19 

July 17 [Sat], 2010, 3:18
思い出して不安になることがある
だいたいは昔のことだけど
私が小さかったせいでごまかされたことがあったんじゃないかと
あの小鳥は、本当に親鳥と飛んで帰っていったのかな
いつのまにかいなくなった子猫たちは、本当に里親がみつかったのかな
今更確認したところでどうにもならないし
それ以前にあの人たちはもう覚えていないんだろうけど
きになるきになる

18 

March 31 [Wed], 2010, 21:43
痣が消えていくのに一抹の寂しさを覚えます。
痛みも良き思い出なのでしょう。

17 

March 03 [Wed], 2010, 22:30
今日は犬の火葬でした。
彼は骨になりました。
海外にいた姉は一足遅く、火葬に間に合いませんでした。
焼いてる間、扉の向こうは見えないんです。
私としては焼けていく様子も何もかも、目に焼き付けて記憶に残したかったです。

16 

March 01 [Mon], 2010, 20:44
遠くで一人暮らしするようになって、
飼ってる犬のことがなんだか気がかりになって
もう年だし、私がいないときに死んでしまうかもしれない
それは嫌だな、
できれば死ぬときは見届けたいなぁ
って思ってて、
それから1ヶ月くらいたって、実家に戻って、
せっかくだから犬の絵を描こうと思って、
でもやんちゃだから動き回って全然描けなくて、
こらこら動かないで、じっとしてたらちゃんと描けるのに
って言ってたら、
3日経って今朝、
急に苦しみだしてあっという間に死んでしまった。
家には母と私と祖父しかいなくて、
母が車を運転して、私が後部座席で付き添って病院へ向かう途中、
私が頭をなでているときに呼吸が止まって、
本当に動かなくなってしまった
病院で救命措置とってくれたけど、
心臓も止まってて手遅れだった。
急すぎてびっくりしちゃった
昨日散歩に行ったときは元気だったのに。
せっかくだからじっくり見て絵を描いた。

望みはみんな叶った気もするけど
ちょっと違うね、私が描きたかったのは生きてる姿だから。


あっという間過ぎてお別れもろくに言えなかったよ
おまえはどこへ行ってしまったのかな

人に判らぬように生きていく 

February 28 [Sun], 2010, 17:19
あのひとは受け止める気もないのだと思う
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poltergeist26
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる