1 2 8 * 

2006年10月30日(月) 22時09分
部屋の現状はこころとリンクしているらしい。
よくわかる。
最近までおそうじも頑張ってたのに。
出したものは出しっぱなしになっている、今。
死んだように眠り続けられたらいいとおもう。
睡眠じゃなくても、ずっとベッドの上にいるだけがいい。
何もしたくない。何もしたくない。何もしたくない。
けれど、実家に電話をしなくてはいけないし
(創立記念日あたりに一週間実家に帰ろうとおもう)
バイト先に電話をしなくてはいけないし
(次のシフトがわからない)
メールを返さなくちゃいけない。
お風呂にもはいらないといけないし、
ご飯も炊かなくはいけないし、
洗濯物も、なにも、やらなきゃいけないことは山積みなんだ。

中学2年生の時にした失恋のときは、泣きまくって翌日学校もやすんだ。
なにもしなくても、食事はできたし、学校やすんでも単位の心配なんて皆無だった。
あれから、6年。
なんだかなあ。
なんにもかわっていないどころか、どんどんだめになっていっている。
あの頃は、未来はもっときらきらしてたよ。
高校生になったら自然と彼氏ができるんだと思っていたし、
ひとり暮らしをはじめたらしっかりした人間になれると思ってた。
今のあたしは未来に不安しかない。
フリーターになって東京でひとり暮らしでもしようか。
勘当は確実。やっていけない。あいかにも会えないなんてありえない。

なにかにとりくんでいるときは、思い出しもしないのに。
思い出さないことに不安を感じてかなしくなる。
なにもしていないと、ずっと頭にあって、かなしくなる。

何にしても苦しいし悲しいんだなあ。

あしたから学校…。憂鬱だよ。

 1 2 7 * 

2006年10月29日(日) 22時41分
今日はお買い物の帰り道で自分の気持ちに気付いたの。
しぬほどくるしくって、涙がいっぱいでた。
お風呂で大声で泣いた。
なにもする気がおきなくって、メールの返信すらしていない。
ごはんだって、すこしたべたら気持ち悪くなった。
昨日、趣味はおいしいものをたべることですっていったばっかりなのに。
洗顔も、化粧をおとすのも、掃除も、できない。
テレビを見ていても、ちっともわらえない。
何してても、不意に思い出しては苦しくなって涙が出てくる。
入浴剤のゆずの香りでさえも、思い出させるよ。

でも、たぶん、今日までだよ。
大丈夫、明日になったらきっと元に戻る。
だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ。
今度会えたときに、はずかしくないわたしになろう。
そのための努力はあしたからでいい。
今日は苦しみ悲しみ情けなく、ちょっと自分を大切にしながら眠ろう。
もう眠るよ。たっぷりの睡眠は、心の栄養だから。


ブログを再開してから、アクセス数が一気に上がった。
リンク元URLがないから、みんなお気に入りからきてるの?
誰にも、また書き始めたなんていってないのに、よく気付いたね。
こんな情けなくて、馬鹿げていて、狂っていて、汚い文章、あんまり見られたくない。
人には言いたくないけれど、誰かに知って欲しくて書いてる。
矛盾だね。
もうちょっとしたら、また馬鹿みたいにテンションのたかい日記でも再開しようか。
昔の日記を見直してたら、なんだか違う人の日記を見てる気分だったよ。



できたら、家族や友達との縁を切って、学校も辞めて、引越しもして、
誰もあたしを知らないところで、保育士を目指さない、全然別の0からのスタートを切りたい。
ただ、そんなことをする勇気があたしにはないんだ。
家族との縁なんて絶対にきれないし。
だから、あたしは悲しいけど、救えないほど愚かな自分と付き合っていくしかない。
そう考えると、しにたくなるよ。

 1 2 6 * 

2006年10月29日(日) 21時38分
当分プラネタリウムと天体観測は聞きたくない。
うたいたくなんか、ない。

思い入れのある曲になるなんて思わずに居た。

泣いたら楽になると思って、プラネタリウムを聞いた。
楽になるどころか、苦しくなる。

苦しくなるよ。

 1 2 5 * 

2006年10月29日(日) 17時55分
あああああ、どうしよう。
こんなはずじゃなかったのに。
涙がでそうになるよ。
どうしよう、あいたいよう。
会いたい会いたい会いたい。
認めなければきっとこんなに感情があふれ出さなかったはずなのに。
あああああ、すきだ。すきだよ。
すきになっちゃったのかもしれないんだ。
そばにいたいっておもうんだよ。
むりなのに。もうあえないのに。ばかみたいだ。
また並んであるきたいの。
深くどころか浅くだって知らないのに。
会った回数だって、片手でたりてしまうのに。
どうしてこんなにも。

軽蔑されるだろうか。
聞いてもらえるだろうか。
ばかにされないだろうか。
重荷にならないだろうか。

一番話をきいてほしい人。
きいてくれるかな。
ちゃんと、さけないで、面倒臭がらないで、きいてくれるかな。

勘違いなのかもしれない。
久しぶりに関わったからかもしれない。
それでも、なんか、特別におもってしまう。
もっと知りたいっておもった。
もっといっしょにいたいっておもった。
だめなのに、そんなことおもったら。

ああああああ、あああああ。
いつかまたあえるだろうか。





今日はあいかの誕生日。
しあわせなしあわせな2nd Anniversar.
おめでとうおめでとうおめでとう。
それからありがとうありがとうありがとう。



そしてわたしの失恋記念日。
プチなのか、ビッグなのか。
失恋なのか、勘違いなのか。
ああああ、くるしいなあ。

 1 2 4 * 

2006年10月28日(土) 19時38分
こんなに満ち足りた気分はひさしぶり。
満足感、充実感、達成感。
すべてを一気にあじわえている。
一時はどうなることかと、とはよくいうが、
わたしもまさに、おもった。
最初のほうは、クラスごとばらばらで。
ほんとう、ここ2、3日で変わったようにおもう。
踊って、笑って、がんばって、がんばった。
ありがとう。
うちのゼミ、さいこうだね(^^*)

それから、ダンボール。
半分、班長放棄。どうにでもなれっておもった。
けど、なんかちゃんと完成させておいてくれていて、
それから運んでおいてくれて、
子どもたちがうれしそうにあそんでるの。
「これが一番のお気に入りなんです」
っていってもらったこと、わすれない。
わたしが一生懸命つくったぼろぼろなカーナビ。
子どもたちが、「次はキツネさんのところー」って
遊んでくれている様子を、見られてよかった。
なんで、見てなきゃいけないの?って、ちょっと思ってたけれど、
やっぱり、実際見てみなきゃわかんないことっていっぱいある。

ゼミの仲間、クラスメイト、子どもたち、先生方、保護者の方、一年生、
みんなみんなにありがとうっていいたい。
またがんばれるかな、って、おもうよ。
行き詰ることがあるのは当然だもんね。
嫌われないように、ご機嫌伺いはもうやめた。
あたしはあたしなんだから。
これを受け入れてもらえないんだったら、しょうがないよ。
今日は嫌われても、明日には好かれるかもしれない。
今日は笑ってもらえなくても、明日には笑い合えるかもしれない。
自分がされて嫌なことはしない。
明るく笑っていこう。
がんばれるよ。


ママのバースデー。
わたしにとって、最高の日。
10月28日。とってもすてきな日。

 1 2 3 * 

2006年10月26日(木) 21時47分
苦しいという感情を文章にあらわして
こころのおそうじをする。
だけど、やっぱり上手にあらえないね。
からまわってる。
そして、からまる。

わたしにひとり暮らしは向いていないのだと
最近、あらためて感じた。
たとえば朝。
きちんとした時間に目覚めて、朝食とお弁当をつくり
部屋の簡単な片づけをして家を出る。
たとえば夜。
バイトや学校でつかれてきて、夕食をつくる。
シャワーを浴び、テレビを見、本を読み、きちんとした時間に眠る。
誰が褒めてくれるのだというのだろう。
褒められるためにやっているの?
当然です。
わたしは褒められるためにいきてる。
学校いって、そんなひとり暮らしの家の様子に誰が興味あるというの?
みんなにはみんなの人生があって、
わたしはその中の隅にほんの小さなスペースを借りているだけ。
そこにいて、やあこんにちは、って、時間を共有する。
ただ、それだけのわたしの生活に、関心など向ける必要は無い。
第一、話上手でもないしね。
実家暮らしの人は、朝きちんとした時間に起きたら、
「おはよう、あら、今日は早いのね」
朝食やお弁当を作ったら
「あれ?お前が作ったの?珍しいことがあるもんだ」
もしくは
「おお、いつも頑張ってるな」
家を出るときには
「はーい、いってらっしゃい。気をつけてね。」
夜家に帰れば
「おかえり、おつかれー」
「なんだ、今日は遅いじゃないか」
「ごはんはー?今日は麻婆豆腐だったのよ」














なんでこんなにくるしいんだ。
なんでこんなにつらいんだ。
なんでこんなにさびしいんだ。
なんでこんなにかなしいんだ。
なんでこんなにせつないんだ。
なんでこんなにこどくなんだ。














あたしどっかおかしいよ、やっぱり。
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
壊れるのなら全壊して。
直るのならすぐに直って。
宙ぶらりんの自分の精神に体が限界ですってゆってる気がする。
どこでまちがったの
なにがまちがったの
あたしがなにをしたの
そんなに嫌われるようなことしたかなあ
無自覚なのが問題なの
もう本当に無理なの!
って、言われてる気がしてこわくてこわくてこわくてこわくてこわくて
あたしを見るあの目がこわい

 1 2 2 * 

2006年10月26日(木) 21時29分
私は子どもを欲している。
ずっと、子どもが好きだからだと思っていた。
けれど、気付いたんだ。
違うんだ。
好きだからじゃない。
勿論、嫌いではないけれど。
当然、大好きなのだけれど。
違うんだ。

代わりの居ない誰かになりたい。

自分の中の其の気持ちに気付いた。
怖くて、恐くて、自分の中の感情が悲しかった。
泣きそうになった。

アルバイトは、私である必要が先ず無い。
幾らでも働き手は居る。
私である必要が無い。
私は要らない。

友達は、私じゃなくても良いのだ。
私が居なくなったとしても、いくらでも代わりはいるじゃない。
そんな目立つ存在でもなくて。
そんな頼れる存在でもなくて。
明らかに私は重荷になるタイプである。
一緒に居て疲れるタイプである。
うざい。きもい。邪魔。目障り。煩い。
嗚呼、あと、何を云えば良い?
分かってる。
そんなの分かっている。
私は私と19年間も一緒なのだから。
嫌な所を貴方達の何倍も何十倍も何百倍も何千倍も知っている。
苦しんでる。悲しんでる。怒っている。嘆いている。
多分、其れは私だけではないのだろうけれど。
だから、いいのだ。
だって沢山居るから。
私は要らない。

家族だって、そうだ。
勿論、友達より結束や私の必要性が強いのは分かっている。
両親共に私が居なくなったら世の絶望みたいな、
そんな感情を抱くのだろう。
弟だって、妹だって、なんだかんだ言って仲が良いから。
ただ、私は一人っ子じゃない。
私が居なくなったら弟や妹が居る。
あれで案外ふたりともしっかりしているから、
きっと両親を支えてくれるだろうし、
いずれ孫を両親に授けてくれる。
大丈夫、私で無くとも。

じゃあ私はどこに必要とされるのだろう?
誰が 貴方じゃないと駄目 だと言ってくれるだろう?
大して特技も無く、性格も良く無く、見た目も論外。
逃げられるだけ逃げて、言い訳ばかりを探して、
構って欲しくて、愛されたくて、大切にされたくて、
大声で虚勢を張って此処に居るよと主張して、
意地悪をして、悪口を言って、閉じ篭った。

子どもが欲しい。
必要とされたい。

けれど、こんな母親じゃ子どもが幸せになれない。



私も幸せになれない。

 1 2 1 * 

2006年10月26日(木) 21時23分
独り善がり、とでも云えば良いのか。
兎に角、巧くいかない。
人間関係を上手に確立させるのが、
私は昔から下手である。
最初の内は上手くいっているのだ。
唯、最初の内だけで、大抵は失敗する。
最近は、またかと思う様に為った。
長く付き合えば分かる事。
だけど、長く続く人は少ない。
だから如何に短い付き合いの中で
自分を知って貰うか、
相手を知る事が出来るかが要である。
嗚呼、本当に、巧くいかない。

私はあの子の気持ちが分からない。
あの子は私の気持ちが分からない。

巧くいかない。

 1 2 0 * 

2006年10月16日(月) 1時01分
久しぶりに 書こう カナ。
だッて、ネット開通したから、記念に。

ダレか見てるとイイなァてキモチと
ダレも見ていないとイイなァってキモチと
ハーフアンドハーフ。

でも日記なんだから、ダレかのために書くって 馬鹿げてる。
だから、つらつら、おもったこと、かきかき、でいい。

あたまがくるってるのではないか、と おもう。
精神的に欠陥があンのか、
頭の中のネジだか、ピースだかが、たりていないのでハ、とおもう。
片付けられないことだとか、
ほかにもいろいろあるんだけれど、
タマにじぶんが怖イ。
くるってるなら、おいしゃさんに、はやくみてほしイ。
正直、ベツになおらなくってもイイから。
ただ、故障しているのか、正常なのかが、しりたイ。

中学生の頃カナ。
高校生になってからだったかナ。
かんがえる ということが じょうずにできなくなッタ。
いちばんさいしょにきづいたのは、数学のとき。
モヤがかかっている、という、表現は御幣がアル。
タダ、かんがえられない のダ。
ずっと、できていたのに、できなくなッタ。
理性 < 欲求
エロい意味では、ナイ。
生活するうえで、欲求が、おさえきれない。
自分を制御することができなイ。
ビョーキ?

波がある。
じょうずにかんがえられるときと
ちっともかんがえられないときと
どうしたらイイんダ?
精神科にいけば、なおるのか?
上手に生活できるためのクスリでももらうのか?
あああああああ。
くるッてるっていう、証明がほしイ。
そしたら、もっと、生きやすいのに。
甘エなのか、狂ッテルのか。
カウンセラー、に、会えばイイノカ?
わあわあわあわあわあ。
ばくはつする。






横浜きてから、ヒドくなった 気が  する。

 1 1 9 * 

2006年05月08日(月) 23時19分
おひょひょ、金がねぇぜ。
いやほんと、まじでね。ヤバイヨ!
バイトバイトバイト、キャバはだめらしいんだ。パパこあい!
っていうか、店から断られそうだよねぎゃひ!
まぁなんとかなるよね。
2月15日生まれはお金には困らないんだって!
(って感じのもっともっと控えめなことが本にあった)
気楽に遊ぶじぇ!ぎゃは。

あたち本当性格悪いよー。
うざいなぁって本気思うよ。うひゃひゃ。
本当にネ、苦手なのヨあのこ!
泣いてちまえ!て思うのヨ。
もちろん言わないけども。えへ。

学校はやっぱよいとおもうよ。
いろいろあったりちたけども。
いまだに名残はあるけども。
それはまぁなるようになるら。
そういうね、ゆるーい感じでゆくよ。
あたち常にゆるゆるだけども。
脳みそ溶けて口から出てきそう!ぎゃは!
ねぇねぇそしたら痩せるかな!うひょ!

わたし、人生の動く歩道に乗ってたい。
自分で決めずに、ただ進んでいきたい。
どこに辿り着くんだろうね。



恋に焦がれたい。



彼氏欲しい。



でも今は彼氏よりにゃんこが欲しい。



  Λ Λ
(*・ω・*)ニャー
P R
p r o f i l e
a k e m i ( 1 9 )
birthday : 1987.2.15.
blood : AB
長野出身。横浜在住。
カラオケと甘いもの、いちごオレ、
いちごと可愛いものが好きな
短大保育科2年生。
案外毒舌案外冷静案外客観的。
usagonjp☆yahoo.co.jp
☆ → @
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c o m m e n t
アイコン画像あけみ
»  0 4 1 * (2005年06月29日)
アイコン画像カコ
»  0 4 1 * (2005年06月28日)
アイコン画像あけみ
»  0 3 7 * (2005年06月27日)
アイコン画像カコ
»  0 3 7 * (2005年06月24日)
アイコン画像あけみ
»  0 0 7 * (2005年05月26日)
アイコン画像カコ
»  0 0 7 * (2005年05月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pocan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる