海ゼミ

October 01 [Mon], 2012, 22:21
もいっこ更新。

9/24、25、26の三日間、「海に学ぶ」というゼミに行ってきました。
これまた楽しいイベントでした。


9/24の昼に三崎臨海実験所に集合しました。
海のゼミだからと虫網を持ってこなかったことを後悔するくらい、蝶がいっぱいいました。
このゼミはみかみんとぼくり氏も履修していて、生物学研究会の先輩もいて、やっぱり生物屋が集合していました。
みかみんはこの日の午前中も化石採集していた模様。さすが化石廃人です。


1日目は地質見学がありました。
「地層を見たことがある人ー?」
という問いに、みかみん周辺の人が手を挙げる。
どういう機会に見たの?との質問に、他のゼミを挙げるぼくり氏。
そしてためらいながら「化石採集が趣味」と答えるみかみん。

他の人は地層に注目したことがないようで、海岸の地層を見て、
「こんな地層があるんだー」
と言っていました。
海岸の地層は白い泥岩の層と黒くてもろい火山灰の層が交互に重なっていて、
水の浸食で綺麗な段々になっていました。
褶曲、地滑りの跡、正断層、逆断層が近くに集まっている場所を見たり、
より新しい時代の海底砂丘の跡を見たりしました。
規則的に並んだナナメの細かい層と水平な層が綺麗でした。




2日目は和船操船、ROV操縦、海水分析の3つの実習をしました。
和船は3人一組で船に乗って、TAが2人ついて、交代で漕ぎました。
力は無いですが、3人で一番うまく漕げた自信があります!
疲れるだろうけどもっと漕ぎたかったなあ。楽しかった。

ROVは Remote Operated Vehicle の略で、
ケーブルを通じて操作する海中調査ロボットのことです。
実際にロボットを操縦して、搭載されたカメラで魚を撮影したりしました。
「専用のコントローラー」はどう見てもプレスtいやなんでもないw

海水分析では海洋深層水、海洋表層水、淡水の成分濃度を比較しました。
汲み上げてから時間がたった深層水なので、溶存酸素濃度は大して変わりませんでしたw
海洋深層水には生物遺骸由来の栄養塩類が多いらしいです。

夜には懇親会がありました。
懇親会なのに知り合い同士固まっちゃうだめなこ←
自己紹介でみかみんが「腕足類が好き」と言っていたのですが、
生物に限ったゼミではないせいか、腕足類を知っている人が誰もいませんでした。
残念がっていました。

自己紹介では「海と私」というテーマでしゃべらされたのですが、
私は海で泳いだことがない程度には海と縁がない生活を送ってきたので、
とりあえずそれをネタにしておきました。
でも、海の生き物と戯れるのも楽しいですね。

ついでに懇親会会場でヒカゲチョウを捕まえました。素手で。
ボロってしまい悲しかったです。
まあ、翌日なぜかさらに2頭、保存のいい死体を拾ったのですがw

我々が生物&地学ネタで盛り上がったせいか、ゼミの先生がたに、
「今年の学生は濃いな。」「生物系が多い。」
と言われました。例年は工学系のほうが多いみたい。

みかみんは地質の先生と仲良くなっていました。
私が携帯につけているウミウシのストラップを見せると、先生も同じシリーズのストラップを持っていました。
ウミウシマニアの先生に、種類を教えてもらいました。忘れました←
マニアックな生物の精巧なフィギュアが入っているガチャガチャがあって、
生物屋達をを破産の危機に陥れている非常に魅力的なシリーズなのですが、
そのうちの一つがそのウミウシです。
ウミウシの先生は、メーカーからサンプルを一つずつもらったそう。羨ましい。
「次のテーマとして腕足類を提案してみようか。」
という言葉があったので、動向に注目です。

夜中、海水分析のレポートを書こうと共用スペースに行こうとするも、
生物勢のだべり声に誘引されて結局だべりに参加してしまいました。
だべった後でちゃんとレポート書いたので許して。うん。うるさくしてごめんなさい。


ふじさん。


3日目は生物のスケッチ。
イソニナとヒザラガイを描きました。
あれっイソニナ書いたのは前日だったぞ?色々時系列が怪しいかも。。。
まあいいや。
描きました。
みかみんは化石で出たヒザラガイの殻を図鑑で同定したり、現生のヒザラガイを解剖したりしていました。
…のも多分前日だな、あれれ。

ガチャガチャの話題が出たのはこの日の昼だったっけ?
うーんうろ覚え。


この日の昼、エビガラスズメの幼虫を捕まえました。
twitterに画像をアップしたら、ナナシサンさんが同定してくれました。
食草と一緒に、みかみんがインセクトフェアで12個100円で買ったタッパーに入れて持ち帰りました。
既に貝殻入れとチョウ入れにと借りていたのもあるので、3つも借りたことになりますね。
タッパー便利です。

午後は油壺マリンパークに行きました。
まずは裏側見学。先頭付近に固まる生物屋。
飼育員の視点から水槽が覗けて面白かったです。
演示用に置かれたサメの顎を見て、イタチザメと言い当てるみかみん。流石。

裏側見学が終わったあと普通に見て回ったのですが、中々にカオティックでしたw
「ペンギン神社」ではカップルでペンギンの求愛行動の真似をせよとの旨の説明があり。
おさかなのショーがあり。(これ、小さい頃に見た覚えがある!!)
「水族館の中の動物園」と書かれたブースがあったので、両生類爬虫類でもいるのかと思って入ると、
ふつーに魚がいました。
「陸上動物の名前がついた海の生き物」というコンセプトらしいのですが。。。
後半にいくにつれなんか変なのが混ざるし。。。
「馬糞」「おじさん」「乙女」とか。。。
私とみかみんともう一人の生物屋さんで見ながら爆笑していたのですが、
ぼくり氏に聞いたら特に気に留めていなかったよう。えー

メガマウスシャークの標本は壮観でした。
思わず各部位の写真をパシャパシャ撮ってしまいました。
入り口の近くには、何の脈絡もなくアンモナイトが置かれていました。
しかも照明の当たらない、目立たなーいところ。
あのみかみんさえ一週目には全く気付かなかった程度に目立たなかったし、
何の脈絡もないし、一体何だったんだろう。。。

とまあツッコみながらですが、楽しく見学しました。
TAさんからミジンコのガチャガチャをなぜかおごってもらったりもしましたw

実習終了後、みかみんと私は三崎口駅付近で軽く化石採集しました。
いや、私はついてっただけで掘ってないけど。
小型の貝の化石が採れました。
私はバッタと戯れたりしてました。
日が暮れ、三浦海岸駅付近で夕食。

大雨による土砂崩れで京急線が一部不通になり、
代替輸送で久里浜で乗り換える人の群れにとりあえずついてゆく2人。
手続きで少々トラブって、駅員さんにICカードを見せたところ、
定期券の駅名を見て「東大ですかすごいですね」と言われました…が。
二人ともあほのこなので説明されたことを理解していたやら不安ですねw
まあ帰れたのでよしとしましょう。


そんなこんなで楽しい3日間を送れました。
今月、ずっと生物屋と一緒ww

愛すべき生物屋たち

October 01 [Mon], 2012, 22:19
こんばんは。
ここんとこ遊びに忙しくてブログネタがたまっていく一方のまろんさんです。
今回は9/23、29、30のことを書こうと思います。


9/23
この日はインセクトフェアに行きました。
ナナシサンさん、筑波のチョウ屋さんとその知り合い二人、アリ充こと印度川さん、
雨でテニスの試合が中止になったぼくり氏、雨で化石採集に行けなかったみかみん、
という愉快な仲間たちと、気づけば8人の大所帯。

「いんせくとふぇあー」と書かれた可愛い入場証シールを受付でもらい、いざ会場へ。
第1会場には、昆虫用品と日本産の昆虫が並んでいました。
第2、第3、第4会場には主に海外産の昆虫が。
私は展翅版、三角紙、標本箱、標本数点を購入。
標本箱は大きなドイツ箱を5000円で購入。少々傷物だけど、相当お安いらしい。

若い女性が少ない業界だからか、みんな親切でした笑
蛾の標本を売っているブースで蛾たちを眺めていると、店員さんに話しかけられ、
色々話しているうちに、綺麗な緑色の蛾の♂♀ペアの標本をタダでもらっちゃいました!
もらうだけもらって帰るのも悪いので、ピンク色の蛾の標本も買いました。
他のブースではキタスカシバというスズメバチみたいな姿の蛾を2頭、これも安くしてもらった♪


それから綺麗な蝶を4頭。
モルフォ蝶なんて大きくて綺麗なやつは1万くらいするらしいけど、これは4頭で2000円。
ここの店員さんの女性とのやりとりがちょっと面白かった。

店員さん「前も来ました?」
まろんさん「いえ、私は初めてです」
店員さん「そうかい。ここにいる人と目合わせない方がいいよ、人生棒に振ってる人がいっぱいいるからww」
みかみん「もう手遅れですwww」
店員さん「www女性のほうがババアになっても虫続ける人が多いのよ。妻に止められることもないし、飼育も上手いからww」

手遅れだそうです。

筑波の蝶屋さんが標本ケースが足りなくなるほど標本をたくさん買っていたり、
ひとつの属に特化した図鑑が売っていたり、
昆虫界隈の底なし沼を垣間見ました。。。
標本ケースを持ってくることが前提とされている時点で怖いww
行きの電車でナナシサンさんに渡された標本ケースの意味、会場に入ってしばらくして初めて理解できましたw
道具と標本合わせて1万円くらい使いましたが、いい買い物でした。
でも入場料600円で何も買わず標本を眺めるだけでも楽しめると思う。

筑波大の人々の意向で、その後秋葉原へ。
アニメイトなどを巡り、夜ごはんはカツカレー
カツカレーが今ネットで話題になってますが、我々は時代に先行して食べましたw
量が売り!というメニューがあって、みかみんがそれを頼んでいたのですが、
「あれば食べる」に定評のあるみかみんが食べきれないほどの量だったようです。
悔しがってました。
その後閉店間際の31アイスクリームに滑り込み、閉店後も店の前でだべり、
店員さんに追い出されるまで居座り続けました。


9/29

この日は某有名女子校の文化祭に行きました。
生物オリの後輩ののだなちゃんに招待され、みかみんとLisaを誘って行きました。
「最も危険な組み合わせ」とされた4人が一堂に会した瞬間です。
全員ボケかます上にマイペース。確かに危険でした。
のだなちゃんとの待ち合わせのときに送られてきた、
「交差点を180度渡っといて!」
からして危険感満載でした。対角線上向かい側まで渡れという意味だそうですが。。。

化学部、生物部のの展示を見てから、数学部へ。
数学部の展示で出されていた問題を1時間以上解き続けていました。
途中のだなちゃんがシフトで抜けたのですが、その間ずっと数学部に居座っていました。
「まだ同じところにいたの!?w」
みかみん一人だけ1問も解きませんでした。東大生です。

ひとしきりみかみんをいじったあと、お昼ごはん。
のだなの学年のブースだったので、食べ終わったら直接またシフトに入っていましたw
そのあとは3人で各展示をぐるりと回り、
お化け屋敷に入ろうと提案するも受け付け終了でがっかりし(一人だけ安堵し)、
メニュー売り切れで仕事がなくなったのだなちゃんと再び合流。

古本市で「パラサイト・イヴ」を200円で購入し、
実は文庫版が100円で売られていたという罠に気づきました。
まあ十分得したのでいいですが。
古本市と同じ教室の休憩スペースでずっとだべっていました。

その後、ナナシサンさんと合流して志賀昆虫に行きました。
志賀昆虫で展翅テープを購入し、ナナシサンさんから虫ピンと標本をもらい、
展翅に必要な道具は一通り揃いました。
みかみんとLisaも網を見たり本を見たりと、結構盛り上がりました。

買い物を終えた後、戸越銀座の商店街を歩きました。
レトロな雰囲気のおもちゃ屋さんやリサイクルショップを回ったり、
輸入雑貨屋の試食やパン屋さんのパン耳をつまみ食いしたり、
焼きそばや焼き鳥を食べ歩きしたり。
とーっても素敵な商店街でした。

Lisaは夜に飲み会があるということで、見送ろうと駅に向かう途中、
房総キャンプで一緒した人に偶然の再会!!
びっくりして、しばらく立ち話しました。

夜ごはんはナナシサンさんとみかみんと一緒にパスタ。
みかみんはイカの塩辛パスタを注文ww
私は醤油味のパスタを食べました。
麺がもちもちしてて美味しかった!

夕食後、カラオケに行きました。
そのカラオケ、外装がプレハブ小屋みたいな感じで、冒険感覚で入ったのですが、
見た目を裏切らない店員のおじいちゃんと、見た目をいい意味で裏切る新しい機械!
値段も土曜日に関わらず格安な上にワンドリンクも無し、最高でした!
入るのをためらったのが馬鹿みたいw

そしてナナシサンさんもみかみんもめっちゃ歌うまい!
採点しながら歌ったのですが、誰も平均点を下回りませんでした。
私の女声曲はなかなか怪しかったですがw
採点の最後に一言コメントみたいなのがついて、改善点を指摘されたりするのですが、
みかみんは採点の機械に愛されていたようで、一人だけ褒められてましたww
なかでも、
「聴いていて楽しい気分になりました。」
は最高に笑えました。お前、機械のくせに…!


9/30

この日は夕方にLisa宅でお月見会が予定されていたのですが、
台風のため中止、代わりに昼に集まりました。
夕方に予定が入っていて参加できなかったはずの私も、これはラッキーと参加しました。


東急ハンズ7階のハンズカフェにて、ミドリムシシェイクを飲みました。
味はバナナベースのミックスフルーツジュースって感じで、ミドリムシは特に感じませんでしたw
甘いので途中で飲むのが辛くなってしまったのですが、
ナナシサンさんは「甘ければ甘いほど好き」と言っていて、身も心もちょうちょさんでした。

ハンズの商品も見て回りました。
サイエンスグッズは一般向けながらコアな人々にも楽しめるといったラインナップで、
生物屋集団の我々もしばらく見入っていました。
少し下ったところにおいてある貝殻を見て、
「なんでこんなに安いのー?私の労力はー?」
とLisaが嘆いていたりもしました。
貝殻の値段と採れやすさにはほとんど相関がないみたいです。不思議。
インテリアコーナーでは繭みたいなランプカバー?を見つけたり。
このメンバーならではの楽しさがありました。

遅めのお昼ご飯をLisaおすすめのベトナム料理屋さんで取ろうとするも、日曜閉店。
代わりにLisaおすすめのカレー屋さんに入りました。

駒場に用があったので、渋谷から歩いて向かいました。
普段通る道を使わず、細い道細い道を選んで行きました。
小さな公園に行きあたって遊んだりコケを観察したり、
植物がうっそうと茂る細道を進んで行き止まりにぶち当たったり。
一人で気ままに散歩するような感覚で歩けて、その感動を共有できる、素敵なメンバーでした。
なんで生物屋同士で一緒にいるとこんなに楽しいんだろう。

そうこうして駒場につき、私が用事を済ませている間に他の3人は駒場池でザリガニを釣り、
アドミニ棟の壁のアンモナイトを眺めているところと合流しました。

私は帰宅し、その後サークルのイベントの話し合いに行きました。


こんな感じで生物屋と過ごす日々でした。
毎日いろいろありずぎてブログ書くのが追い付かないぜ!
ちょっと変わってるかもだけど、大学生活エンジョイしてるなあ。

山口での化石採集&広島観光2

September 23 [Sun], 2012, 1:39
前回の続きです。


9/16

朝、風の音で目が覚めました。
このとき山口は台風の強風域のなか。
こんな天気じゃあ採集は無理かも…と思いきや、
出発の頃には風が穏やかになっていった。雨もない。
よし、行こう!

前日見つけた産地に行くと、明らかに倒れた竹が増えていて行く手を若干阻まれました。
きっと風のせいでしょう。結構危なかったかもw
午前中いっぱいの採集で、4人ともアンモナイトをゲット!
みかみんに関しては大物もあれば一枚の岩に何匹もうじゃうじゃいるものも採り、
なかなかの大漁でした。

ついでに私は虫取り網も持って行ったのですが、トンボがちょいちょい採れました。
9種類は見かけたんですが、化石採集中目の前をうろついてた大型のトンボは採れず。
網をしまうと近くを飛びよるーむきー
コムラサキ(蝶)や大型の黒いアゲハ系の蝶も見かけたが逃げられ。
前日見かけたヒカゲ系の蝶は見つけられず。
鱗翅類に関してはシャクガ一匹というちょっと残念な結果に。
でもアンモナイトもいて現生昆虫もいっぱいいるなんて素晴らしい場所。

午後はホタルの里ミュージアムへ。
展示内容はホタル半分、周辺の自然半分といったところ。
手が込んでいて内容もあって、生物屋が楽しめる感じでした。
体節ごとにバラされた昆虫標本は圧巻でした。
化石コーナーでは、周辺で採れるアンモナイトの同定のしかたが書いてありました。
巨大なホタルの模型が置かれたジオラマをみかみんが怖がっていたのが面白かったです。
小学生のいとこ君は喜んでいたので余計面白かったです笑

展示室の外にも標本庫があり、植物から虫から化石まで取りそろえられていました。
みかみんが化石標本にかぶりついている間、
私はチョウとトンボの標本を眺め、さっき見た虫を同定しようとがんばってました。

いとこ君の学校もあるので早めに広島へ。
この日はお父様と一緒に夕食を食べました。


9/17

この日は再び広島観光。
みかみんの幼馴染でメカならなんでも詳しいという変人と一緒に。
携帯端末を4つ持ち歩いていたり、ふと見かけた電車について語りだしたり、
一日過ごしただけでその素敵な変人っぷりがわかりました。

昼までは「こんちゅう館」を見ました。
なかなかつっこみどころ満載で面白かったです。
ナナフシが繁殖しまくって過密状態になってるのはちょっと可哀想でした…。
みんな脚とれてたし、死んでるのもいたし…。
あと、クスサン(だっけ?)の「幼虫」の展示なのに、みんな羽化してたり。
解剖模型の説明の「マルピーギ管」の位置が明らかに間違っていたり。
ある意味面白かったですw

蝶を放し飼いにしている部屋で蝶とひとしきり戯れました。
採るなと書いてあるせいなのか、手を伸ばしてもなかなか逃げない個体が結構いました。
オオゴマダラが胸に止まってきたりもしました。

その後、迎えの車が来るまで敷地内でだべり。
遅めのお昼は叔母さまも一緒してインドカレーを食べました。

午後というか夕方は平和記念公園へ。
館内を見た後、駅に向かうついでに爆心地付近も通ってきました。
当時と同じ名前で病院やってるんだ…。親戚とかなのかなあ。

広島駅付近で夕食を食べた後、最終新幹線に乗ろうとしたところ、
なんと大雨の影響で運転見合わせw
広島滞在が一日伸びる運びとなりました。


9/19

みかみんの家に泊めてもらい、午前中はとくに何もせずうだうだ。
お昼からはまた幼馴染君と一緒に行動し、昼食にお好み焼きを食べました。
この日は大和ミュージアムとてつのくじら館に行きました。
戦艦大和の設計にかかわるノートや図面を見て、
これコンピュータ使わずに手書き・手計算なんだよなあ…と感慨に浸りました。
そして戦時中なのに英語でかかれていることにつっこんだり。

夕方には化石母娘のお家にお邪魔してきました。
すごく立派なマンションで、まるでホテルみたいな廊下だったのですが、
玄関に一歩入るとそこには化石あり、貝殻あり、動物フィギュアあり。
あー私たちの同類だーと思いました。
お母様がなかなかガチ勢らしく、色々と資料を見せてくれました。
高校生の娘さんは化石に関する研究もしているそうで、すごいやら羨ましいやら。
夕ご飯もご馳走になったうえに、イシクラゲクッキーまで頂いちゃいました。
初対面なのに(^^;)

この日は最終一本前の新幹線に乗り、無事帰着。
波乱の多い旅ではありましたが、すごく楽しかったです!

山口での化石採集&広島観光

September 23 [Sun], 2012, 1:37
こんばんは、試験が終わってから遊び倒してるまろんさんです。

前回の房総キャンプから三日ほど置き、今度は山口に化石採集に行ってまいりました。
ついでに同行者にして化石ガチ勢のみかみんの実家のある広島も観光してきました。
あきやすみのおもいで。


9/13

この日の夜行バスで広島へと出発したのですが、
その前に、東京に遊びに来ていた化学系京大生と遊んで来ました。
「他に誰か呼ぶ?」と言われ、面白ければ知らない人でも構わないと言われたので、
面白い人ということでみかみんを呼びました。
本屋でうだうだした後、ファミレスでおしゃべり。
その最中にみかみんが「シカの頭骨いる?」という要件の電話を受けるなど、面白さが滲み出ていました。
午後はカラオケで時間を潰し、夜、新宿を出発。


9/14

広島駅に着くと、みかみんのお母様が迎えに来ていました。
実家にお邪魔すると、バクテリオファージのオブジェ(みかみん作)が飾ってあったり、
生物系の本が本棚にずらっと並んでいたりと、まろんさんホイホイな感じでした。

お昼ごはんは下町っぽい雰囲気のお好み焼き屋さんに行きました。
4席しかない小さなお店でした。
食べている途中、お店の電話が鳴ったのですが、
お店のおばちゃんが男性客に「切って切って」と頼んでました。
切るんですかそこ。てかお客さんに頼むんですかw
味は美味しかったです。

午後は宮島観光。
和風な雰囲気に、外国人観光客並にテンションが上がるまろんさん。
みかみん曰く、連れてきた人でこんな風に喜ぶ人ははじめてだそうですw
ちょうど干潮だったので、大鳥居にも触れました。
厳島神社を参拝。引いたおみくじは凶。
由緒ある神社は辛口なことが多いそうです。へえー

そして宮島水族館へ。
2周半くらいしてきましたw
二人とも生物屋なので一つ一つの生き物をじっくり見るはずなのですが、
一週目は硬骨魚類をだいぶスルーしたので意外と早く終わってしまいました。
ということで二週目は硬骨魚類を同定しながら進みました。
しかし、パネルに載ってるのに水槽にいない種類がいたり、その逆だったり、
パネルに学名が書いてなかったり、無脊椎動物はパネルが無いのが多かったり、
水族館って結構適当だなあと思いました。
「学術的説明が乏しいからリア充ばっかり来るんだよおおお」
と、見かけだけはリア充な二人で話していました。

しかし説明はなくとも面白いネタを拾ってこそ生物屋、
展示生物の行動を観察して楽しんでいました。
魚群は一匹が向きを変えるとみんな順次方向を変えるということに気づきました。
スナメリは一匹の♂が特定の♀を追いかけて、動きをシンクロさせていました。
リア充なのはスナメリの方でした。
(まあ、片思いっぽいけど。)

生きたカブトガニがいっぱいいたり、カキのぬいぐるみ(リアル)があったり、
色々と面白い水族館でした。
みかみんの要望により〆のオウムガイ(3回目)を見ながら蛍の光を聞き、
水族館を後にしました。

そのあとは宮島を散歩(≒迷子)したり、揚げもみじを食べたり、
水没した大鳥居を見たりして、広島に戻りました。


9/15

9/14から9/15にかけてはホテル泊で、9時に待ち合わせだったのですが、
電話の音で目が覚めると9時過ぎでしたorz
この日からみかみんの叔母さんといとこと行動することになるのですが、
初っ端からやらかしてしまいましたテヘペロ
山口に向かう道程にあるサービスエリアでみかみんの親戚一同集合。
まろんさんはそこにコンタミw

道に迷いながらもこの日泊まるホテルにたどり着くと、装備を整えて産地へ。
有名な産地らしく、ハンマーを準備していると通行人に「化石掘るの?」と言われました。
岩だらけの悪路を通り陸繋島に渡るとそこが化石産地でした。
岩の表面に二枚貝化石がうじゃうじゃ見えていました。
そこから形のいいものを選んで掘り出す。巻貝も取れました。

途中、胸に飛び込んできた青緑色の虫を捕まえたり、青いフナムシを見つけたり、
カメノテ(フジツボの一種)を解剖したりもしました。

みかみんは例のごとくどんどん奥へ。
スナモグリ(エビっぽい生き物)が出たというので向かうと、
ノジュール(化石などを核にして形成された丸い塊)がいくつかある場所にいました。
ノジュールを割ったらスナモグリの綺麗な化石が出たそう。
いとこ君はこの日、ノジュールという言葉を覚えたようです。

雨が酷くなってきたのでこの日は退散。
まろんさんはホテルの夕食のサザエの貝殻を持ち帰りました(


9/16

この日は早朝が干潮だったようで、他の3人は朝から化石採集に行っていました。
私はこの日も寝てました((

まろんさんも目をさまし、朝食を摂ったのち、美祢市化石館と美祢市民俗資料館に行きました。

美祢市化石館の展示室に入ると、まずは道路工事で発掘された大型化石がありました。
ウミユリや植物の密集した化石がいくつも並んでいるさまは圧巻でした。
二階に上がると、貝類の化石の展示があり、昆虫化石の展示がありました。
全国の昆虫化石が並んだパネルの前でみかみんが、
「この岩見覚えがある…!」
と言っていたのが印象的でした。
行ったことのある産地は岩も覚えてるんだなあ。
しかし現生昆虫の標本はぼろぼろで悲しかったです。
さらに行くとアンモナイトの展示と哺乳類の展示がありました。
アンモナイトの縫合線についても熱く語ってくれましたw

午後は美祢市民俗資料館に。
みかみん曰く、こっちの方が展示が丁寧で好きなのだそう。
植物、貝類、アンモナイトなどの展示がありました。

一旦この日の旅館にチェックイン。
おばちゃんが一人で経営しているらしい民宿で、宿泊客も我々4人だけの貸切状態でした。

雨の中、次の産地を探しに出かけました。
調べたの近くで車を止めては道なき道を分け入るも、なかなか見つけられない様子。
最後、私がついていった場所で、中生代の露頭に出会えました。
蝶のいっぱいいる獣道を抜け、沢を少し上ったところに、他の人が掘ったであろう跡が。
みかみんがいくつか岩を割ると、中にアンモナイトが。
「場所がわかればこっちのもの!」

翌日の天気に希望を託し、旅館へと戻りました。


続く!

房総きゃんぷ!

September 12 [Wed], 2012, 23:40
お久しぶりですまろんです。
またフィールド充してきたのでブログ更新します!
最近ブログをあまり書かないのでこの数行に書く面白いネタが思いつきません。ぴんち。

去る9月8日から10日まで、10人ほどの大所帯で房総は富浦でキャンプしてきました。


久里浜港をフェリーで出発。

金谷に到着後、お昼ごはんに美味しいお寿司を食べて、いざ採集へ。

ハンマーの本数が足りないこともあり、私は夕食用にとカメノテやマツバガイを採っていました。
実際は食べなかったのですが…。

金谷から富浦まで電車で移動し、キャンプ場へ。
これがまた山道を登るんです笑
徒歩で行く仕様では無いんでしょうね、きっと。


キャンプ場での夕日。
この展望台からは、夜には星が綺麗に見えました。
明るい流れ星もいくつも見えたのですが、何か流星群の日だったのでしょうか。

このキャンプ場にはシャワーがあったのですが、
冷水しか出ないうえ、個室の扉をテ出るとすぐ外で、上からも下からも虫が入り放題、
クモがあちこちに巣を張り、大型昆虫の死骸も転がる素敵なシャワーでした。
シャワーを浴びて虫よけスプレーも洗い流されてしまったので、いっぱい蚊に刺されました。ふえぇ。

翌朝は4時半に起きて釣りをしました。

釣れた魚。おいしくいただきました。

2日目は私とナナシサンさんとLisaの分隊で保田周辺で虫捕り。

最大の収穫、タマムシ。Lisaの目の前に飛び込んできました。
トンボがいっぱいいて、スポーツハンティング的に捕ったり逃がしたりしながら遊んでました。
何匹かはナナシサンさんに持ち帰ってもらいました。

夜にはバーベキューでマシュマロを焼いたり、懐かしのポップコーンをつくったり。
花火もしました。
夜中まで星を見る分隊もあったけど、私は寝ました笑

3日目も朝は釣りをしていたみたい、だけど私は寝てました←
拾った糸に針をつけて、その辺のフナムシを餌にしてばこばこ釣れたらしい。
美味しく頂きました。

昼過ぎまでキャンプ場でのんびり片付けをした後、金谷の台湾料理屋で遅い昼食。
その後、前日と同じ分隊で上総湊で散歩。

帰りの電車では富士山も見えました。

3日間でへとへとになりましたが、そのぶんとっても楽しいキャンプでした!

旅の終わり

August 09 [Thu], 2012, 22:36
北海道鉄道旅4日目
今日は旭川に滞在しました。

北見から旭川へ鈍行で移動。
旭川もまた都会でした。
そして行ったのは旭山動物園。

旭山動物園はもう何度か行ってて特筆すべきこともないので、
動物達の写真でも笑






はい、文を書くのが面倒臭くなりました笑
疲れって帰ってくると出ますよねー(´-`)


この4日間、昆虫も捕れたし、現地の人と交流もできたし、
いい旅でした(((o(*゚▽゚*)o)))

……バイトしなきゃなああ( ̄◇ ̄;)

釧路湿原にて

August 09 [Thu], 2012, 0:15
北海道鉄道旅3日目、
今日(もう昨日だ)はお楽しみの釧路湿原に行って来ました!!

根室から釧路に向かい、釧路からノロッコ号に。

内装。かわいい。

外観。かわいい。

窓から入る風を感じながら、湿原の景色を見つつ、塘路駅へ。


塘路駅は観光地という感じで、結構人が多かったです。
売店でベカンベ入りのいももちを買うと、お店のおじさんが周辺地図をくれました。
親切な人が多いですね♪( ´▽`)

釧路湿原に4時間半ほど滞在しましたが、
その時間の大半を昆虫最終に充てました。
いろんなチョウが捕れたので満足です。
植物も、大きなフキや変わった形のシダがあって面白かったです。
植物の種類も予習してくればよかったなあ。

これも面白い。葉っぱが三角。

捕った虫の内訳は、
・ガガンボの一種
・コガネムシ的な何か×2
・小型のノシメトンボかコノシメトンボの♀
・イトトンボの一種×2
・ちょうちょ×8
といったところ。
見かけたけど捕れなかったやつも結構いたなあ。

捕ったチョウの一例。

塘路周辺にもまだまだ虫はいそうだし、
途中駅で降りても楽しそうなので、
是非今度は昆虫や植物に詳しい人と一緒に来てみたいです(((o(*゚▽゚*)o)))
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Marron
  • 性別:女性
  • 誕生日:1993年6月28日
  • 血液型:AB型
  • 現住所:東京都
  • 職業:大学生・大学院生
  • 趣味:
    ・ペット-うさぎ
    ・アート-お絵かき・ピアノ
    ・学問-生物学を中心に自然科学
読者になる
生き物と青空と科学が好きな女子大生。

高校時代の思い出
物理チャレンジ・生物チャレンジ・化学グランプリ
国際生物学オリンピック2010韓国大会 金メダル
国際化学オリンピック2011トルコ大会 銀メダル
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
山本桜子
» 海ゼミ (2013年01月18日)
クラゲさん
» 海ゼミ (2012年10月01日)
K利
» 房総きゃんぷ! (2012年09月13日)
Marron
» 生物・物理・化学 (2012年08月06日)
Marron
» 生物・物理・化学 (2012年08月06日)
ナナシサン
» 生物・物理・化学 (2012年07月24日)
K利
» 生物・物理・化学 (2012年07月23日)
Marron
» 生物・物理・化学 (2012年07月23日)
@Satsukoma
» 生物・物理・化学 (2012年07月23日)
Marron
» ざりがにっき (2012年07月23日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/polychoron/index1_0.rdf