3年目。 

2007年01月21日(日) 23時28分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*


少し前のお話を・・・・。



先月、12月ですね
ワタクシの誕生日でした。


ワタクシの誕生日は、はーさんと付き合い始めた日。


ワタクシにとっては、誕生日よりも大事な日でした。


はーさんがいれば、3年目という記念日でした。



その日は、ワタクシの親友が彼氏さんと一緒に
お墓参りに付き合ってくれて、
その後はドライブに行きました。
長時間・長距離にも関わらず、
彼氏さんが運転をかってでてくれました。


ワタクシは、あぁステキな親友に恵まれて幸せ者なんだなぁと思えました。





一つ、あることが起きました。


ワタシの気のせいなのかもしれないけれどね。



ワタシの誕生日になって、1時過ぎでしたでしょうか。
部屋を出る時、

ほんとに一瞬です。


“あ、お線香の匂いだ”


そう、感じました。


“お線香の匂い・・・・・・・・・・・・(゜o゜;) ”

と、思ったんです。


ワタシが毎日覗いている
霊感をお持ちの主婦の方のブログで、
“亡くなった人はお線香の匂いを好んで纏っている”と。


それを一瞬で思い出した瞬間

もう涙が止まらなかった。

あぁ、はーさんはきっと来てくれてるんだと。
姿は見えなかったけれど、声も聞こえなかったけれど、

何の気なしに、お線香の匂いだと思ったのだから、
間違いないはず。



その後、夢の中には出てこなかったけれど。

きっと、はーさんは来てくれた。
そう信じたい。

新年。 

2007年01月01日(月) 23時59分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*


また、新たに年が明けました。
いかがお過ごしでしょうか。


ごぶさたしております、ぽげこです。


昨年は、大変ご心配おかけしました。

今年1年、心機一転、
はーさんとの思い出を大切に大切にしながら
精一杯生きて参りたいと思っている所存でございます。



ブログも、不定期ながら
更新していきたいと思います。
月に1回も更新できるかはわかりませんが。。
ただ、更新のないということは
元気であるという証拠として
受け取って頂けたらと思います。


今年1年、ぽげこを
どうぞよろしくお願いします。

穏やか。 

2006年11月03日(金) 23時59分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*



ここ、数日、


とても心穏やかに過ごす日々。



ブログの更新が
急激に減ったのも、


気持ちが落ち着いてきたという証拠かもしれない。



常に、思っていたこと・考えていたことを
綴らないと、
自分が潰れてしまう気がしていた。


今は、
ブログ書かなきゃ

って
切羽つまるほど、ザワザワすることが無くなってきた。



はーさんが、隣に居ないことが
当たり前になってしまった。


あの2年半が、
たった3ヶ月前のことが、

夢だったかのように。




ひとつ、気づいたことがあった。


私は、はーさんとの日々が心地よかった。
その同じような心地よさを、きっと次好きになる人にも求めると思った。

でも、その心地よさは、
2人で築き上げたものだった。
ちょっと、それを忘れてたな。
最初の1年は、2人とも試行錯誤。
お互いを良い意味で探りあい、分かり合おうとしていた。
その日々があったから、今の心地よさがある。

それを、ちょっと忘れてた。



あの、幸せな日々は2人で築いた証。



だから、再びワタシは
幸せを築くために、歩き出す。



ワタシと一緒に
幸せを築いてくれる人と、
いつ、巡り逢えるのか。

巡り逢えるまで、一磨きしないとね、はーさん。

はーさんのお家 

2006年10月21日(土) 23時59分
はーさんのお家に行ってきました。


ママは、とてもにこやかに迎えてくれました。

はーさんの遺影の前でお線香をあげて
“はーさん、来ましたよー、元気ですかー?”
と声をかけました。

はーさんの大好きなお酒と
採用内定書が供えてありました。

内定先の方たちが、持ってきてくれたそうです。
なんて、いい人たちなんでしょう。
はーさんは、同期の中のリーダーとして頑張ってもらいたいと、期待されていたそうです。
はーさんは、アルバイトでもいいから使ってくれと懇願していたらしいです。
それぐらい、行きたいと思った会社だったみたいです。
ワタシの前では、その情熱はあまり出さなかったけれど。

ママと、ふたりして泣きながら、色々とお話させてもらいました。

いつも、はーさんは夜勤でバイトしていたから、
お家にいても日中は寝てることが多かったりするから、
お家に、ママとパパしかいないのは不思議ではないのに、
やっぱり、静かな感じがしました。
1人居なくなるだけで、変わってしまうものだなと。

ママには、「いつまでも思ってくれるのはありがたいけれど、○○ちゃんの将来もね・・・」
と仰ってくれて、
ワタシは「大丈夫です。結婚します。それで、はーさんに報告に来ます。保護者的な立場で見守ってほしいです。結婚するときも、子どもが生まれたときも報告に来ます。」と言いました。


言いたいことの半分ほどしか言えなかったけれど、
ママの「また遊びに来てね」という言葉に甘えて、
また、行きたいと思いました。
そのときに、残りの半分を言いたいな。


はーさんのお家に行ったら、
なんだか力を与えられた気がしました。
はーさん、一緒に話聞いてたのかな。

(無題) 

2006年10月21日(土) 12時59分
ごれから、はーさん宅に伺います


ママにちゃんと挨拶したくて。

でも何を言おうかなんて全く考えてないんだけど、
感謝の言葉だけは言おうと思っています

色んな人の元へ 

2006年10月19日(木) 0時46分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*


月曜日、久しぶりに学校へ行き、
1ヶ月ぶりぐらいに会った友人とちょっとだけお話をしました。

なんでも、彼のところに、はーさんは時々現れるらしい。
夢に、時々出てくるそうです。

彼と一緒にいたSくんのところにも
しょっちゅう夢の中に出てくるそうです。
で、叱ってくれるそうです。Sくんが困ったときとかに夢に出てきて叱ってくれるんだって。

それを聞いて、
何故だかわからないけど、安心しました。

と同時に、
私のところには、あまり来ない
という、寂しさもありました。

私も夢のストーリー上の中にはーさんは居たりするけれど、
実際、会話をした!っていうことがあまりない。

なので、叱ってくれるとか
いいなと思ってしまいました。


安心した、というのは
はーさんが上の世界でちゃんと生きてるんだってことが
分かったからかな。

はーさんのことだから、
大概ワタシのことは後回しというか、
照れなんだか、わからないけれど
ワタシに対しては、ワタシに分からないところで見てるのかなって
思いました。

いつか、夢の中で、はーさんと会話したいと思いました。



ブログの更新、
ワタシにはどうもムラがあるみたいで、
今は、ブログを書きたい!書かなきゃ!という気力が抜けてるみたいです・・・。
書きたいことはたくさんあるんだけれど・・・。
いつも読んでくれている方、皆様
気長にお待ちくださいm(_ _;m)

夢を見ました 

2006年10月13日(金) 22時18分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*


今日、夢を見ました。


はーさんのです。


はーさんの法要を行ってる夢でした。

法要といっても、お寺じゃなくて
でっかいホールみたいなところでやっていて
大学の友人もいっぱいいました。
ワタシは、友人たちと一緒にいました。

一番前の席には親族の方たちがいて
お葬式のときお世話になったTさん夫婦もいて
「お久しぶりです、ありがとうございます」と挨拶している私がいました
親族の皆さんにも挨拶していました。

壇上には、はーさんがいて、
はーさんの顔が見れました。
ワタシは最後のはーさんの顔を鮮明に覚えていて
夢の中なのに、とても驚いていた。
ワタシ、こんなにはっきりと覚えてるんだと。


もう、夢の中では
はーさんが亡くなっていることが多くて
はーさんが生きている夢は少なくなりました。

でも、一昨日久しぶりにはーさんの生きている夢を見ました。

会社の人と飲みに行くところを私が見ている場面でした。
はーさんはスーツを着て、新人ぽく頑張ってました。

はーさんと一緒に寝ている夢も見ました。



特に今日は
何故か「何ではーさんが・・・今にもはーさんが出てきそうなのに」
という想いが廻って廻って
切ない気持ちで過ごしていました。

はーさんがいないという事実を
受け止めているのに、受け止めたくない
信じたくない、でも信じないと
いっぱいいっぱい。

卒論もやらなければいけないのに
今は何もしたくない。
何も考えたくない。
そんな今日。

ただいま。 

2006年10月11日(水) 23時59分
今日まで2泊3日。

ワタシの親友である
Yと京都へ行ってました。

歩いて歩いて歩いて
撮って撮って撮って
の3日間。


楽しかった

というよりも

とても癒された。


この3日間で
色々考えました。
色々気づきました。

少しずつ、綴りたいです。


はーさん、
ただいま。

大切な友達が・・・。 

2006年10月05日(木) 23時59分
衝撃的なことが起こっていた。

ワタシの大切な大切な友達に悪夢が起こっていた。


はーさんの一件のときにも
とても気にかけてくれて、心配してくれた人。

何故、彼にそんなことが起こってしまうんだろう。
人間不信になってしまうようなことだった。


ワタシは、何も言葉をかけることができなかった。

「大丈夫?」
「ムリしないで」
「元気だして」

そんな、軽々しい言葉
かけることなんて出来ない。
本人目の前にしたら。

それらの言葉は、何も意味しないということを
ワタシはよく分かっているから。

そんなとき、必要なのは
「うん、うん」
と、ただ聞くこと。


何か言って欲しい、言葉をかけて欲しいと思いながら
でも、かけられた言葉は、求めていないものばかり。
そんな言葉が欲しいんじゃない。
じゃあ、何て言葉をかけたらいいのか?


おそらく、誰にもわからない。
正しい答えなんてない、答えもないのかもしれない。

ただ、ただ
聞いていてもらえれば。
ただ、ただ、
そばにいてもらえれば。

ワタシは、はーさんのことがあってから
そう、思うようになった。
ワタシに一番必要だった言葉は、
はーさんからの言葉。
これ以外、何もない。


どれだけ、辛いことを経験し
この辛い経験が、誰かの役にたてばと思っていても、
具体的には、何もできないことがわかった。


でも、

「うん、うん」

って、こんな短い言葉が
時に必要だということも、わかった。


はーさん、
彼を見守ってください。
ワタシは、今彼のところに飛んで行けないから。
だから、せめて
はーさん、そばにいてあげてください。

1人で初めて 

2006年10月03日(火) 23時05分
*はじめての方は よろしかったら こちら からどうぞ*


今日、1人で初めてお墓参りに行った。


涙が

止まらなかった。



泣くつもりは、なかったのにね。


何故だか、もう止めどなく溢れてきた。


はーさん、
まだ、はーさんのお願い聞けないみたい。
“もう、泣くのはやめろ”
ごめん、はーさん。
まだ、ムリみたい。

はーさんの気持ちは分かるんだけど
でも、
まだムリだよ。
許して。


いつか、ちゃんと
笑って、会いに行けるようになるから。
これは、約束するよ。

笑って
結婚の報告も
子どもが生まれた報告も
全部報告しに行くから。
だから、待ってて。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワタクシ■
■name:ぽげ子■
21歳・大学4年生
2003年12月から2006年7月までの2年7ヶ月、愛する恋人と幸せな日々を過ごしました。
2006年7月末、はーさんと永遠の別れ。
■彼氏さん■
■name:はーさん■
年上の大学4年生
少々変わり者ですが、お仕事はできる人です
いろいろと考える男です
そして、照れ屋さんです
若くして、空へ旅立ちました
☆コメント☆大歓迎です♪
アイコン画像ママ
» 3年目。 (2008年06月18日)
アイコン画像最後の彼女
» 3年目。 (2008年02月23日)
アイコン画像ぽげ子
» 1人で初めて (2006年10月12日)
アイコン画像
» 1人で初めて (2006年10月09日)
アイコン画像ぽげ子
» 愛するということ (2006年09月25日)
アイコン画像
» 愛するということ (2006年09月24日)
アイコン画像ぽげこ
» 声が聞きたい (2006年09月21日)
アイコン画像はるな
» 声が聞きたい (2006年09月20日)
アイコン画像
» 僕らの音楽 (2006年09月16日)
アイコン画像ぽげ子
» 心臓が。 (2006年09月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽげ子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真-デジカメというおもちゃ片手に、自由気ままに撮ってます。
読者になる
Yapme!一覧
読者になる