お肌の細胞分裂

July 10 [Thu], 2014, 12:36
お肌の細胞分裂を促進し、皮ふを再生させる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している際にはほぼ出なくて、日が落ちてからゆったり身体を休め静かな状態で出るためです。
歯のビューティーケアが必要と思っている女性は多くなっているものの、実生活に取り入れている人はまだ少ない。最多の理由が、「自分一人ではどのようにケアしたら効果的なのかよく分からない」という意見らしい。
メイクの良いところ:新製品が出た時の楽しみ。自分の素肌とのギャップがおもしろい。いろんなコスメに資金をつぎこむことでストレス発散につながる。化粧をすること自体をもっと学びたくなる。

軟部組織マニプレーション

June 26 [Thu], 2014, 12:36
軟部組織マニプレーションとは近くの筋肉や骨格が原因で位置が合っていない臓器を本来あった場所に返して内臓の作用を正しくするという治療なのです。
女性たちが「デトックス」にのめりこむ理由として考えられるのは、我々が暮らしている環境の汚染だろう。大気や土壌は化学物質で汚され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬が多くかけられていると実しやかに囁かれている。
アイメイクを落とす時に化粧をしっかり落とさなければいけないとゴシゴシと洗うのが習慣になってしまうと皮膚が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着がおこり、目の下の茶色いクマの一因になるのです。

頭皮の手入

October 07 [Mon], 2013, 12:36
頭皮の手入は通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。スカルプはヘアの症状の代表である「抜け毛」「うす毛」に非常に大きく関係すると同時に、フェイスラインのたるみにも影響しています。
ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す言葉。健康、美容、ファッション、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など多種多様な活躍の場があり、今やネイルケアは確立された分野となっているのは自明の理である。
美容外科医による施術を受けたことについて、恥ずかしいという気持ちを持つ患者も少なくないので、患者のプライド及び個人情報に損害を与えないような気配りが重要である。

生活の質

October 07 [Mon], 2013, 12:35
医療がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を大切に捉える風潮にあり、製造業に代表される経済の熟達と医療市場の急速な巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科は数年前から非常に人気のある医療分野だということは間違いない。
美容誌でリンパの滞留の代表格のように説明されている「むくみ」には大きく2種類に分けると、体のどこかに病気が潜んでいる浮腫と、病気ではない人でも出現するむくみがあると考えられている。
スカルプの健康状態が悪化していると感じる前に正しくお手入れをして、頭皮の健康を維持する方が賢明です。状況が悪くなってからお手入れを始めたとしても、その改善には時間を要し、費用はもちろんのこと手間もかかります。

健康な身体にも起こる浮腫

October 07 [Mon], 2013, 12:35
健康な身体にも起こる浮腫だが、これはむくんで当然。ことさら女の人は、夕方の脹脛のむくみを嫌がっているが、ヒトであれば、下半身が浮腫んでしまうのはいたしかたのない状態だ。
たくさん汗をかいて身体の中の水分量が減少すると尿が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が蓄えられ、この余剰な水分が使用されずに結果としてむくみの原因になっていることは、あまり知られていません。
メイクアップでは傷などを目立たなくする行為に重きを置かず、リハビリメイクを介して最終的には患者さん本人が己の外観を受け入れ、社会復帰すること、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を更に上げることを理想に掲げています。

日中なのに

September 22 [Sun], 2013, 14:38
日中なのに通常さほどむくまないはずの顔や手に酷い浮腫が見られた、十分寝ているのに脚の浮腫が取れない、などは何か病気が関係しれいる恐れがあるので内科医の処置が必要になります。
美容とは、結髪、化粧、服飾などを利用し容姿を更に美しくするために手を加えることを指す。実のところ江戸時代には化粧(けわい)と同じように使用されていたらしい。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は皮ふに優しく、ドライスキンの方に効果的です。防腐剤や芳香剤などを使用していないため、お肌の敏感な人でも使用することができます。
お嬢様酵素

ドライスキン

September 17 [Tue], 2013, 13:38
ドライスキンによる掻痒感の原因の大半は、老化による角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減少や、メイク落としなどの頻繁な洗浄による肌のバリヤー機能の劣化によってもたらされます。
肌の美白指向には、90年頃からあっという間に女子高校生などに人気を博したガングロなど、異常に日焼けする奇異なギャルファッションへの対抗的な考え方が内包されているのだ。
深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に至るスポーツ中継・翌日のお弁当作りやご飯の支度…。肌に良くないということは分かっていても、日々の生活では十分に睡眠時間を持てない人が大半を占めるようです。

現代社会

September 14 [Sat], 2013, 20:37
現代社会に暮らしているにあたっては、ヒトの体内には体に悪影響を与える化学物質が増加し、あろうことか己の体内でも老化を促進する活性酸素などが次々と作られていると報じられているようだ。
顔の加齢印象を高める中心的な原因の一つが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、目には見えない凹凸があり、普段の生活の中で茶色い着色や食物カスなどの汚れが蓄積しやすくなります。
紫外線によってできてしまったシミを薄くするよりも、発生しないように防護したり、お肌の奥に隠れているシミの種子を防御することの方が肝要って分かっている人はまだ多くありません。

日本の医学界全体

September 11 [Wed], 2013, 12:37
日本の医学界全体がQOL(quality of life)を重視する空気に包まれており、製造業に代表される経済の進歩と医療市場の大幅な巨大化により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は現在人気のある医療分野であろう。
日本皮膚科学会の判断指標は、@掻痒感、A独特の発疹とその点在ポイント、B慢性と反復性の経過、3項目すべて該当する疾患をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言っています。
大方は慢性へと移行するが、最適な手当により病態が管理された状況に維持されれば、自然に治ることが望める疾患なのだ。

あまり聞き慣れないリハビリメイク

August 15 [Thu], 2013, 11:34
あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、様々な身体機能に損傷を受けた人のリハビリテーションと同じく、顔や身体の外見に損傷を被ってしまった人が社会復帰するために学習するテクニックという意味を含んでいます。
メイクアップでは傷などを隠すことに主軸を据えるのではなく、リハビリメイクを介して最終的には患者さん本人が自らの容姿を受容することができ、復職など社会に復帰すること、かつQOL(クオリティーオブライフ)を向上させることを目標としているのです。
例えるなら…今、パソコンを眺めつつ頬杖をついてはいませんか?この行為は掌の力をダイレクトに頬へ与えて、繊細なお肌に不必要な負荷をかけることになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ami
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる