お久しぶりで・・・す。 

February 16 [Fri], 2007, 15:35
みなさん、こんにちは・・・

とってもとってもお久しぶりで、ごめんなさい・・・!

お陰様で「ポケフル」も多くのお客様にご利用いただけるようになってまいりました。

本当にみなさんの@お陰です@。



当初のポケフルは、お買い求めいただく方々は、

「どんな年代?」

「女性OR男性?」

「子供たち?」

「若者?」

「OLさん?」

「中年層?」

「南のひと・・西のひと?」

「熟年層?」

などなどと、、いろいろ考えを巡らせたのですが、



なんとなんと・・・



このすべての方々が対象だったのには驚きでした!!!



でもやっぱり食べ物ですから、試食を勧めるといろんな反応をいただきました。


「え〜〜〜りんごじゃん!」

「うわ〜・・・いちご・いちご・いちご」

「なに・・これ・・宇宙食??」

「う〜〜すっぱ!」(紅玉を食べたお客様)

「皮付きのまま食べれるんだ・・」

「皮を剥かなくていいなんて・・・手軽じゃん!」

「腐らないよね・・・9ヶ月持つもんね」

「絶対・・スペースシャトルにぴったりだよね!!」

といった具合で、様々さまざま様々・・・

しかし、スペースシャトルには驚きました。

これは本当に「宇宙滞在の若田さん」へプレゼント出来ないかな〜〜?

どうこに、どのような方法で話をすればいいのかな〜?




小笠原は本気で考えております。


なってたって・・・なんてったって・・・



「ポケフル、宇宙へ行く」



「ボーダレスな青森のリンゴたち」




なんて、素敵な夢のある話じゃないですか・・・


こんな夢に共感して、知恵をくださる方・・・大募集中!!

海外での評価 

July 09 [Sun], 2006, 12:55
お久しぶりです。

先日より、海外でのポケットフルーツの評判をいただきましたので、
ご紹介しましょう。

それでは、メールの原文より

「海外で技術の紹介をする仕事をしており,我々の技術も凍結乾燥を使うことから,
アイキャッチャーとしてとても重宝しております.(展示ブースで配布しています)

米国ではとても評判がよく,「どこで買えるんだ」と聞かれていますが,日本でしか
買えないと回答しています.きっと米国ではよいビジネスになるものと思いますよ.

お菓子の「コパン」と和三盆とこのリンゴを並べて不特定多数に 配布していますが,
米国では砂糖は全く受けず敬遠されます.コパンもバター風味である為,コレステロール
を連想させ,手が止まってしまうようです.野菜の乾燥チップスのようなものは米国でも
存在しますが,このような食感のものはないので,ヘルシー志向の米国では受け入れ
られます.海外での展開をぜひ検討すべきと思います.

先ほど聞かれたのはWashingtonDCのFourSeasonsHotelのマネジャーの話でしたので
高級ホテルの出すものとして限定して輸出しても十分受けると思います.

紅茶に浮かべたらどうかと思ったのですが,それほど風味は残らず,そのまま食べるか
もしくは食材としてサラダやデザートに添えるという使い方があるかもしれません.

今回はフロリダに持ち込む予定です.5月にも二度ほど紹介の機会があるので,
オーランド,ボルチモアでも紹介したいと思います.その際にはHP経由で申し込みを
したいと思います.」



という具合で、とても嬉しいお便りをメールでいただきました。
しかし、こんなに国際的にポケットフルーツが流通するなんて、
すごい時代ですね。

しかし、まずは国内の皆様に味わっていただくのが先ですね。
そのためにも、このブログでもっともっとポケットフルーツについて
ご紹介していきます。

ではでは。

フリーズドライの技術 

February 13 [Mon], 2006, 23:06
みなさんお久しぶりです!!

ブログの更新が滞り、すいませんでした。
書き出すと止まらないんですが、やめると
書き出せない性格です。
我ながら、困ったもんです。

今日のタイトルは「フリーズドライの技術」


世界中にこの技術はあるんですが、同じ
機械と技術でも出来る物と出来ない物
出来る人と出来ない人がおります。

我が社のパートナーは出来る人が出来る物を
創ってくれるんです。

先日の2月9日に青森市で行われた
「2006ビジネスインキュベートあおもり」に
出展させてもらいました。

ちなみに写真は奥さんの由香さんです。

きっかけは知り合いの社長の強力なプッシュがあり
昨年末に試作品が出来上がった「フリーズドライの
長芋」という製品です。

皆さん「長芋をどうすんの?」と思うでしょ!
最初の発想は一人暮らしや若い方々の
「温かいご飯にとろろ芋かけて食べたいな〜!
だけど一本買っても、ぬるぬるして剥くのも面倒だし
その後無駄になるしな〜!」の悩みに答えたいと考えたのが
発端!!

いざ創るとなると簡単にはいきませんが、
我が製作パートナーはしっかりと良い物を創ってくれたのです。

袋をもみもみして粉にします。
それを器に移して、適量の水を加え
箸でかき混ぜかき混ぜする事、5秒!!
縦からみても、横から見ても本物のとろろ芋の出来上がり。

勿論、味も成分もそのまま。
みなさん、最初は信じないですよ。
でも、目の前で作ってみると「あ〜ら不思議」

これに先だってなんと大それたネーミングを考案。


「となりのトロロ」

どこかで聞いたようなフレーズですが、
我ながら素晴らしい〜

でも残念でした、当日来ていた登録商標に詳しい方が、
「つい先日同じ名前での出願がありましたよ」

う〜ん、やられた!!!!!!

もう、使えない、おしかった。

しかし、フリーズドライの長芋のお味は
皆さんに大好評で、次の日新聞の記事に
私が載っていました!!!!

(2月10日付 デーリー東北新聞参照)

しかし、コストが高く製品化への道のりは
たいへんだ〜〜^!

ハーブティーとポケットフルーツ 

October 29 [Sat], 2005, 13:55
今日はローハスについて

なにやら新しい言葉のようですが、1998年
アメリカの二人の学者によって行った価値観調査をきっかけに提唱された
概念で、

「環境と健康を優先し、持続可能な社会のあり方
            志向するライフスタイル」
                を意味するそうです。

LOHAS 5のカテゴリー

1. サスティナブル・エコノミー
2. ヘルシー・ライフスタイル
3. オルタナティブ・ヘルスケア
4. パーソナル・デベロップメント
5. エコロジカル・ライフスタイル

といったようなちょっとむずかい言葉が飛び交いましたが、
つまりは

「次の世代への環境を考え」

「自らも心も体も健康で」

「みんなで持続可能な社会創り」

を考えたライフスタイルといってよいでしょう。

と長々書いてしまいましたが、先日写真のお二人にお会いしました。

人との関わりやコミュニケーションをとても大事にし
考え方の基本もシンプルで非常に共感するものがありました。

今後この方々を流通のパートナーとしていこうと考えています。

ではでは!! 
少し堅い話でごめんなさい!

新しい出会い 

October 28 [Fri], 2005, 18:09
みなさんお久しぶりです!

今回から字を大きくすることにしました。
なぜかって?
辛くなったんですよ。パソコンの細かい文字が!!!
歳ですね〜〜!

でも心はフレッシュです。

どうしてかと言うと、とても素晴らしい出会いが
あったからです。

今回の出会いは前にも書いた、本間さんの「農業塾」から
始まったんですが。
ほんとになちゃったんです。

ポケットフルーツとハーブティーの良さを
じっくりと味わっていただきました。


出会いのお二人も食べ出したら止まらず、

「リンゴの種類の違いがはっきりわかるね!」

「イチゴもいちごですよ〜」

「一袋でリンゴ何個分ですか?」

「これならポリフェノールたっぷり」

などなど・・・・・完食・完食
明日はお通じも良いでしょう!!

飲んでは色の確認、味の確認、葉っぱの確認

「葉っぱが生だよね!!どうして?」

「色がきれいだね〜!」

「二番茶・三番茶でも香りや色がかわんないね〜」

「すごいね。こんなの何処にもないよね」

といったやり取りの後、今度は何処で販売したら
良いのかなの議論がばんばん飛び出しました。

首都圏の皆さんにもやっとお届けできそうです。
もうすぐですから、ちょっとお待ち下さい。

ではでは!!

ポケフル.com 

October 07 [Fri], 2005, 9:57
ポケフルこと、ポケットフルーツとの衝撃的な出会いのおはなし!

昨年の晩秋のころ、青森市の物産展示会に足を運んでみました。
正直言ってそんなに目新しいものもなく、「無駄足だったのかな?」と
思ったところ、この「青い森のポケット」=ポケットフルーツに出会ったんです。



何気なく口に運んでみると、これまでのフリーズドライ商品のイメージが
音をたてて崩れ去り、本物のリンゴの美味しさが広がりました。

その日に数個買い求め、早速社員の皆さんにも試食してもらいますと、
非常に評価が高かったんですよ!
「なに〜これ〜今までたべたことな〜い」
「ほんとにりんごなんだ〜」
「皮のまんまたべれるよ〜」
「あたしすき!!」
などなど、私自身も惚れ込んでしまい、意を決して
製造元へ取引のお願いに伺ったわけです。

正直これ程完成度の高い商品であれば、色々な大手から声がかかっているだろうな?
って思うじゃないですか。でも、だめもとだ!!

製造元の社長さんと研究者の女性二名にお会いしたのが、
お昼御飯の30分前!!
なんとそれから午後の3時まで昼食も摂らずに話が弾みました。

やはり大手のデパートや菓子メーカーを含め数十件からオファーが
あったようですが、全て断っていました。どうして???

そしてなんと社長さん曰く
    「八戸物産の小笠原さんにお願いします」と
        いってくだすったんですよ!!!!!!!!


も〜〜〜〜びっくり?
    心臓が止まるかと思いました!


そんなこんなで、ようやく出来上がったHPです。
どうか皆さん、一度食べて感想をお聞かせ下さい!!


なんか、まだどきどきしてるな〜
ではでは 

カモミール 

October 03 [Mon], 2005, 17:05
前にマイブログでお話していた、カモミールのおはなし。

遅くなってすいません。
届いたらすぐにレポートする予定でしたが、
あっちこっちと飛び回るうちに、すっかりお伝えすることを
忘れていました。

前にお話ししたように、カモミールはティーバック等の
乾燥ハーブで飲んだのですが、実は味・香りの方は???
でした。

そんなところに、「まだ少しフリーズドライのカモミールがあるよ」
との言葉にすぐ送ってもらいました。

やはり、これまでのものとは違うんですよ!!
ほのかにリンゴの香りがして、なんか癒される感じ。
あの嫌な臭いも変な「えぐみ」もなく、す〜と飲めました。

残念ながら写真は撮ってなかったので、また来年までの
お楽しみにしてください。

ではでは。

食生活と農業 

September 25 [Sun], 2005, 14:15
ちょっと堅苦しいテーマかな?

でもとっても大事な事ですよね〜
食べることが出来ると言うことは、食べるものを
創っている人がいるということ!

戦後60年、日本は生産性の為に農薬や化学肥料を
多量に使った農法が氾濫してけど、ここにきて
まっとうな考えでまっとうな生産物を創る人と
流通する人が多くなりました。

今月半ばにも、お隣の岩手県のとある町で、もう十年も続いている
「農業塾」に参加し、食の安全・安心にはまず「土づくり」だと
学んできました。

八戸近郊でもこの様な勉強会があるんだろうな〜?
知らないことを知ることは、とてもわくわくすることです。
もし、近くでこんな会があったら知らせてください。

本物の農業を知っていきたいな!!

ハーブティーその2 

September 24 [Sat], 2005, 14:00
きのうに引き続き、ハーブの話を!

来週にはカモミールのシングルハーブが
到着します。
カモミールはリンゴのような香りや味がすると
噂で聞いているんですが、これまで飲んだものは
それとはほど遠く、正直いって失望していたんです。
ですから、これは楽しみにしていますね〜
味わったらマイブログでレポートしますので、たのしみに〜〜!

そして10月末には、待望のアップルティーが
出来上がるんですよ。。


実は恥ずかしいことに、つい最近まで私は
アップルティーは紅茶の中にリンゴが入ったものが
アップルティーだと思ってたんですが、
なんとなんと大きな勘違いをしていたんだな。

紅玉100%混じりっけ無しのリンゴだけの、
アップルティーなのだ


紅玉のもつ薄紅色とさわやかな酸味と甘さ!!
本物のアップルティーを愉しんでください。

でもこれも、急いでパッケージを考えねば!
あ〜たいへん・たいへん

ハーブティー 

September 23 [Fri], 2005, 11:55
おまちどうさまでした。
ようやくデジカメを手にはいりました。

使い方がいまいちよくわかりませんが、
なんとか画像のアップができましたので

ごらんください

ハーブティーのフレッシュな感じ、
伝わりますか?




もちろん、豊かな香りもたっぷりなんですが、
ブログでは無理だものね〜?

我が家の奥さんは、初めてのハーブティーが
これでしたから、ほかのティーを飲んでも
苦い顔で困ってしまいます!!

早く皆さんにお届けできるよう
がんばらねば
P R
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像タイリンゴ
» ハーブティーその2 (2005年10月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pokefuru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる