関西でのフロアコーティング

December 03 [Tue], 2013, 4:03
フロアコーティングをすると
フローリングの掃除が非常に楽になります。
フローリングというのは
しっかりと保護しておかなくては傷が付きます。

フローリングというのは摩擦や衝撃に対して弱く、
ものを落としてしまったりすると傷つきますし、
掃除機などでも小さな傷が多数ついてしまいます。
フローリングの傷つきを防止するために
フロアコーティングを行う人が増加しています。

フロアコーティングを行うタイミングとしては、
最も適しているのが新築の時点です。
しかしながらそれ以外の時でもフロアコーティングは効果があります。
最近よく行われているのがガラスコーティングです。
ガラスコーティングというのは、
フローリングに薄いガラスの膜を塗装するものです。
ガラスというのは硬いので、
通常の日常生活を送る程度ではフローリングが傷つくことはありません。

またペットなどを家で飼われているご家庭でも安心して行うことができます。
ガラスコーティングでは体に悪い物質を使用しません。
ガラスコーティングに使った物質によって人体やペットに影響が出る
ということはありません。
関西地区でもフロアコーティングを行う業者が増えています。
関西のリフォーム業者もフロアコーティングに力を入れています。

フロアコーティングにはBuBaという会社があります

November 03 [Sun], 2013, 2:13
フロアコーティングを行っている会社
というのは意外とたくさんあるのですが、その中の一つにBuBa
という会社があります。
この会社は神奈川県にあるのですが、

フロアコーティングの会社としては名が通っている会社になります。
ではどういったことでBuBaのことを知っている人が多いのか
というと、BuBaではシックハウス症候群に対応しているからです。
シックハウス症候群
というのは特に新築の住宅やマンションに住んでいると起こりやすい病気です。
新しいクロスや壁材から出てくる化学物質に身体が過敏反応してしまって、
アレルギー症状が出てしまうという病気です。

この病気はもちろんそういった化学物質を除去すれば直るものなのですが、
子供がシックハウス症候群になった場合には重症状化してしまうケースもあります。
ではどのようにしたらシックハウス症候群を防ぐことが出来るのか
というと、化学物質ではないものを家の中の内装に使うということです。
そこでBuBaではフロアコーティングに天然素材を使っているのです。
フロアコーティングの天然素材
というと何があるのか

というと、シリコン樹脂やガラス製というものがあります。
シリコン樹脂の場合は天然のゴム
ということになりますから、
身体には全く影響がありませんし弾力性があるので転びにくい
という性質があります。
またガラスの場合は誰の家でもガラス
というのはあると思いますが、身体に影響を与える
ということはありません。
ですからBuBaではこのようなコーティング剤を扱っています。

シートフローリングにおけるフロアコーティングの注意点

October 03 [Thu], 2013, 7:55
通常のフローリングが表面に突き板と呼ばれる
極薄の板を張り合わせてつくられているのに対して、
シートフローリングとは基盤となる板の上に主に樹脂でできた、
木目の模様が描かれているシートを張った床のことを指します。

このシートフローリングでは
さらに加工フィルムを施して強度を保持しているため、
普段の生活の中で考えられる家具や
動作における損傷を受けにくいことで知られています。
またワックスが不要とされるケースが多い特徴もあります。

こうしたシートフローリングに対して
フロアコーティングの検討をする場合は、
いくつか注意が必要な点があります。
まずそもそもワックスが不要とされるほど
表面への影響に対する耐久性を持つシートフローリングでは、
フロアコーティングで使用する液体が浸透することで素材が膨張・変質し、
後々の補修が余計に難しくなる確率もあります。

そのためシートフローリングを施工した時の記録を参照し、
液体からの影響やワックスの使用の可否を調べておくことが必要です。
そしてワックスが使用不可の場合、
フローリングの経年劣化の確率は少なからずあるため、
張り替えを含めた検討が求められる場合があります。
フロアコーティングはワックスが使えない素材を
長期利用する際に有効とされており、
ワックスが使えないシートフローリングの張り替えを
検討する時に選択肢に入れると良いと言われています。

したがってワックスの可否と素材の変更・使用年数を踏まえることが、
シートフローリングとフロアコーティングを使い分ける重要な点とされています。

フロアコーティングに使用する樹脂は多様化しています。

May 14 [Tue], 2013, 9:34
フロアコーティングに使用される樹脂は、
多様化してきていると言われています。
多く利用されている工法を挙げると、
UVコーティング、ガラスコーティング、
シリコンコーティング、
ハードプロテクトコーティング等があるようです。

しかしこれらはフローリングと呼ばれる床をメインとした工法ですので、
それ以外の場所を考えると工法だけでなく
使用される樹脂もたくさんあると言われています。

フロアコーティングの工事が依頼される目的は様々ですが、
工事後のメリットとしては耐久性、
耐薬品性、耐熱性、耐傷性等があるようです。

どの樹脂を使用する工法かによって、
工事の期間と金額は異なってくると言われています。

しかし基本的には中古住宅や既存の床に施される
フロアコーティングであれば、
少ない部屋数と面積の場合は
1日以内で作業が終わることがほとんどです。

そして新築マンションのオプションとして
使用されることの多い樹脂と工法の場合は、
乾燥までにじっくりと時間をかけるということで
約1ヶ月の期間を要すこともあります。

フロアコーティングの工事を行うことによって、
住宅内でも安全かつ清潔に過ごすことが実現すると言われています。

それはフロアコーティングによって、
フローリングの床の損傷を防ぐことが
可能になるという部分から生じるメリットと考えられているのです。

使用する樹脂については金額を見ながら、
工事業者との検討を重ねていくことが
最も良い方法だと言えるのではないでしょうか。

フロアコーティングでできるインターネットでの見積もり

April 26 [Fri], 2013, 10:15
フロアコーティングを利用する時についてなのですが、
非常に重要な事があります。
その非常に重要な事なのですが、見積もりをしていただく
ということになっているのです。

見積もりをしていただくことで安心してフロアコーティング
という業務をしていただけるのです。
そのフロアコーティングについてなのですが、種類もかなり豊富ですし、
広さなどにもかかわってくるようになっているのです。

料金につきましては非常に大きな部分になっています。

フロアコーティングを行う前に確実にお値段を知っておく必要性があるのです。
そこでフロアコーティング
というものについてなのですが、
見積もりで簡単なものにつきましては
インターネットでも行ってくれています。
インターネットで行っていただける見積もりとしましては、
行うフロアコーティングと部屋の広さなどを記入することで
計算していただけます。
実際にフロアコーティングを行う場所を見て
確認するものではありません。
ですので、確実な見積額にはなりません。

しかし、前もってある程度の金額を知ることができる
というのは大きなポイントになっているのです。

インターネット上でいつでも見積もりできますので
気軽に利用してみましょう。

フロアコーティングには様々なタイプがあります

April 26 [Fri], 2013, 10:07
フロアコーティング
というのは自宅や店舗の床をきれいにコーティングしてくれることです。

フロアコーティング
というのはしているのとしていないのとでは全く違うので、
特にマンションやビルなどの部屋ではフロアコーティングをすることが多いです。
しかしフロアコーティングといっても様々なタイプがあります。
一番ポピュラーで値段も安いことが多いのはスタンダードコートと呼ばれます。
スタンダードコートの場合はアクリル樹脂とウレタン樹脂を上手く配合してできたものを使います。
この二つを上手く配合していないとフロアコーティングの良さを出すことはできないので、
そこに技術力が求められます。
このスタンダードコーティングは主にマンションなど個人宅で使用されることが多いです。
床をあまり傷つけたくないけど、
そこまで上等なラグを敷くことはできないと思っている場合に、
こういった方法を知っておくととても役に立ちます。

またこのスターティングコート以外にはプレミアムコートと呼ばれる物があります。

こちらは主に店舗や公共機関で行われていることが多い方法です。
プレミアムコートの場合はナノコンポジット技術を使ってすることが多いです。
この技術できれいにした床はガラスの様なきれいさを出すことができます。
そのうえとても硬いですからあまり傷がつく
ということはありませんし、
耐久性も高いので長い期間そのままで保つことができます。
そのためショッピングセンターや鉄道などの公共機関で行われることが多いです。

この二種類以外にもフロアコーティングの方法
というのはありますが、主な物はこの二つになります。

フロアコーティングに使うシリコンコーティングの特徴

April 25 [Thu], 2013, 9:30
フロアコーティングでは、
床に使う素材の種類やコーティング用途の違いなどによって、
様々な保護成分の使い分けを行っています。
フロアコーティングの種類の1つであるシリコンコーティングも、
その特有の特徴に沿った使い方がされています。
シリコンコーティングの主な特徴となる第1の要素として、
使っているシリコン樹脂の特性があります。

シリコン樹脂とはその分子の大きさが、
空気成分の分子より大きく水分子より小さいという構造をしています。
したがってその様な分子が組み合わされて出来た樹脂によるシリコンコーティングは、
空気を通して水を弾く性質を持っています。
また、フッ素樹脂の様に熱を通した方が強度を発揮しやすい成分と異なり、
シリコンコーティングは常温でも樹脂が硬化しやすく、
強度が見込める点も利点の1つとされています。

そのため一般的な飲食業界の店舗におけるフロアコーティングに使われるケースが多くなっています。

さらにシリコンコーティングのメンテナンスでは、
古くなったコーティング部分を全て剥がす必要が無く、
保護成分表面に付いた汚れを取り除いたうえで新しいシリコンコーティングを施すだけで済むため、
再施工のしやすさも利点となっています。

一方でシリコンコーティングのデメリットとして、
施工時の臭気や1度施工した後は完全に剥がせない点、値段が割高な点、
などが挙げられています。

フロアコーティングにはジュエリーのようなものもあります

April 11 [Thu], 2013, 11:25
この頃では家の中のことに気を配る人
というのは増えてきたのですが、
その場合はただ単に家具やカーテンなどではなく、
フロアコーティングにこだわるという人も多くなっています。

少し前まではフロアコーティング
というと医療機関や体育館など公共機関で使われていたり、
駅のホームなどで使用されることが多かったです。

しかし最近では自宅のフローリングをフロアコーティングする
という人が多くなっているのです。
そのため現在ではフロアコーティングの自宅向けとして、
様々なコーティング剤が発売されています。
その中にはジュエリーのようなコーティング剤もあります。

ジュエリー
ということは宝石ということなのですが、
宝石の輝きのような光沢が出るコーティング剤があるのです。

そのコーティング剤
というのはガラス成分が入っていることが多いのですが、
部屋の中の明かりをつけるとキラキラ輝くような状態になります。

そのためジュエリーのコーティング剤と呼ばれているのですが、
このタイプは主に若い人に人気があったりします。
キラキラ輝いているフローリング
というのは見た目もキレイですし、
人が家に遊びにきた時でもそんなに掃除をしていない状態でも十分アピールすることが出来ます。
そのためこのタイプのコーティング剤を選ぶ人が多いのです。

またメリットはその輝きだけではありません。
その他にも汚れがつきにくかったり、
耐久性が高いなどコーティング剤としての材質も文句のつけようがありません。

フロアコーティングの必要性

April 10 [Wed], 2013, 10:08
マイホームを購入した時、どのような気持ちで入居されるか
というと大体の方がやはりこのままきれいな家を維持したいと願うものです。

ただ、やはりきれいに掃除をしていても、
日常生活においてどうても汚れや劣化は出てくるものです。

そんな劣化を少しでも抑えるためにあるのがコーティングです。

特に傷が付きやすかったり、劣化が目立つのが床です。
そのため、多くの方が入居前にフロアコーティングを行います

このフロアコーティングとは、専用の塗料を床に施工することによって、
床が丈夫になり、日常生活の傷、
それから紫外線による劣化から守ってくれるものです。
家をきれいにい支持するためには非常に必要性の高いものです。
特に、ペットを買っている人はペットの爪による傷
小さい子供がいる家庭なら、子供は何も分からないので、
おもちゃなどで傷をつけてしまいがちです。

このような家庭には特にフロアコーティングの存在は非常に必要性が高いと言えます。
さらに、リビングやダイニングだけでなく、
水廻り専用のコーティングもあります。

水回りはやはり非常に湿気がたまりやすいので、
カビ防止の効果がコーティングによって得られます。
きれいに家を維持するためにはコーティングが必要不可欠です。

フロアコーティングとワックスがけの違い

April 05 [Fri], 2013, 10:57
フロアコーティングとは
どのようなものか知らない人が多いのです。
ワックスがけとどこが違うのかが
よく知られていません。
しかしよく調べてみると、
だいぶ違うのです。
ワックスがけの場合は
定期的に塗り直さなければなりませんが、
フロアコーティングは耐用年数が長く10年、
20年、ものによっては30年のものもあるのです。
フロアーコーティングは
床のメンテナンスがかなり楽になるのは
言うまでもありません。

そしてフロアコーティングは傷に強いのです。
インターネットの動画で見たのですが、
フロアコーティングとワックスがけの床を
スチールたわしでこすった時にできる傷を比べたものがありました。
ワックスがけの方は
ワックスが剥がれ細かい粉がでて、
床も白く傷着いていましたが、
フロアコーティングの方は
まったく変化が見られませんでした。

傷に強いというのも肯けます。
またワックスがけは滑りやすく、
ペットのために滑りにくいワックス
という名の商品も売られています。
フロアコーティングは
適度なグリップがあり滑りにくいようです。
最大の違いは施工にかかる費用になります。
ワックスはワックスの購入代金がかかるだけです。
年に何回も塗る方はその分費用もかかります。
フロアコーティングは一度ですみますが
その費用はかなり高価といえます。