いわさきちひろに関するサイト

August 02 [Sat], 2008, 14:39

まずは、いわさきちひろさんに関するサイトをまとめてみました。

透明感のあるさまざまな色彩のちひろさんの絵。

ちひろさんが自分のテーマカラーとしていた色はむらさきなのです。
★ちひろ・紫のメッセージ ★ 講談社文庫 ★


『紫色の馬と少女』などなど(2008/03/04)

いわさきちひろ 『みどりの風の中』 ・いわさきちひろ 『海辺を走る子供と犬』 ・いわさきちひろ 『シクラメンの花の中の子ども達』 ・いわさきちひろ 『王子を想う人魚姫』 ・いわさきちひろ 『バラにかくれる子供』 ・いわさきちひろ 『つるのおんがえ ...
http://blogs.dion.ne.jp/hotel05/archives/6930575.html

会いに行く

久しぶりの連休普通の週休二日の二日. 昼下がりぶらりとお散歩へ.
http://littlekm.blog.so-net.ne.jp/2008-02-17

見に行ってきました

昨夜のお誕生日会の余韻の頭痛を残したまま、かみさんと出石の「伊藤清永美術館」に 「いわさきちひろ展」を見に行ってきました。 1_2. 館内一杯に沢山の絵が展示してありました。 ほとんどが赤ちゃんから子供を中心に書かれているようです。 ...
http://eve-kazura.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_d153.html

教えから・・・

この前、偶然に「ちひろ」の戦争から子供を守るために、苦心していたか子供の絵と、戦争について、次のような記事があつた。
http://east933.at.webry.info/200803/article_3.html

好きだった

本日、前々から好きだったいわさきちひろさんの.
http://sunrisegarden.at.webry.info/200803/article_5.html

水彩画で輪郭を描かない

「いわさきちひろ」さんの絵本だったそうです。 水彩画で輪郭を描かない、やわらかな表情。 無垢な優しげな雰囲気に、こんな子どもになって欲しいと名づけたそうです。 「いわさきちひろ」さんは30年以上前に亡くなっているのですが、 ...
http://hisyou1003.blog.so-net.ne.jp/2008-03-04

たかたか歩いて

久しぶりの連休普通の週休二日の二日昼下がりぶらりとお散歩へ天気はいいでも空気は冷たいそれでもたかたか歩いていわさきちひろ美術館を目指す思いつきで出発したその先には残念ながら主役不在二月いっぱいは休館とのこと残念だったけどまた来る楽しみが ...
http://blog.so-net.ne.jp/littlekm/2008-02-17

画伯

口で伝えられない。 でも、人はそれだけじゃないコミュニケーションの手段を持っている。 人間にも昔は、言葉という存在が無かった。 かつての類人猿をどこから人間と定義するのか、科学的なことは分からない。 でも、猿と同じか、それに近しい存在だった ...
http://yuramono.jugem.jp/?eid=48

絵本コーナーを放浪

見てたのがいわさきちひろさんについての本。 絵本コーナーを放浪してたら発見しました(笑) もぅねーほんっとすごかった!! あんな優し〜い絵描くんだから本人も優し〜い人だったんだろうなぁって思ってたら、予想以上に素敵な人でした。 ...
http://blog.goo.ne.jp/sunny_days_88/e/2e7aacc3fcce0b755b0baa9fb5194381

癒されました

絵。 最近なにげにイライラしてたような気がするけど絵を見たら癒されました.
http://blog.goo.ne.jp/xyurox/e/dd84a065084769ff425c189e38e8520e

驚いた

いわさきちひろの特集をしていて、驚いた。 これは41歳の時の写真。 31歳で7歳年下の人と結婚したが、そのときの写真もどうみても10代。 あの絵のそのまんま。 少女のままでいたかったんだろーなぁと思った。
http://blog.goo.ne.jp/blackeyedpeas3/e/898cbbc15a90f09719e43341b698ddda

京都・滋賀の旅

重要文化財の1001体の十一面千手千眼観世音、 国宝の雷神・風神像と観音二十八部衆像を観てきました。 京都駅まで歩いていわさきちひろ展へ。 ●いわさきちひろ展〜未来につなぐ、やさしさのきずな〜 (2007.10.13〜11.11)美術館「えき」KYOTO ...
http://blog.goo.ne.jp/mahoroba_77/e/e9ff15534fd291cc97278f184f0e36b2

京都駅で途中下車

琵琶湖の竹生島からの帰り京都駅で途中下車して“美術館「えき」KYOTO”でやっている「いわさきちひろ展」に立ち寄ってみました☆ いつ見てもいわさきちひろさんの絵は素敵ですよね♪ 可愛さと憂いのある印象的な黒目と水彩の織りなす柔らかな皮膚感と ...
http://blog.so-net.ne.jp/kengo_m/2007-11-09-1

やさしさのきずな

いわさきちひろ展 未来につなぐ、やさしさのきずな いやぁ、よかったです。 本当に、いわさきちひろさんの優しさを感じる展覧会でした。 絵も、だんだん、余計なものはなくして、どんどんシンプルになっていく感じでした。 ちひろさんの描く子どもは、 ...
http://pub.ne.jp/yuzusora/?entry_id=1012443

京都駅ビル

京都駅ビル 伊勢丹7F 【えき】で開催されている【いわさきちひろ展】に行きました見に来てる方は20代〜かなり年配の方まで幅広かったですね誰もが一度は見たことのある彼女の絵や絵本は、温かい柔らかい優しい温かい気持ちにさせてくれる入って ...
http://blog.goo.ne.jp/tomato0313/e/0c814a48904e9d0abf0aafbdc385bd1c

赤ちゃんや小さい女の子の絵

美術館「えき」KYOTOにて開催中11月11日まで懐かしいちひろさんの絵がいっぱい。赤ちゃんや小さい女の子の絵は特にいいですねー。幸せな時間をしばし楽しみました。 ちひろBOX―没後30 ...
http://www.fururu.net/user/coral3/20071107165653

芸術と思想

今までいわさきちひろについては共産党の松本善明氏の夫人で、ちひろ自身も熱心な共産党員だったぐらいの断片的な知識しかなかったのが、この本を読んでちひろの知られざる面を垣間見ることができたような気がした。 いわさきちひろは封建的な家庭に ...
http://kohituzi.at.webry.info/200711/article_10.html

アンデルセンの絵本

そのあと美術館「えき」KYOTOで開催している「いわさきちひろ展」へ。 私の世代だといわさきちひろの絵は、子どもの頃リアルタイムで雑誌や絵本で見てました。アンデルセンの絵本が私の記憶に残っています。そして、自分の子どもが生まれてからはちひろの ...
http://blog.goo.ne.jp/weiwei_2005/e/c00bc388ee2a330a0c10550e4ec3c7cc

行って来ました

19日市立美術館へ『わたしが選んだちひろ展』を見に行って来ました。
http://417-513.at.webry.info/200708/article_8.html

いただいて

結婚式の引き出物、お祝いのお返しなどなど。。。いろんな食器をいただいて、そのま...
⇒http://momoko8.blog.ocn.ne.jp/orangemoon/2008/02/post_4971.html

語る講演会

2月13日、那覇市内で、あの子どもの絵で有名な「語る講演会」がありました。講師はちひろさんの夫で、元日本共産党衆議院議員の松本善明さん。 石垣市で療養中のところを特別に応じていただいたそうです。そういえば私の毛穴の黒ずみは上手にケアしたせいか ...
⇒http://ichiro-g.pro-blog.jp/2008/02/e42.html

好きです

私さん☆の絵が好きです☆ ちひろさんとの絵☆の出会いは私が小学生の時に山に家族で遊びに行った時に出会いましたp(^∪^)q☆ そこでちひろさんのポストカードセット♪♪が売られていて母が購入してくれたんですね☆☆ その頃は興味が無く ...
⇒http://blog.goo.ne.jp/minto77_march/e/dd372f6e4e5ff619ad08a7bd8633d46e

本も

これはの絵ですね。 お母さんが好きみたいです。 本もありますよ。
⇒http://blog.goo.ne.jp/koyurinko/e/f2f3f396edb8ea7529606e0fbfe99540

東京2日目 美術館

初山滋大回顧展初めて美術館に行った。平日だから 人も少なく お天気も良く とても気持ちよかった。初山滋氏を知ったのは 「たなばた」という絵本で「なんて美しい!」と思ったのがきっかけでした。・・・・が、本当はずっとずっと昔からFX初心者だった私といえば ...
⇒http://surara.cocolog-nifty.com/suraradays/2007/12/post_7.html

京都伊勢丹

1ヶ月ほど前の話なんですが、11月初旬、京都伊勢丹の美術館「えき」KYOTOに行ってきました。 今回の展示は、絵本原画や素描、油絵など。 「おふろでちゃぷちゃぷ」や「あかちゃんのうた」「あめのひのおるすばん」などなど、たくさんの絵本でなじみの ...
⇒http://happyhappy.rdy.jp/child_room/log/eid229.html

11月28日 絵が好き

娘が選んだのは 「赤い毛糸帽の少女」という絵。 愛らしい子どもの絵が多い作品の中でも素朴な女の子の表情と帽子と手袋の赤が印象的な作品だ。 背景がほとんどないので模写が簡単そうに思えたが、 水彩の濃淡をつける ...
⇒http://blog.goo.ne.jp/ojo_1968/e/0edb2c7f40e25887968bb2e00cfbb4bf

あのエルメスが絶賛したものとは!?

アンパンマン メロンパンナ ひな祭り ひな人形 ミニ雛 0125子年5; ホワイトデーウェーブ; 雛祭りうさぎ置物(台 屏風付)【ガラス製】; マグ(母の日)ボーンチャイナ; マグ(母の日)ボーンチャイナ; 今フードコーディネーター注目のアイテム! ...
⇒http://8starlight.net/hikaru4/2008/03/post_41.html

酒井駒子

そのときの入場券に描かれた一枚の絵。 女の子が開いた絵本から、浮き上がった一人の少年のような、少しさみしげでもあり、あったかくもある少女の挿絵が、酒井駒子さんによるものでした。 忘れずにチェックしとこっと?
⇒http://www.kanshin.com/keyword/1411832

NARUMI ナルミボーンチャイナ イヤープレート2008年 ...

NARUMI ナルミボーンチャイナ イヤープレート2008年 『わらびを持つ少女』 価格 5000円 (税込 5250 円) 送料別 9300点を超える作品のなかで代表作のひとつに数えられる作品。行きつけの鍼灸師の先生のところにもありました。一斉に芽吹いた春の野原のなかで、少女は髪にすみれを飾り、 ...
⇒http://sakura604.noblog.net/blog/h/10419032.html

[ART]財団法人記念事業団:美術館・東京 / 安曇野 ...

さんの絵は、こころに響きます。 美術館でいつでも、さんの作品が見ることが出来るのはいいことです。 殺伐とした今の日本には、絵の世界は、救いになります。 ...
⇒http://d.hatena.ne.jp/wnao/20070523/p17

[迷宮美術館]

子供たちの愛らしい、水彩画を描いた。 絵本画で有名だ。 幼き命を描いた作家だ。 の絵を描くときの、. 三種の神器は、ラジオと鏡とトランプ。 ちひろは書を通して身につけた筆使いで、. 水墨画のにじみを、効果的に使って ...
⇒http://d.hatena.ne.jp/charanken/20060825/p1

[お出かけ][お気に入り] 安曇野美術館

今日の行く先は私が前々から行きたいと思っていた「安曇野美術館」。 美術館は東京にもあり、ここには母と3度ほど訪れているが、安曇野は初めてで、とても楽しかった。 :安曇野ちひろ美術館 こころのふるさと、信州・ ...
⇒http://d.hatena.ne.jp/growupjp/20070708#p1

さくら

寿司屋で例の「塩雲丹」を日本酒でいってしまいました。小学校かr中学1年生までの可愛い少年でした。でも、その寿司屋で、「田中邦衛さん」と言われてしまいました。久しぶりです。帰りは、武生に寄りました。知りませんでした、の生家が ...
⇒http://hattori.no-blog.jp/hattorisinnichirounohibit/2008/04/post_1501.html

[book]全集〈1973~74-2〉

asin:B000J6XGEW:detail 近藤喜文さんの関連で、さん。元々好きなんだけれども、やはりというか近藤さんと通じるところがあったみたいで。この全集は「戦火のなかの子どもたち」を主に収録。白い世界、郷愁をそそる淡くあたたかい色調の中 ...
⇒http://d.hatena.ne.jp/tsukimori/20061208/p21

P R
Yapme!一覧
読者になる