ブラシュリでびゅー

October 30 [Thu], 2008, 0:53

先日の記事で少し出てきました、ブラインシュリンプの卵です

こちらはペットとして飼うというより、個別に用意した器具を使って卵から孵化をさせてから小動物の生き餌として使うものであります
ということでとっても面倒なので、今までなんとか使わないよう頑張ってきましたけど、とうとうデビューの日がやって参りました..._〆(゚▽゚*)

一般的には熱帯魚の稚魚の餌として使われることが多いようですが、その他にもやっかいなことに生き餌しか食べないくせにとっても口が小さい生き物、とかの餌として使うのがもっとも有効でしょう

だって、面倒くさいからw

人工海水を作って、エアレーションして温度を上げてetc...
そうやってやっと孵化したミクロなサイズのこいつを、今度はせっせと集めて真水でゆすいで・・・
あ〜、面倒くさいo(`ω´*)o

他のもので代用出来るならそっちの方がはるかに楽です
・・・でも始めたからにはきっちりやりますよ (。・x・)ゝ

なにしろおいらは凝り性だからw

実は以前イモちゃんが我が家に現れた時、このブラシュリを使用することを真剣に検討していたことがありました
結果的には外の睡蓮鉢に湧いていた微生物を水草ごと飼育ケージに入れることで、ことなきを得たわけですけどw

というわけで、面倒くさいブラシュリをもっとも楽チンに与えるための装置を勉強していたおいらは、早速見よう見まねで作ってみました (。・x・)ゝ

真似させてもらったのは、

『aquarium:〜小型美麗種の世界〜』
という洗練されたホームページの中の、

“究極? ブラインシュリンプ孵化器の自作”

というコーナーで紹介されていた孵化器ですm(._.)m


熱帯魚屋さんにはこの孵化器の既製品も販売されていたのですが、こちらで紹介されているものは比較的簡単に作ることができ、また孵化後に残された殻と孵化したブラシュリを分ける作業も不要なため、むしろ既製品よりとっても(・∀・)イイ!!と思ったのであります

それではこの孵化器の特徴や作り方はリンク先を読んでいただくことにしまして、おいらは実際にこれを作ってみた時のことを書いてみようと思います (。・x・)ゝ



と、その前に、ブラシュリの卵や孵化器の材料として必要なものを買いに行ったついでに、こちらの比重計も購入してみました

この比重計は、人工的に海水を作る時にあるととっても便利な道具です
水にとけ込んだ塩分の濃度によって浮力が変化することを利用して、中央の針がその濃度を計測してくれるわけであります

ブラシュリは結構適当な濃度でも孵化するそうですが、なにしろおいらは初めての経験ですので迷うことなく買ってきましたw

使用後にあわてて撮ったので、水で濡れていてあんまりよろしくない写真ですまんことですm(._.)m



それではいよいよ製作です
こちらは孵化器本体に使うペットボトルです

実はこの孵化器を作るにあたり、一番重要かもしれないのはこの2種類のペットボトルの合体具合ですw

上の写真を見てもわかる通り、底を切り取ったペットボトルを逆さまにして、上部をこれまた切り取った違うペットボトルに差し込むわけですが、これがなかなか難しかったのでありました
なので、ここはとーっても役立つ情報ですよw


我が家に大量に転がっていた様々な形のペットボトルの中では、最終的にこの2種類がベストでありました
ポイントは若干小さい方のペットボトル、
日本コカ・コーラ社より発売されている

『綾鷹』
であります ズサ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この商品はなかなか見かけることがない425mlのペットボトルであるため、他の500mlの製品より一回り小さく無理なく差し込むことが可能です

そして一方、それを差し込む方は伊藤園の主力商品(たぶんw)、

『お〜い お茶』500ml
おいらは濃いめが好きなので“濃い味”ですが、その辺は好みでチョイスされるとよいでしょうP ゚ω゚)ノ

ところで500mlのボトルも様々な形があります
色々試してみましたが、差し込んだときのフィット感はこの“お〜いお茶”500mlが素晴らしい具合でした(・∀・)イイ!!
ちなみに、サントリー社の『伊右衛門』は中央部分がくびれているので全然ダメでした Σ(゚Д゚)ガーン

これらのペットボトル選びは、実は作業の中で一番時間がかかりましたw
さあみなさん、これら製品が発売されている今のうちにコンビニへ走りましょう( ゚Д゚)



こちらは完成した孵化器の底部分のアップ

ブラシュリは30℃前後で約24時間で孵化させることが出来るようです
現在の室温では到底難しい温度ですので、水槽の照明の上に置いています
また、エアレーションの振動音を緩和したり、滑り落ちることを防止するため滑り止めのゴムマットを使用しています

ところで穴をあけるには電動ドリルドライバーなんかがあると、とってもはかどって(・∀・)イイ!!ですね〜
ドリルの径は5mmのものを使用すると、L型ジョイントも水漏れもなくばっちりです
ちなみにジョイントは、ホームセンターなどでも容易に手に入る水作社の“ジョイントセット”を使っています

そして受け側のペットボトル側面にも穴をあけ、やわらかいシリコン製のチューブを通します
堅いチューブだと差し込みにくいので注意しましょう



そしてこの弁についているコックをひねると、矢印の方向にブラシュリが流れ出して行きます

この写真では、弁の取り付け方が本家の紹介されているものとわざと変えてあります
こうすることで“逆流防止弁”を用意せずとも、エアーポンプへの逆流を止めることが可能であります(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ



そして流れ出たブラシュリをこの容器で受け止めます
ブラシュリはとっても小さいので、普通の金属製茶こしではまず抜け出てしまいます
そこでおいらはコーヒーフィルターを使って濾すことにします



一連の工作が楽しかったおいらは、調子に乗ってもう一個作ってみました(゚∀゚ )アヒャ

でもこれにより時間差で孵化させることが出来ます
常に新鮮かつ栄養価の高い状態で餌として使用することが出来るというわけですねw

ちなみにブラシュリは孵化直後がもっとも栄養価が高いそうです
その後は次第に栄養価が下がるということなので、湧かす度に使い切るのがベストかもしれません



こちらは卵を投入した直後の容器内の様子です

容器下からエアレーションしているので卵は水中を舞い上がり続けます
まだ入れたては、ご覧の通り茶色の粉末です


そしてこちらは設置後24時間が経過した容器内の様子

写真ではわかりにくいですが、孵化したブラシュリのオレンジ色に変化しています
湧いた後もエアレーションを続けないと酸欠で死んでしまうそうですので、このままぶくぶく舞い上がっていてくださいm(._.)m

いや〜面倒くさいけど面白いね〜、ブラシュリ。(´▽`*)アハハ


ポチっとな
 ↑投票ボタン 何に与えるかは次回公開ですP ゚ω゚)ノ バレバレですけどw
  • URL:http://yaplog.jp/pokkun1973/archive/362
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
たろう殿

暇じゃないですヽ(`Д´)ノプンプン
この作業は結構短時間でできますよ〜
最初はペットボトルの選別で手間取りましたけどw
で、いいものって何でしょう?期待して待ってますm(._.)m


海獣殿

おぉー
またまたいっぱいのアドバイス、 ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュ であります
おかげでなんとか悪戦苦闘しながら飼育継続中ですm(._.)m

で、ようやくその様子を書き終えましたのでUPしてみました
また見にきてくださいね〜P ゚ω゚)ノ

November 01 [Sat], 2008, 0:12
海獣
自作ですねー!
昔やったなぁーと思わず見ちゃいました。

参考までにつらつらと。。。

・ジョイント部にダブルコック使用していますが、逆流するとこのコックの継ぎ目からも漏れるので漏水に注意して下さいね。

・市販は30℃とかかれていますが、26℃程度でも24時間で孵化しますので適当で大丈夫ですよ。

・卵殻とブラインの簡単な分け方は、エアーを止めて、ペットボトルの上は2/3くらいを黒い紙で覆って残りの部分に光りをあてることで、走行性を利用できます。すると卵殻は比較的混ざりにくくブラインのみを集める事ができますよ(^^)

October 30 [Thu], 2008, 18:59
たろう
ねえ、ぽん、こんなの平日にやってて暇なの?
こんな、コマカイ作業できるんならいいものこんどあげるんね。

October 30 [Thu], 2008, 1:07
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:POKKUN
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・昆虫・小動物飼育
読者になる
ここはPOKKUNの趣味を中心にしたBlogでつ


アイコン画像 当ブログ内の画像や本文の無断使用は禁止します。
アイコン画像 当ブログはリンクフリーです。バナーはご自由にお使いくださいませ。
アイコン画像 ご質問・お問い合わせなどございましたらコメントまたは下記メールフォームよりお願いいたします。

Copyright(C) 2007-2013 POKKUN,All Rights Reserved.



2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
POKKUN's Life内を検索
Google

POKKUN's Lifeを検索
Yaplog!を検索
WWWを検索
最新コメント
アイコン画像POKKUN
» ヘロヘログランの謎 (2017年11月16日)
アイコン画像自由愛
» ヘロヘログランの謎 (2017年11月16日)
アイコン画像Yacchan
» 餌採集記 (2015年08月09日)
アイコン画像Yacchan
» 餌採集記 (2015年08月09日)
アイコン画像とりとん
» ヘロヘログランの謎 (2015年03月14日)
アイコン画像POKKUN
» ヘロヘログランの謎 (2014年11月15日)
アイコン画像とりとん
» ヘロヘログランの謎 (2014年10月05日)
アイコン画像POKKUN
» コガムシ・ヒメガムシの飼育 (2014年05月27日)
アイコン画像某氏
» コガムシ・ヒメガムシの飼育 (2014年05月25日)
アイコン画像POKKUN
» ナゾニシキガメ (2013年09月08日)
ポチっとな

ポチっとな
↑善意でも安易に外来種を拡散すると?
ポチっとな
↑ペット (その他) ランキング
ポチっとな
↑ペットの総合リンク集
ポチっとな
↑こちらのバナーもどうぞw
メールフォーム