだけどね。

体でなんか違和感感じたり、痛みがあればすぐ病院へ
これ大事、まじ大事
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pometyo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる