桧垣のインパラ

January 16 [Mon], 2017, 11:15
一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食材などです。頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になっております。この状態を改善することで、、軟らかくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。乳酸菌サプリメントと言えば、何てったってビオフェルミンです。

まだまだ子供だった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはやはりビオフェルミンなのです。


屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

屁の臭いの元は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。
というわけで、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を防止する能力のある乳酸菌を摂り続けることにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。



乳酸菌には多くの効果があるようですが、中でもお腹に効力を発揮するということです。



腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発化し体内に停滞していた便が出やすくなります。

ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。

乳酸菌を常に飲むことで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。


乳酸菌が身体に良いものだということはわりと知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。この説も、本当かもしれません。どうしてかというと、それぞれ個人差がありますし、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、即効性が期待できる治療薬ではないからです。まず、合うかを試してから考えてみてください。


元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では一緒ですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作り出す力があるのだそうです。


だから、ノロウィルス対策に効果的と言われているのでしょう。
ここ最近は、いろんな感染症の話を耳にするので、とにかく積極的に摂るといいと思います。



オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として目を止める存在となっています。
事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は双方ともお腹の機能増進や健康の維持には欠かしてはならない重要な成分です。子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったところのことでした。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。
結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。実は乳酸菌を摂ると色んな効果があります。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境をより良くします。


結果、免疫力が上がり、たくさん健康に対する効果を得られます。

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザにも予防の効果があります。乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いんです。アトピーを改善させるには食べるものも重要です。アトピーに対して効果がある食事を心がけることで健康的な肌へ変わっていくことができると言われています。胃腸などの消化器官を調整して免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日バランスよく摂取していくとアトピーへ効果があります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウマ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる