電話 

October 26 [Wed], 2005, 11:54
なかなか アナタに繋がらない 電話


寂しく ダイヤル回し ウワノソラ気味に 受話器を耳へ


なかなか アナタに繋がらない 電話


諦め顔で ダイヤル回し  考え深げに 受話器を耳へ



    こんな日は  アナタの声が聞きたくて


    こんな日は  アナタを独り占めにしたくて



アナタに繋がるであろう、電話番号を ひたすらひたすら 無言で回す。



ねぇ・・・?私に意地悪しているの?


ねぇ・・・?私をじらしているの?


なかなか アナタに繋がらない 電話


寂しく ダイヤル回し ウワノソラ気味に 受話器を耳へ


なかなか アナタに繋がらない 電話


諦め顔で ダイヤル回し  考え深げに 受話器を耳へ

誘惑 

September 17 [Sat], 2005, 20:53
甘い誘惑  アナタをさそお   甘美な誘惑  手招きしてる


  熱く燃え縷々(るる) 蜜なる世界  ヒトタビ堕ちれば あり地獄


甘い誘惑  アナタをさそお  甘美な誘惑   手招きしてる


時に厳しく 自分を罰し   時に悲しく 自分を戒めん


そんな アナタを どうしてさそお?

そんな アナタを どうして誘お?


横目 流し目 舌舐めず どれもこれもが効果なく

アナタ素知らぬ      横顔冷視


悲しげ 涙の真珠を零し(こぼし) こうなりゃトコトン 泣き落とし


チラリと垣間見たけれど  アナタヒトツと溜息落とす


何としてでも 誘い出し 私の蜜で溺れさそ


甘い 誘惑  アナタをさそお  甘美な誘惑  手招きしてる 

 熱く燃え縷々 蜜中へ  滴り落ちる蜜中へ

落ちて ころげて 墜ちてゆく 蜜に溺るる アナタ視たし


カラミ指して 顔近づけて 甘いカホリに酔ってみて? 私の窪みに 誘われて?

絡み絡みて 吐息がカラム   絡み絡みて 蜜カラム


タラリ タラリとタラタラリ したたり落ちゆ蜜の露

タラリ タラリとタラタラリ したたり堕ちゆ 雫が ポタリ ポタポタリ


アナタ甘美の顔ゆがめ アナタ堕ちゆく誘惑に

アナタ甘美に酔いしれて アナタ堕ちゆく蜜窪み


堕ちたら最後の 蟻地獄 

最後喰われし  蟻地獄

今夜は甘美の  蟻地獄


甘い誘惑  アナタをさそお   甘美な誘惑  手招きしてる


甘い誘惑  アナタをさそお  


私の腹(なか)へ      いらっしゃい

オンナ 

June 24 [Fri], 2005, 21:01


寂しいオンナは つけいれられる   寂しい 隙間を 誰かで埋る


強がりオンナは はんぱつされる   強さ 打ち出し 自分で埋める


優しいオンナは あいされる     優さ 振りまき  隙間無く


正直オンナは ばかをみる      猪突猛進     逃げられる


泣くオンナは うとまれる      涙の 武器は   ひと夜だけ



そして オンナは計算し  静かにアナタに 微笑みかける

お願い 

June 21 [Tue], 2005, 21:36
ねぇ・・・

舐めて。   今 すぐに

舐めて。   ねぇ・・・ここを・・


    舌を 這わし 目線合わせて


舐めて。   熱い吐息で

舐めて。   お願いだから


   もう 我慢できないの

   躊躇 してる場合じゃないの


舐めて。   したたり 落ちる前に

舐めて。   今すぐに

  私の事を 大事なに想ってくれてるのなら

  私の痛み 広がる前に

舐めて。懇願する顔が歪む



  お願い   私が悲鳴をあげる前に

落ちてゆく陽 

June 19 [Sun], 2005, 16:16

赤く染まる空を  紅く染めた頬の二人が見つめる

あまりの 真紅に 言葉を忘れ 見つめ合う

けれど、真っ赤な太陽は、あっという間に姿を隠し


   紅く染まった雲だけが残った

   残った雲は 寂しく 残りの光を讃え

紅く・紅く・紅く

        自分を染める

やがて、

光が去った後の雲は

闇に染まる

    梅雨のさなかに 見た夕日

    美しく 儚く そして 悲しい


残された 雲は また あの 紅い太陽に逢えるだろうか?

また逢って、自分を 紅く 染めるのだろうか


    梅雨のさなかに みた夕日

    美しく 儚く そして 


    悲しい



キライ 

April 30 [Sat], 2005, 16:18
ゴールデンウィークは キライ。

だって みんな浮かれているんだもん。

ゴールデンウィークは キライ。

カラッポになった 箱の中に 一人 残されちゃうんだもん。


 足早に 過ぎていく春を後目に 青葉が茂り

 夏の気配を感じさせ 意気揚々と 生命がおどりだす。


ゴールデンウィークは キライ。

どこも 混んでいるんだもん。

ゴールデンウィークはキライ。

私 ひとりぼっちになちゃうもん。


 うつろう 季節に戸惑い感じ 己を見つめ うちひしぎ

 曇る 春空 ご機嫌 ナナメ


ゴールデンウィークはキライ


 綴れ綴れと 仲良し 歩き


私 一人と いじけ虫。

月夜 

April 27 [Wed], 2005, 18:10
 月夜美し 美し月夜  

 写す 横顔 生い立ち 語り

 陰る 真顔 憂いを  悟る


 月夜美し 美し月夜

 光届かぬ かけた面(め)は

 影に隠れて なにをする


 月夜美し 美し月夜

 見せた 光は 何語り

 光り輝き 何かを隠す



月夜美し 美し月夜   月夜見たさに 夜道を 歩く

惑い 惑わし 月夜を 歩く 

ただふらふらと 闇へと消える

桜舞う 

April 10 [Sun], 2005, 19:31

ひらひらひらり 舞う花の ひらひらひらり 心読み

何処へ 落ちよと 思案して 何処が 居心地 よかろうと

ひらひらひらり 考えん


親木離れし その花びらが 

どこに おさまむと 考える

ひらひらひらりん 考える



ひらひらひらり 舞う花が  一人寂しく 舞い降りる

自分の居場所を 探しつつ 受け止めてくれる誰かを 想いつつ



ひらひらひらと舞う桜


桜悲しき  春の風


桜美し   春絨毯

 

March 31 [Thu], 2005, 16:33
今を盛りと  咲く花の 

 散りゆく時を 去る時を

 いさぎよしと 愛でいずる

 その時  短き  その命  

 悲しみ  哀愁  美しさ


 すべてを備えし  その 

       桜

 もしも  私を   糧として 

 その  美しさを  保つなら

 喜んで この我が身 投げ出そう

       桜
 
 私    そのままに・・

 美しく  その花びらに

 かえて  くれるのならば・・・

 喜んで この身 ここに埋めよう

 誰かが  この身  愛で 慈しむ  

 その日を 夢に  胸に抱き

       桜

 私は  ここで  静かに  眠りたい

指かぞえ 

March 31 [Thu], 2005, 16:29

ひとつ、ふたつ と 指折り かぞえ

 いくつ数えば また逢える?

みっつ いつつ と 指折り かぞえ

 かたてヒトツが うまりて ひらく

むっつ ななつ と 指折り かぞえ

 あなたの顔を 思い浮かべて

やっつ ここのつ 指折り かぞえ

 かすみがかった 声 思い出し


とぉ。

私の指は すべてかぞえ終わりて

 それでも、あなたに まだ 逢えぬ


あなたの指で、 数かぞえる日まで


 私の指は ひとり 折り重なる


私の指だけで あそぶひが つづく
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像michio
» 姿鏡 (2004年11月20日)
アイコン画像ぽけ
» kis (2004年11月16日)
アイコン画像michio
» kis (2004年11月11日)
アイコン画像田吾作
» ねぇ・・・ (2004年11月07日)
アイコン画像田吾作
» 車窓 (2004年11月04日)
アイコン画像田吾作
» 迷い猫 (2004年11月03日)
アイコン画像ひでちん
» 血潮 (2004年10月21日)
アイコン画像田吾作
»  (2004年10月21日)
アイコン画像田吾作
» 名前 (2004年10月11日)
アイコン画像せい
» 満ちる月 (2004年10月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poketto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる