真珠の美しさを保つには・・・ 

December 20 [Wed], 2006, 22:33
真珠の美しさを保つには・・・
「さあ、今日はフォーマルパーティー!とっておきの10mm珠のロングネックレスを・・・」
「くすんで黄ばんで!なんで?どうしよう?」
こんなことにならないように!?
「でも、以前使ったときから、大事に金庫にしまっておいたのに・・・・」
それは、以前使ったとき、どうケアーをしてからしまったの?かが問題なのです。
真珠は肌と同じ!ケアーしだいで“くすみ”も“黄ばみ”もします。
そう、それは肌と同じタンパク質が含まれるからです。
汗がついたままお手入れを怠るとテカテカのおでこが現れます。真珠の場合は“くすみ”も“黄ばみ”しいては“肌荒れ”まで起こしてしまいます。
あと、そうそう乾燥も大敵ですよ!“肌荒れ”の先の“ひび割れ”まで起こしてしまいます。
外出あとにはしっかりと汗を取り去ってください。
でも、貴方のお肌とは違ってクレンジングローションは使わないで!
アルコールか真水(台所洗剤をチョコッと)、ここらあたりが無難かも。

(ちょっと難しい論理的話)・・・あまり面白くありませんね?
真珠の表層は鉱物の小さな破片をタンパク質の接着剤で張り合わせたようなものなのです。

ダイアの美しさを保つには・・・・ 

December 19 [Tue], 2006, 22:26
最高の品質、最高のカットなど全てにおいて最高級を信じ購入した“ダイアモンドリング”
「使っているうち、時間がたったらだんだんと以前の輝き、美しさは・・・・」というような話聞いたことありませんか?
“ダイアモンドは永遠の輝き!”こんなフレーズどこかで聞いたことありますよね。
「でも?」  
そうなんです。そういうことが起こるのです。
たとえば、水に入れてみてください。真新しいダイアの指輪でも少し輝きが落ちてしまいますよね。油に入れたら?さらに輝きは落ちてしまいます。
「あたりまえですよ!」そう言われる方、そこにちょつと仕掛けがあります。
ダイアモンドは油と非常に仲が良くて、直ぐにくっつきたがります。
つまり、日常の使用により手の油とくっついてしまっているのです。
それは、あたかも油のプールにその指輪を沈めているような効果を呈してしまいます。
美しさを保つには貴方と同じように、日頃のケアーが必要なのです。
ダイアの回りに仲良くくっついている油を可哀想ですが別れさせてあげてください。それが、いつまでも彼女が美しくいられる秘訣なのです。

(ちょっと難しい論理的話)・・・あまり面白くありませんね?
ダイアモンドの輝きは空気とダイアモンドの間でその関係が成り立つように計算されているので、その間にほかのものが加わるとその絶妙な関係が崩れてしまうのです。

美しさを保つには・・・・ 

December 18 [Mon], 2006, 22:22
エステのことでも化粧品のことでもありません。
美・プレステージを表す最強の脇役ジュエリーについてです。
鑑定業に従事して早30年余り、今や鑑定・鑑別の作業はエンジニアの作業といっても過言ではないほど技術的進化が導入されてきました。高精度の検査機器の利用により化学的データを集積し論理的回答を計数的に導き出すことが容易になってきました。
正直、私自身、鑑定・鑑別の分野ではエンジニアであること、技術者であることには好感を感じ得ない気持ちです。
よって、ジュエリーに関するエンジニア的技術論や検査論評に関しては諸先輩方やエンジニア技術者の方々にお願いするとして、身近な話題について話を勧めていきたいと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poisonmush
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる